お盆の帰省で車と電車を使う場合の比較をくわしく紹介

お盆と言えば帰省だと答える人は多いのではないでしょうか?

お盆休みというまとまった連休で、普段は仕事などで実家から離れている方の多くが帰省することになるでしょう。

しかしこのお盆の帰省ですが、交通手段をどういったものにするかで悩む方が多いかと思います。

「自動車にするべきか、電車を利用すべきか……」といった具合ですね。

この時、交通手段を比較する材料があれば便利だと思います。

そこで今回の記事では、

  • お盆の帰省で車を使う場合の利点とは?
  • お盆の帰省で電車を使う場合の利点とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

お盆の帰省で車を使う場合の利点とは?

自分で自動車を運転できる方は、お盆の帰省の際に車を選ぶことも多いでしょう。

帰省ラッシュではよく渋滞が起きることからも、車を使う方が多いことがわかります。

そんな車ですが、お盆の帰省で車を使用するメリットは、

1・人数が多ければ費用が安くなる場合が多い
2・移動先を自分で選ぶことが出来る
3・子供が騒いでも他の人に迷惑がかからない
4・家族とコミュニケーションが取りやすい
5・一定量以上の荷物を運びやすい
6・乗り換えミスの心配がない

などの事が挙げられます。

他には、バスや電車などの公共交通機関が乏しい地域へ帰省する場合は、車での移動が必要になるでしょう。

帰省先でも自分の車を使って移動が出来るという点も重要になります。

また、赤ちゃんと一緒に帰省する場合、電車より車の方が何かと都合が良い場合が多いです。


そして、実際にお盆の帰省で車を使う場合、注意すべきことがいくつかあります。

長距離を運転し続けるために蓄積される疲労や、ストレスからの喧嘩などが起こりやすいです。

もし、車を運転できる人が複数である場合は、運転役のローテーションを決めておくと疲労やストレスを軽減できます。

また、テレビでも話題になりますが渋滞に巻き込まれた場合、疲労やストレスが悪化する可能性が高いです。

そのため、お盆の帰省で車を使う場合は、気分を落ち着かせる道具や車内でも楽しめる遊びを考えておくと良いでしょう。

軽めの食べ物や飲み物を用意しておくのも、気分転換には効果的です。

お盆の帰省で電車を使う場合の利点とは?

お盆の帰省での移動手段で、電車を利用する人はかなり多いことでしょう。

スポンサーリンク

特に、新幹線は移動距離次第で車よりも早い場合がありますしね。

何より乗ることさえ出来れば、基本的に座りっぱなしでOKなのは非常に魅力的です。

そんな電車を利用するメリットは、

1・目的地の駅まで座りっぱなしで大丈夫
2・新幹線は席を予約することで確実に座れる
3・疲れている時に仮眠が取れる
4・車内にトイレがある場合が多い
5・何かあった際に、車掌さんに助けを求められる

などの事が挙げられます。

やはり、「座れてしまえば後はそのまま目的地まで!」というのが魅力ですよね。

また、気になる費用ですが、新幹線は早期予約によりチケット代が安く出来ます。

区間やサービスのプランにもよりますが、数千円も安く出来る場合もあります。

ただ、電車を利用する時に気になるのは、「車内が非常に混雑するのではないか?」ということだと思います。

解決方法としては、乗車時間をピーク時よりずらす、あるいは日程を調整するなどで対応できます。

例えば、早朝から出発できれば混雑のピーク前に移動を開始できます。

他には、小さな子どもを連れて行く場合、他の方への迷惑が気になるところです。

お子さんが大声を出したり、走り回ったりするなど元気いっぱいであると大変だと思います。

あらかじめ、電車内ではこういった行為をしないように教えておく、おもちゃなどの気を紛らわせる物を与えておくなどすると良いでしょう。

お盆に関するその他の情報について

お盆に関するその他の情報について、以下の記事にまとめています。

お盆の帰省で電車の中で出来る暇つぶしとは?その方法をくわしく紹介

お盆の帰省で車を使う際に便利な持ち物についてくわしく紹介

お盆の帰省に必要な持ち物はこれ!赤ちゃんが一緒の場合について紹介

お盆の帰省に必要な持ち物はこれ!赤ちゃんが一緒の場合について紹介

お盆で子どもが熱を出したらどうすれば良いのか?対処方法を紹介

お盆のお墓参りで子どもの服装やマナーについてくわしく紹介

お盆のお墓参りの服装やマナーについてくわしく紹介

お盆のお墓参りの持ち物についてくわしく紹介

お盆のお墓参りはいつ行くべきなのかや時間帯と持ち物についても紹介

まとめ

お盆の帰省では移動時間・移動手段がネックになることが多いです。

自分にあった移動手段を見つけて、快適な帰省を実現しましょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする