広島フラワーフェスティバルの混雑状況はこれ!交通規制についても紹介

ゴールデンウイークになると「広島フラワーフェスティバル」が開催されます。

広島フラワーフェスティバルの3日間では、毎年160万人を超える来場者で現地は凄まじい盛り上がりを見せています。

そんな広島フラワーフェスティバルですが、参加する際には多くの来場者による混雑や交通規制が気になるところです。

現地での混乱やトラブルを避けるためにも、あらかじめチェックしておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 広島フラワーフェスティバルの混雑状況はこれ!
  • 広島フラワーフェスティバルの交通規制について

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

広島フラワーフェスティバルの基本情報

まずは広島フラワーフェスティバルの基本的な情報を確認しておきましょう。

混雑を回避するためにも、これらの情報の有無は重要ですからね。

1・開催日 :2019年5月3日 ~ 2019年5月5日
2・開催時間 :11:00 ~ 18:30
3・会場 :平和記念公園・平和大通りなど
4・住所 :広島県 広島市中区中島町1丁目1(平和記念公園)
5・電話番号 :082-294-4622(ひろしまフラワーフェスティバル実行委員会企画実施本部)
6・イベント内容:花の総合パレード・ステージ・観光物産展など
7・ホームページ:https://www.hiroshima-ff.com/

以上になります。

また、一部のイベントは雨天の場合には参加者が出演を辞退する可能性があります。

広島フラワーフェスティバルそのものは雨天決行なのですが、個々のイベントでは違う可能性がありますので、ご注意下さい。

広島フラワーフェスティバルの混雑状況はこれ!

広島フラワーフェスティバル期間中の混雑ぶりは相当なものになります。

後述しますが、当日には交通規制なども行われるため、自動車での移動は非常に困難になるでしょう。

それ以外にも、マツダスタジアムでプロ野球の試合がある場合は、さらに混雑が酷くなることが予想されます。

スポンサーリンク

また、広島フラワーフェスティバルのための専用駐車場が存在しないことも、自動車での移動が困難である理由の1つです。

そのため、広島フラワーフェスティバルの会場から離れた場所にある西広島駅周辺、横川駅周辺、広島駅周辺で駐車し、広島電鉄の路面電車で会場近くまで移動するのがおすすめです。

帰る際も路面電車に乗ってそのまま駐車場まで行くだけですので、混雑を避けることが出来ます。


次に、徒歩で移動する際の混雑に関する情報になります。

基本的にはパレードなどの目玉イベントに人が集中することになるので、徒歩で移動する際は早めに移動を開始すると、ある程度混雑を避けることが出来ます。

また、路面電車の1日乗車券などと組み合わせれば、徒歩での移動がかなり楽になるでしょう。

そのため、徒歩で移動する場合は線路沿いに歩くと、時間のロスが少なくなります。

広島フラワーフェスティバルの交通規制について

広島フラワーフェスティバルが開催されている間の交通規制の範囲は以下のようになります。

交通規制に関しては例年ほぼ変わりないので、時間と日付に注意しておけば大丈夫でしょう。

1・西平和大橋西詰め ~ 田中町交差点
3~5日間 10:45~19:00
平和大通り周辺の道路は全て規制対象
2・田中町交差点 ~ 鶴見橋東
3日 7:00~14:30
5日 8:00~15:00
交通規制が開始される時間帯が微妙に違うので注意しましょう。
パレードのスタート地点として山車などが待機するスペースとして利用されます。
3・西平和大橋西詰め ~ 小網町交差点
3日 10:45~17:00
5日 14:00~17:00
こちらは上記のパレードのゴール地点となります。
同様に日付によって規制の時間帯が異なる点に注意しましょう。
4・相生橋北詰め ~ 本川橋西詰め
3~5日間 10:45~19:00

まとめ

広島フラワーフェスティバルを存分に楽しむのであれば、混雑は可能な限り避けたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク