宮島花火大会の穴場スポットはここ!日程についてもくわしく紹介

夏になると「宮島花火大会」が開催されます。

迫力満点の花火が次々と打ち上がり、夜空を輝かせる光景は多くの人々を魅了してやみません。

そんな宮島花火大会ですが、花火を鑑賞する穴場スポットや日程が気になりますよね。

美しい花火を絶好のポイントから鑑賞すれば、得難い体験として記憶に残すことが出来ます。

そこで今回の記事では、

  • 宮島花火大会の日程はこれ!
  • 宮島花火大会の穴場スポットはここ!

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

宮島花火大会の日程はこれ!

宮島花火大会を楽しむ上で、開催日時などの日程に関する情報を抑えておくことは必須になります。

「現地にたどり着いても、すでに花火大会が始まっていた」といった事態は避けたいですからね。

宮島花火大会の日程は、以下のようになります。

名前:宮島水中花火大会
開催日:2019年8月24日(土)
打ち上げ時刻:19:30~20:30
打ち上げ数:約5,000発
打ち上げ場所:嚴島神社大鳥居沖合400mの海上の打上げ台船(MAPで確認する
雨天時:小雨決行、荒天時は延期
トイレ:14ヶ所
例年の人出:宮島島内約5万人、対岸約25万人
連絡先:宮島水中花火大会実行委員会(一社)宮島観光協会内)(電話番号:0829-44-2011)
ホームページ:http://www.miyajima.or.jp/index.html

以上になります。

ちなみに、JR山陽本線や広島電鉄の電車を移動のために利用する場合、宮島花火大会が終了した後は凄まじい混雑が発生することに注意してください。

宮島花火大会開始前はバラバラの時間帯に人が集まってくるのでさほどではありませんが、終了後は一斉に人が動き始めるので人混みでごった返します。

当日、JR山陽本線や広島電鉄はそれに合わせて臨時便が用意されていますが、それでも人が多くなります。

そのため、人混みを避けたい方は、宮島花火大会が終了する前に移動を開始しておくと、電車の混雑を回避できるようになります。

宮島花火大会の穴場スポットはここ!

1・宮島水族館の裏手周辺
宮島花火大会当日になると、厳島神社やフェリー乗り場周辺は人でごった返します。

しかし、宮島水族館は宮島港から1kmほど離れた海岸線にあるので、厳島神社周辺やフェリー乗り場近くのように人混みで溢れかえるという可能性も低いです。

また、水族館周辺には大元公園や広場があるので、子ども連れの方にもおすすめです。

ちなみに、アナウンスなどで「宮島水族館裏が空いている」ことを伝えることもあるそうです。


2・多宝塔近辺
宮島水族館の裏手周辺と同じように、多宝塔近辺も人混みから離れた場所にあります。

少々わかりにくい場所にありますが、少し斜面を登ると大鳥居を見下ろせるようになるので、花火を鑑賞するのに絶好のポイントになります。

また、この多宝塔に限らず、宮島島内にはちょっとした広場がいくつかあるため、そういった場所から美しい花火を鑑賞するのもおすすめですね。

スポンサーリンク

ちなみに、多宝塔よりさらに奥にある旅館聚景荘の横には広場もあるため、当日の混雑具合によってはこちらも考慮すると良いでしょう。


3・光明院前
桜が開花する時期に、お花見で盛り上がりを見せる光明院前も穴場スポットになります。

光明院前からは海をよく見ることが出来るため、水面に映る花火も楽しむことが出来るでしょう。

ただ、上記にある多宝塔と同様少しわかりにくい場所にあるため、早めに移動を開始しておくと万が一のときにも安心できます。


4・宮島競艇場
宮島口側にある宮島競艇場は駐車場や施設を無料開放しています。

JR宮島口駅や広島電鉄駅、フェリー乗り場から近い場所にあるので、時間帯によっては混雑が発生する可能性がありますが、冷房の効いた施設内から椅子に座ってゆっくりと花火を鑑賞することが出来ます。

また、花火を鑑賞する場所が施設の中なので、トイレなどがすぐ近くにあるのも良い点ですね。

ただ、例年通りであれば、無料開放は17時以降からになることに注意しておきましょう。


5・レストラン「マリオディマーレ」
フジグランナタリー近くにあるレストラン「マリオディマーレ」は、海側にあるため店内から花火を鑑賞することが出来ます。

宮島花火大会当日は、花火観賞プランなどのスペシャルディナーを提供することがあるそうですし、おすすめの穴場と言えるでしょう。

美味しいイタリアンを楽しみながら、夜空に輝く花火を鑑賞するのは素晴らしい思い出になることは間違いありません。

また、駐車場がフジグランナタリーのものを利用できるため、自動車に乗ってくる場合でもスムーズに移動ができるのもポイントですね。


6・阿品3丁目の防波堤沿い
上記にあるレストラン「マリオディマーレ」から宮島口側へ移動していくと、阿品3丁目の住宅街が見えてきます。

そのまま海側へ歩いていくと、防波堤がある場所から宮島を見ることが出来ます。

この場所であれば、比較的遅くに来ても場所が取れる可能性があります。

ただし、阿品3丁目の防波堤沿いの上は立ち入り禁止区域ですので、ここだけは注意しておきましょう。


7・阿品土屋病院裏側の住宅地(阿品4丁目)
阿品土屋病院から山側にある住宅地からは、夜空に打ち上がる花火をゆっくりと鑑賞できます。

場所が少々わかりにくいですが、ふじタウン第1公園から海側へ歩いていくと、緩やかなカーブを描く歩道と道路に出ることが出来ます。

ここからなら背の高い建物などもないので、宮島花火大会するにはもってこいの場所でしょう。

宮島花火大会に関するその他の情報

宮島花火大会に関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

宮島花火大会をクルーズ船から鑑賞する方法はこれ!日程についても紹介

宮島花火大会に電車で行く方法はこれ!JRと広島電鉄の両方を紹介

宮島花火大会の混雑状況はこれ!駐車場についてもくわしく紹介

宮島花火大会の観覧席の情報はこれ!クルーズ船についても紹介

宮島花火大会でホテルから花火が見えるのはここ!日程なども紹介

まとめ

宮島花火大会で見ることが出来る美しい花火の数々は、多くの人を魅了してやみません。

そんな宮島花火大会を十分に楽しむために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク