宮島花火大会の混雑状況はこれ!駐車場についてもくわしく紹介

夏になると「宮島水中花火大会」が行われます。

美しい花火が夜空と水面に輝く様子は、本当に素晴らしいものですね。

しかし、人気が非常に高い花火大会であるため、混雑状況が気になるところです。

特に、自動車で現地へ移動を考えている方の場合、駐車場について知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 宮島花火大会の混雑状況はこれ!
  • 宮島花火大会の駐車場について

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

宮島花火大会の混雑状況はこれ!

宮島花火大会は人気が高く、宮島へ渡る方法がフェリーなどの船しか移動手段がないため非常に混雑します。

花火大会が始まる前に現地に行く場合は、多少なりとも時間がバラけるのでマシなのですが、花火大会が終わった後は多くの人が一斉に帰り始めるため、ごった返します。

凄まじい人数が移動するため、花火大会後はフェリーも電車も臨時便が用意されていますが、それを差し引いても酷い混雑が発生します。

そのため、宮島側から花火を鑑賞するのであれば早めにフェリーで移動し、花火大会が終わる直前あたりから帰りの移動を開始すると良いでしょう。

ちなみに、花火大会の開催時刻などの日程は以下のようになります。

名前:宮島水中花火大会
開催日:2019年8月24日(土)
打ち上げ時刻:19:30~20:30
打ち上げ数:約5,000発
打ち上げ場所:嚴島神社大鳥居沖合400mの海上の打上げ台船(MAPで確認する
雨天時:小雨決行、荒天時は延期
トイレ:14ヶ所
例年の人出:宮島島内約5万人、対岸約25万人
連絡先:宮島水中花火大会実行委員会(一社)宮島観光協会内)(電話番号:0829-44-2011)
ホームページ:http://www.miyajima.or.jp/index.html

以上になります。

宮島花火大会は20:30に終了するので、混雑を回避するための目安として、遅くとも10分前に移動を開始するとをおすすめします。

スポンサーリンク

また、宮島花火大会へ自動車での移動を検討している場合には、当日の渋滞に注意が必要になります。

というのも、広島方面からの下り線で数kmもの渋滞が発生する可能性があるからですね。

早めに家から出発して宮島口までたどりついたとしても、既に近くの駐車場がすべて埋まっているという事態は珍しくありません。

そのため、自動車での移動をする予定であれば、自動車を何処の駐車場に停めるかが重要になります。

宮島花火大会の駐車場について

宮島花火大会に自動車で行く予定であれば、駐車場を何処にするのかを考える必要があります。

フェリーが出入りする宮島口近辺にも駐車場はありますが、相当な人数が花火大会を目当てに集まってくるため、これらの駐車場はすぐに満車になってしまいます。

最悪の場合、駐車場を探してさまようことになりかねないので、宮島口近辺で駐車場を探すことはやめておいた方が無難でしょう。

そこで便利なのがJRなどの公共交通機関です。

例えば、JR西広島駅周辺の駐車場に自動車を停めて、そこから電車で現地まで移動するといった方法です。

これなら駐車場が満車になっている可能性は低いため、ストレスなくスムーズに移動ができるでしょう。

また、宮島へ渡るのであれば、宮島口以外の場所からにもフェリーや高速船の航路があります。

「広島港(フェリー)」・「マリーナホップ(高速船)」・「平和記念公園(高速船)」の3つですね。

ただ、この3つの内、「マリーナホップ(高速船)」・「平和記念公園(高速船)」の2つは、宮島発の便が18時以降ないことに注意してください。

宮島から帰る時に利用できないので、広島電鉄やJR、「広島港(フェリー)」を利用するようにしましょう。

宮島花火大会に関するその他の情報

宮島花火大会に関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

宮島花火大会をクルーズ船から鑑賞する方法はこれ!日程についても紹介

宮島花火大会の穴場スポットはここ!日程についてもくわしく紹介

宮島花火大会に電車で行く方法はこれ!JRと広島電鉄の両方を紹介

宮島花火大会の観覧席の情報はこれ!クルーズ船についても紹介

宮島花火大会でホテルから花火が見えるのはここ!日程なども紹介

まとめ

宮島花火大会をストレスなく楽しむためにも、混雑の状況や駐車場についてしっかりと把握しておきたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク