ドライブレコーダーに録画されない時の対処方法はこれ!原因についても紹介

ドライブレコーダーは事故や煽り運転などの交通トラブルの際に役立つ道具です。

いざという時のために、自動車に設置している方は多いのではないでしょうか?

しかし、ドライブレコーダーがちゃんと録画されないという事態が起こることがあります。

「何かあっても証拠映像あるから安心!」と思って録画を確認したら、肝心の映像がないということは避けたいものです。

そこで今回の記事では、ドライブレコーダーに録画されない時の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ドライブレコーダーに録画されない時の対処方法はこれ!

ドライブレコーダーに録画されていない場合、その原因の多くはSDメモリーカード(以下SDカード)にあります。

SDカードとは、写真やスマホでも使われている情報記録媒体のことで、写真をよく取る方は馴染みが深いものかと思います。

SDカードはドライブレコーダーにも使用されており、録画が上手くいかない時はまずこれを疑ってみると良いでしょう。


1・SDカードを定期的にメンテナンスする
ドライブレコーダーのSDカードは、走行中の映像を「削除→上書き」といった繰り返しを行うため、徐々ににゴミ(データ)が溜まってしまいます。

このゴミが大量に溜まった状態だと、ドライブレコーダーが正常に録画できないことがあるわけです。

そのため、SDカードを定期的にフォーマット(初期化)してメンテナンスしてあげるようにしましょう。

また、SDカードの種類にもよりますが、フォーマットを行う期間は「月に1~2回」程度がおすすめです。

走行距離や使用環境によっては若干異なりますが、フォーマットそのものは絶対に行うようにすべきです。


2・SDカードの寿命を確認する
ドライブレコーダーのSDカードは消耗品なので、当然寿命・耐用年数などが存在します。

もしも、SDカードの寿命が尽きている場合、ドライブレコーダーが正常に録画できなくなる可能性が高いです。

そのため、現在使用しているドライブレコーダーのSDカードの寿命がどの程度なのかを把握しておく必要があります。

メーカーなどにもよりますが、ドライブレコーダーやSDカードの取扱説明書に寿命・耐用年数に関する項目が記載されていることがあるので、まずは取扱説明書をしっかりと確認してみましょう。

あるいは、ドライブレコーダーやSDカードのメーカーなどのホームページがあれば、こういった情報をインターネット上に公開している可能性があります。


3・ドライブレコーダーが要求する規格とSDカードが合わない
SDカードにはそれぞれ規格があり、その規格で映像の読み書きのスピードが異なってきます。

スポンサーリンク

この規格がドライブレコーダーが要求するものと噛み合わないと、正常に録画できなくなる可能性があります。

そのため、ドライブレコーダーにどのような規格のSDカードが適しているかを確認するようにしましょう。

また、現在主流となっているのが「FULL・HD」に対応しているドライブレコーダーです。

「FULL・HD」のドライブレコーダーは、相手の車種のナンバーなどをはっきりと録画できるほどに優秀です。

そのため、事故などの有事の際には映像が鮮明である方が都合が良いので、お店の方に「映像は綺麗な方が確実な証拠になります」と薦められた方は多いのではないでしょうか?

そして、「FULL・HD」に対応しているドライブレコーダーなら、その規格に合うSDカードを選ぶようにしましょう。


4・高耐久なSDカードを使用する
お住まいに地域や環境にもよりますが、ドライブレコーダーは高温や低温によく晒されます。

車内温度は氷点下はもちろん、真夏には70℃以上になることも最近では珍しくありませんしね。

また、走行中の振動などを常に受け続けるため、SDカードそのものの耐久性が高いことが望ましいです。


5・フォーマットが必要ないドライブレコーダーを使用する
ドライブレコーダーの種類によっては、SDカードのフォーマットが必要ない商品もあります。

定期的なSDカードのフォーマットをやりたくない・出来ないという方は、こういったドライブレコーダーを選ぶと良いでしょう。

ただ、こういったドライブレコーダーのSDカードは特殊なものであることがあり、専用のSDカード以外では機能を発揮しないという可能性もあります。

そのため、購入前に商品の詳細をしっかり確認するようにしましょう。

セルスター 前後2カメラドライブレコーダー CSD-790FHG 日本製 3年保証 ナイトビジョン搭載 GPSお知らせ機能 駐車監視 microSDメンテナンス不要

まとめ

ドライブレコーダーは万が一の時のための保険として重要な存在です。

常に正常に録画できる状態を維持したいところですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク