ホワイトデーの金額で職場の場合や手作り品について紹介

バレンタインの後にはすぐにホワイトデーがやって来ます。

職場で女性から義理チョコを貰った場合、きちんとお返しをしておきたいところですよね。

しかし、ホワイトデーのお返しにはどの程度の金額が妥当なのか、悩む方は多いと思います。

あまり高すぎても相手の方が重いと感じるでしょうし、安すぎるのは論外でしょう。

今後の人間関係を円滑にするためにも、失敗しないようにしたい点です。

そこで今回の記事では、ホワイトデーの金額で職場の場合について書いてみました。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

ホワイトデーの金額で職場の場合は?

職場におけるホワイトデーのお返しの相場はズバリ、「500円~1000円」になります。

より正確に言えば、「バレンタインで受け取った品物の金額+300円~500円」です。

女性視点からすると、ホワイトデーのお返しの金額はバレンタインの際に渡した品と同額か少し高いものという認識が多数を占めています。

バレンタインの義理チョコの相場が同僚へ渡す場合は「100円~500円」、上司に渡す場合は「500円~1000円」となっています。

そのため、ホワイトデーのお返しの金額は最低でも500円以上の品を選ぶようにしましょう。

可能ならこの金額に300円~500円を加算したものがベストです。

男性としては「え、同額で十分じゃ……?」と思われるかもしれませんが、職場の女性から「けちくさい」といったような評価を避けるための投資だと考えれば安いと思います。


逆に、相場より大幅に高い品物をお返しとして渡すこともやめましょう。

金額が高い品物を渡すことは必ずしも良い結果を招かないからです。

高価な品物ををお返しすると相手に身構えられたり、変な誤解も生まれる可能性もあります。

女性の方からしてみれば、「こんなに高価なものを……ただの義理チョコなのに」となってしまうわけですね。

スポンサーリンク

本来、バレンタインやホワイトデーは職場の人間関係を円滑にするためのものなので、これでは本末転倒です。


また、職場での義理チョコはその部署内の男性全員に配られることが多いです。

そのため、こちらもバレンタインの義理チョコを渡してきた女性のいる部署内全員へお返しをすることになります。

詰め合わせやセット商品、あるいはパイの実のように同一の品が複数入った商品を用意するようにしましょう。

これなら部署内の女性全員へ渡せますし、金額も相場内に納めることが簡単です。

ちなみに、全員へ渡す都合上、中身は個別包装されている物が望ましいことにも注意しましょう。


ホワイトデーの具体的なお返しの品物についての情報は別の記事でまとめています。

下記にリンクを貼っておきますので、ぜひ、参考にして下さい。
ホワイトデーのお返しで職場の場合や渡す物について紹介

ホワイトデーで職場の方への品が手作りなのはNG!

ちなみに、「金額を抑えるために手作り品を用意すれば良いのでは?」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、手作り品は絶対にやめましょう。

義理チョコなのにそのお返しが手作り品だと重く感じますし、衛生面やアレルギーの心配もあります。

そのため、女性の多くが手作り品を受け取ることを嫌っているのが実情です。

あるいは、「普段お世話になっているし、手作り品を頑張ってみよう!」と奮起する方もいらっしゃるでしょう。

心持ちはとても素晴らしいのですが、よほど相互理解が出来ているような相手(つまり恋人や奥さんなど)でない限り、手作り品を渡すことはやめましょう。

その熱意は前章にあるような品物を選ぶために向けた方が間違いなく好印象になります。

まとめ

職場におけるホワイトデーのお返しは業務的なものです。

重要になるのは人間関係になりますので、ここを忘れないように注意しましょう。

そうすればこれからの仕事も楽しくこなせるようになると思います。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク