卵が割れない持ち運び方法とは?緩衝材は? | ごろん小路。

卵が割れない持ち運び方法とは?緩衝材は?

「卵」は様々な料理に使える便利な食材ですが、割れないように持ち運ぶ方法に悩むことがあります。

せっかく買った卵が割れてしまうと本当に悲しいですよね。

卵が割れない持ち運び方を知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 卵が割れない持ち運び方法とは?
  • 卵が割れない緩衝材とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

卵が割れない持ち運び方法とは?

卵が割れないように持ち運ぶためには、まず卵の特徴を知っておく必要があります。

つまり、「卵は上下からの衝撃には強い」ということです。

卵を観察するとわかりますが卵の形は楕円形となっており、「とがってる部分」と反対側となる「少し丸みがある部分」が存在します。

そして、卵のとがった部分は外部からの衝撃に強いという特徴があります。

卵を割ろうとする際には、卵の上下ではなく側面に衝撃を加えるのはこのためですね。

そのため、卵を割れない持ち運びたい場合は、卵の入ったパックはとがった方を下側にして置くと割れにくくなります。


また、卵のパックだけを持ち運ぶのであれば、上記のことを知っておけば大丈夫ですが、多くの場合ほかの食料品と一緒の袋にいれることになるかと思います。

そうなると、今度は卵のパックをどこに入れるかが問題となります。

結論から言えば、卵のパックは袋の一番下か真ん中あたりに入れることが良いでしょう。

例えば、袋の一番下には牛乳パックなどの平らになるものを入れて、その上に卵のパックを入れます。

さらにその上には、残った肉・魚類のパックや葉物の野菜などを入れるという形になるかと思います。

スポンサーリンク

これは、卵のパックを一番上に置いてしまうと、袋の中で卵のパックが滑って卵に衝撃が加わる恐れがあるからです。

卵は側面からの衝撃に弱いため、袋の中で卵のパックが横移動をすることがあると割れてしまうわけですね。

卵が割れない緩衝材とは?

卵をスーパーなどで購入して持ち帰る際に、卵が割れないようにするための緩衝材があれば便利です。

卵のパックごと入れて、卵が割れたり潰れたりを防ぐ専用ガードケースが市販されているので、こういったケースを利用すると効果的に卵を守ることができます。

注意点としては、「卵のパックごとケースに入れることができる」ということです。

商品によっては、卵を1個ずつ直接ケースに入れるタイプのものもあるのですが、こちらはスーパーなどで購入した卵を持ち運ぶことには向いていません。

混雑するレジ横でパックを開けて、そこからさらに卵ケースに卵を移し替えるのはリスクが非常に高いですからね。

そのため、卵のパックごとケースに入れることができるタイプの専用ガードケースが重宝されるわけです。

スケーター(Skater) たまごまもるくん 卵ケース 玉子キャリーケース 玉子ケース 日本製 EGCP1-A

まとめ

卵が割れないように持ち運ぶためには、まず卵の特徴を知っておく必要があります。

つまり、「卵は上下からの衝撃には強い」ということです。

卵を観察するとわかりますが卵の形は楕円形となっており、「とがってる部分」と反対側となる「少し丸みがある部分」が存在します。

そして、卵のとがった部分は外部からの衝撃に強いという特徴があります。

卵を割ろうとする際には、卵の上下ではなく側面に衝撃を加えるのはこのためですね。

そのため、卵を割れない持ち運びたい場合は、卵の入ったパックはとがった方を下側にして置くと割れにくくなります。

また、卵をスーパーなどで購入して持ち帰る際に、卵が割れないようにするための緩衝材があれば便利です。

卵のパックごと入れて、卵が割れたり潰れたりを防ぐ専用ガードケースが市販されているので、こういったケースを利用すると効果的に卵を守ることができます。

スポンサーリンク