引っ越しで新生活に必要な手続きとは?引っ越し前に行うものをくわしく紹介

引っ越しで新生活に移る際には様々な手続きが必要になります。

なれていない方の場合、どんな手続きをすれば良いのか混乱することも多いでしょう。

社会人なら仕事の引き継ぎなどもあり、時間が限られてしまうため効率的に処理していきたいですよね。

また、万が一、手続きに不備があると多くの時間を使う必要が出てきてしまうかもしれません。

そうならないためには、引っ越しの際に必要な手続きとは具体的にどんなものがあるのかを知っておくことが重要です。

そこで今回の記事では、引っ越しで新生活に必要な手続きで、引っ越し前に行うものについてお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

引っ越しで新生活に必要な手続きとは?:引っ越し前

転出届

転出届とはつまるところ住所変更のことになります。

引越し前に住民登録している市役所に「転出届」を出して「転出証明書」を発行してもらい、引越し先の市役所に「転入届」を「転出証明書」と一緒に提出するという形になります。

転出届には、運転免許証などでの本人確認と国民健康保険証、認印が必要になります。

また、転出届は引っ越しの14日前から当日までの間で手続きが可能になるので、早めに処理していきたいですよね。


ちなみに、同じ市内に引っ越す場合は「転居届」を提出する必要があります。

この転居届の場合は引っ越しの後で手続きを行うことになります。

国民年金・国民健康保険

これらのに加入している場合は、上記の転出届と同様に市役所で手続きをすることになります。

国民健康保険証と国民年金手帳を忘れずに持っていくようにしましょう。

また、国民健康保険証は引越し先の市区町村で新しく発行するという形になります。

そのため、あらかじめコピーを作っておくことと、新しい引越し先で国民健康保険証を貰うまで保険診療を受けられなくなることに注意が必要です。

国民健康保険証が無い状態だと、費用を全額負担しなければならなくなるため、絶対に忘れないようにしましょう。

水道・ガス・電気

これらを管理している会社へ電話連絡をして、旧居から新居へ生活が切り替わる旨などを伝えましょう。

基本的に、旧居での使用停止と新居での使用開始に関する2つの情報が必要になります。

最近ではインターネットでも連絡ができるようになっていますが、電話連絡の方が会社の方と直接話ができるため、スムーズに作業がし易いです。

疑問点が生じれば、その時にすぐ質問することが出来ますしね。

また、それぞれお客様番号などの情報を会社へ伝える必要があるため、あらかじめ準備しておくと良いでしょう。

それぞれ、

水道……お客様番号・給水番号・旧居、新居の情報
ガス……使用番号・使用停止日時と使用開始日時・旧居、新居の情報
電気……お客様番号・使用停止日時と使用開始日時・旧居、新居の情報

以上になります。

スポンサーリンク

ちなみに、管理会社の管轄が変わる場合は、引っ越し前の管理会社と引っ越し後の管理会社の2つにそれぞれ連絡をする必要があるので、注意するようにしましょう。

郵便物

郵便局で転居届を提出しておくと、1年間のみ旧住所への郵便物を新住所へ無料で転送してくれます。

注意すべきこととして、上記にある市役所の転居届とはまったく関係ない書類であることです。

郵便局独自の転居届の書類になるので、うっかり混同してしまわないように注意しましょう。

固定電話

最近では携帯端末で十分という人も少なくないですが、これも引越し前に処理してしまいましょう。

利用している電話回線の会社へ連絡して、引っ越しを行う旨と、旧居・新居での工事が必要かどうかを聞くと良いでしょう。

インターネット

これも旧居・新居双方で手続きが必要になります。

工事が必要になる場合があるので、早めに連絡をしておきたいですね。

銀行

基本的には住所登録の情報を変更するだけで大丈夫でしょう。

手続きには、住所・氏名・口座番号・暗証番号が必要になりますので、あらかじめ準備しておきましょう。

また、何かわからないことがあれば、銀行に行く前に支店へ電話連絡をして相談をすると良いでしょう。

ちなみに、ネットバンキングを利用している場合は、インターネットから手続きが出来ます。

クレジットカード

管理会社への電話連絡の他、ネットバンキングと同様にインターネット経由で手続きをすることが出来る場合があります。

基本的には会社の方の指示や、ホームページ内の指示に従って手続きをすることになるでしょう。

会社・学校への手続き

自身が勤めている会社や子どもの学校へも手続きが必要になります。

会社に関しては、担当部署が存在するはずですので、そこへ相談すると良いでしょう。

公立小学校・中学校の場合、現在子どもが通学している学校で「在学証明書」と「教科書給与証明書」を発行してもらいましょう。

その後、市役所で転出届を提出し、「入学通知書」を受け取り、転校先の学校へこれら3つを提出します。


ちなみに、転校先が別の市区である場合は、転居先の市役所で転出届を提出し「入学通知書」を受け取りましょう。

そして、転校先の学校へ書類を提出します。

引っ越しをした後に行う手続きについて

引っ越しをした後に行う手続きについては、こちらの記事でくわしくまとめています。

ぜひ、参考にして下さい。

引っ越しで新生活に必要な手続きとは?引っ越し後に行うものをくわしく紹介

まとめ

引っ越しの書類手続きは本当に大変ですよね。

作業を少しでも楽にするために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加