宮島花火大会をクルーズ船から鑑賞する方法はこれ!日程についても紹介

宮島では夏になると「宮島水中花火大会」が開催されています。

夜空に輝く美しい花火の数々は凄まじい迫力ですので、一度見たらその感動を忘れることはないでしょう。

そんな宮島花火大会ですが、クルーズ船に乗ってより近くから、存分に花火を眺める事が出来るツアーがあります。

海上からゆっくりと花火を鑑賞するのは、素晴らしい体験となることは間違いありません。

そこで今回の記事では、

  • 宮島花火大会の日程はこれ!
  • 宮島花火大会をクルーズ船から鑑賞する方法はこれ!

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

宮島花火大会の日程はこれ!

宮島花火大会を楽しみたいのであれば、まずは日程などの基本的な情報を把握しておきましょう。

花火大会の開催日時や、雨天時は中止になるかどうかなどの情報は知っておきたいですよね。

宮島花火大会の日程などの情報は、以下のようになります。

名前:宮島水中花火大会
開催日:2019年8月24日(土)
打ち上げ時刻:19:30~20:30
打ち上げ数:約5,000発
打ち上げ場所:嚴島神社大鳥居沖合400mの海上の打上げ台船(MAPで確認する
雨天時:小雨決行、荒天時は延期
トイレ:14ヶ所
例年の人出:宮島島内約5万人、対岸約25万人
連絡先:宮島水中花火大会実行委員会(一社)宮島観光協会内)(電話番号:0829-44-2011)
ホームページ:http://www.miyajima.or.jp/index.html

以上になります。

ちなみに、宮島側から花火を鑑賞したい場合、フェリーなどを使って宮島に渡る必要があることに注意してください。

JRや広島電鉄の電車から降りた場所は宮島口なので、そこからさらに移動する必要があるわけですね。

また、宮島花火大会の混雑についてですが、花火大会が始まる前の混雑は人が移動する時間がバラバラなのでさほどではありませんが、花火大会が終了すると人が一斉に移動を開始するため、凄まじい混雑が発生します。

そのため、混雑を避けたいのであれば、ホテルや宿の部屋から花火を鑑賞するか、宮島花火大会が終了する前に移動を開始しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

宮島花火大会をクルーズ船から鑑賞する方法はこれ!

宮島花火大会をクルーズ船(遊覧船)から鑑賞するためには、遊覧船のチケットを購入する必要があります。

遊覧船のチケットを購入する方法としては、

1・各旅行会社のホームページから予約する
2・各旅行会社に電話連絡をして予約する
3・各旅行会社を直接訪問して予約する

以上のような3つの方法が存在します。

ただ、各旅行会社によっては予約の方法や時期が異なることが珍しくありません。

そのため、まずは各旅行会社のホームページに記載されている内容をよく確認すると良いでしょう。

また、宮島花火大会は全国的にも知名度が高い花火大会であるため、予約の枠が早期に埋まってしまうことが懸念されます。

ちなみに、「何処の会社に連絡すれば良いのかわからない」という方のために、以下の会社をご紹介させていただきます。

各会社のホームページから詳細を確認・連絡してみてはいかがでしょうか?

名前:広島ベイクルーズ銀河
電話番号:082-255-3344
ホームページ:http://ginga-cruise.com/
名前:瀬戸内海汽船トラベルサービス
電話番号:082-253-5501
ホームページ:http://setonaikaikisen.co.jp/travel/
名前:宮島松大汽船
電話番号:0829-44-2171
ホームページ:http://miyajima-matsudai.co.jp/index.html

宮島花火大会に関するその他の情報

宮島花火大会に関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

宮島花火大会の穴場スポットはここ!日程についてもくわしく紹介

宮島花火大会に電車で行く方法はこれ!JRと広島電鉄の両方を紹介

宮島花火大会の混雑状況はこれ!駐車場についてもくわしく紹介

宮島花火大会の観覧席の情報はこれ!クルーズ船についても紹介

宮島花火大会でホテルから花火が見えるのはここ!日程なども紹介

まとめ

美しい花火を鑑賞できる宮島花火大会は本当に素晴らしいですよね。

そんな花火大会をゆっくりと楽しむために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク