ゴールデンウイークの沖縄へ行く時の服装はこれ!注意点なども紹介

ゴールデンウイークに沖縄へ行こうと計画を立てている方は多いことでしょう。

しかし、沖縄に行く際は服装などに注意が必要になります。

沖縄では、気温や湿度などの差異によって用意すべき服装が異なるからですね。

また、服装以外にも注意すべきことを知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • ゴールデンウイークの沖縄へ行く時の服装はこれ!
  • ゴールデンウイークの沖縄へ行く場合の注意点とは?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

ゴールデンウイークの沖縄へ行く時の服装はこれ!

ゴールデンウイークの沖縄へ行く場合は、現地での温度などを考え、服装を適切に調整する必要があります。

そのためにはまず、ゴールデンウイーク中の沖縄の温度がどの程度であるのかを知っておきたいところです。

ゴールデンウイーク中の沖縄の温度は、

4月下旬
1・最高気温……25.1℃
2・最低気温……20.1℃
3・平均気温……22.4℃
5月上旬
1・最高気温……26.3℃
2・最低気温……21.2℃
3・平均気温……23.5℃

となっています。

沖縄は、ゴールデンウイーク頃になるとすでに気温が20℃を上回っているため、外では上着などが無くても問題ないほどです。

また、湿度も高くなっており、80%を超えるような日もありますので蒸し暑さを軽減するような服装が望ましいでしょう。

そのため、沖縄では外で活動する分には半袖半ズボンでも問題ありません。

スポンサーリンク

ただ、ホテルのような施設内はエアコンがとても良く効いているので、寒さ対策に上着があると便利です。

夜間に海の近くを散策する予定などがあるのでしたら、これも同様ですね。

最後に、沖縄のような島の天候は変わりやすいことに注意しましょう。

屋根がある場所なら良いですが、移動中に雨が降ると対処することが難しいです。

ご家族で沖縄を訪れている場合、雨に濡れて身体が冷えるとお子さんの体調が心配ですよね。

ですので、折り畳み傘のような携帯性の高い傘を持っておくと、突然天候が崩れて雨が振り始めても慌てる必要がなくなります。

ゴールデンウイークの沖縄へ行く場合の注意点とは?

ゴールデンウイークの沖縄へ行く場合には、紫外線対策も万全にしておきたいところです。

というのも、沖縄の紫外線は他県と比較するとかなり強いからですね。

当日の天候が曇りでも安心せずに、効果の高い日焼け止めなどで対処を行いましょう。

もしも、沖縄の海で泳ぐ予定であれば、Tシャツやラッシュガード(マリンスポーツ用のアンダーウエア)を着るのもおすすめです。

また、近くの飲食店・コンビニ・売店に入る際は、水着のままではなく上着を羽織るように気をつけましょう。


次に、熱中症への対策についてです。

前章でもわかるように、沖縄の気温や湿度はかなり高くなります。

そのため、水分補給を定期的に行い、熱中症にならないように注意しましょう。

近くにコンビニなどがある場合は良いですが、ビーチ・トレッキング・無人の離島などへ移動する際は、事前に飲み物を用意しておくのを忘れないようにしてください。

また、コンビニなどの冷房による温度差によって体調を崩す可能性もあります。

上着などを使って適宜調整しましょう。

まとめ

沖縄に行く際は温度や湿度の違いを考慮した服装を選びたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク