赤穂義士祭2018のパレードの日程はこれ!駐車場などもくわしく紹介

赤穂義士祭(あこうぎしさい)は、毎年12月になると兵庫県赤穂市で開催される大規模なお祭りです。

忠臣蔵で知られる赤穂事件で知っている方も多いのではないでしょうか?

そんな赤穂義士祭ですが、お祭りで行われるパレードの日程などが気になりますよね。

せっかくのお祭りなのですから、しっかりとスケジュールを組んで楽しみたいところです。

そこで今回の記事では、赤穂義士祭2018のパレードの日程についてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

赤穂義士祭2018のパレードの日程はこれ!

赤穂義士祭は、吉良邸に討ち入りをした12月14日に毎年行われる供養行事です。

2018年も同様に、12月14日に開催される予定ですね。

そんな赤穂義士祭の目玉の1つが「忠臣蔵パレード」です。

討ち入り装束姿で四十七士に扮した義士行列など、赤穂事件の様子を再現するものの他、江戸時代に行われていた参勤交代を再現した大名行列、美しいお姫様装束で着飾った義士娘人力道中などを見ることが出来ます。


また、忠臣蔵パレードのスケジュールは、例年通りであれば14日に赤穂城跡大手門からスタートします。
具体的には、

出発する時間出発する場所出発する行列
11:37赤穂城跡大手門大名行列
12:35赤穂城跡大手門義士娘人力道中
13:10赤穂城跡大手門義士行列

上記以外にも、大手門前から出発する東映剣会による「殺陣」、忠臣蔵名場面の山車など様々なパレードを楽しむことが出来ます。

ちなみに、忠臣蔵パレードの周辺では露店やグルメブースをはじめ、多様なお店やサービスを楽しむことが出来ます。

12月に行われることもあり、忠臣蔵名物の討ち入り蕎麦や豚汁、雑炊など温かい食べ物が美味しいですね。

パレードが目玉ではありますが、面白いお店や商品などの予期せぬ出会いがあるかもしれません。

赤穂市ホームページ内:観光案内

スポンサーリンク

赤穂義士祭2018パレードの駐車場について

赤穂義士祭は毎年多くの人が訪れ祭りを楽しみます。

その人数は約9万人にもなるため、赤穂義士祭を楽しむためにスムーズなアクセスが出来るよう、あらかじめ確認しておきたいですよね。

注意点としては、赤穂義士祭の当日は会場周辺で交通規制などが実施されます。

そのため、自動車での移動を考えているのであれば、時間に余裕をもたせてスケジュールを組むと良いでしょう。

【電車】 :JR山陽線・播州赤穂駅下車 南へ徒歩約15~20分
【自動車】:山陽自動車道赤穂IC→県道96号線経由国道250号線へ


駐車場 :千種川河川敷(臨時駐車場)
場所  :赤穂駅近くの千種川河川敷
台数など:約2,200台
駐車場 :タイムズ播州赤穂
場所  :兵庫県赤穂市加里屋75
台数など:台数14台・入出庫可能時間 24時間営業・車両制限:全長5m 全幅1.9m 全高2.1m 重量2.5t
駐車場 :タイムズ播州赤穂第2
場所  :兵庫県赤穂市元町1
台数など:台数7台・入出庫可能時間 24時間営業・車両制限:全長5m 全幅1.9m 全高2.1m 重量2.5t
駐車場 :赤穂駅南駐車場
場所  :兵庫県赤穂市加里屋290
台数など:台数191台・入出庫可能時間 06:00~24:00・車両制限:全長- 全幅- 全高- 重量-
駐車場 :赤穂駅北駐車場
場所  :兵庫県赤穂市山手町2
台数など:台数42台・入出庫可能時間 06:00~24:00・車両制限:全長- 全幅- 全高- 重量-

まとめ

赤穂義士祭パレードを楽しむ予定であれば、しっかりとスケジュール確認をしておきたいですね。

自動車で現地へ行くのであれば、駐車場も忘れずにチェックしておきたいところです。

そのためにこの記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク