美味しいもやしの選び方とは?栄養効果とは? | ごろん小路。

美味しいもやしの選び方とは?栄養効果とは?

「もやし」は安価で様々料理に使える便利な食材です。

そんなもやしですが、美味しいもやしの選び方が分からず悩むことがありますよね。

また、もやしの栄養効果についても気になるところです。

そこで今回の記事では、

  • 美味しいもやしの選び方とは?
  • もやしの栄養効果とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

美味しいもやしの選び方とは?

美味しいもやしを選びたい場合は、いくつかのポイントを抑えておけば大丈夫です。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・透き通った白色で、ツヤがある
2・芯が太く短い
3・触った時に固い
4・大豆もやしは豆を確認する

以上です。

1番目の「透き通った白色で、ツヤがある」はそのままですね。

新鮮なもやしは透き通ったような色をしており、ツヤがあることが特徴だからですね。

逆に、もやしの外見が褐色のものや黒ずんでいるものは避けましょう。


2番目の「芯が太く短い」は、「緑豆もやし」と「大豆もやし」は、芯が太く短いものを選ぶことがポイントとなります。

芯が太く短いもやしは新鮮な状態である証拠だからですね。

また、3番目の「触った時に固い」も同様で、食感が良いもやしは硬く締まっているのが特徴になります。

逆に、パックの上から触り、へなっていたり柔らかくなっているもやしは避けた方が良いでしょう。


最後の「大豆もやしは豆を確認する」とは、もやし先端の豆部分のことを指しています。

大豆もやしの場合は、上記の色や形状と合わせて豆の状態を確認しましょう。

綺麗な淡黄色をしており、豆が全体的に綺麗な状態のもやしは新鮮な状態と言えます。

逆に、豆が開いているものは、時間が経過して鮮度が落ちている可能性が高いので避けましょう。

もやしの栄養効果とは?

もやしには様々な栄養が含まれており、それぞれが人間の身体を良くする効果があります。

具体的には、

1・食物繊維
2・たんぱく質
3・ビタミンB1、B2
4・葉酸
5・亜鉛

以上です。

1番目の「食物繊維」には、便通を整えて便秘を予防する働きなどが期待できます。

他にも、食物繊維には脂質・糖質・塩分を吸着して体外に排出する性質があるため、肥満や糖尿病、高血圧といった生活習慣病などの予防や改善にも効果があります。

そのため、便秘や生活習慣病などの予防や改善に効果がある食べ物だと言えます。


2番目の「たんぱく質」は、筋肉・皮膚・毛髪などを構成したり、ホルモンや抗体など身体の調子を調整する重要な物質の材料となります。

生命の維持に欠かせない栄養素なので、もやしなどをはじめ、食品からは積極的にたんぱく質を摂取したいですね。

スポンサーリンク

また、たんぱく質が欠乏すると成長障害や体力、免疫機能の低下が起こるリスクがあるとされているため、意識して接種すると良いでしょう。


3番目の「ビタミンB1、B2」は、皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養となります。

それ以外にも、ビタミンB1は糖質の代謝に関わっており、ビタミンB2はとくに脂質をエネルギーに変えるために必要な栄養素です。

そのため、ビタミンB1、B2が不足すると、身体の様々な場所に不調が現れる可能性が高いです。

もやしにはビタミンB1、B2が豊富に含まれているので、積極的に食べて身体の調子を整えたいですね。


4番目の「葉酸」とは、ビタミンB群の一つに分類される栄養素です。

血をつくるために必要な栄養素で、貧血を防ぐ働きが期待できます。

また、上記のビタミンB1、B2と同様に、口内炎を予防したり病気に対する抵抗力を高める効果もあります。


最後の「亜鉛」は、ミネラルの一種です。

亜鉛は全ての細胞に存在する栄養素であるため、もやし以外にも肉・魚介類・穀物などの多くの食品に含まれています。

そして、亜鉛には味覚を正常に保ったり、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。

現代日本人の亜鉛の平均摂取量は、推奨量に対して少ない傾向にあるので、意識して摂取したいところですね。

また、もやしには上記の栄養以外にも、カリウムや鉄、パントテン酸なども含まれています。

そのため、多くの栄養を摂取できる野菜なので、積極的に食べたいですね。

ポラン広場の通販:緑豆もやし

もやしに関するその他の情報

もやしの解凍方法とは?解凍すると水っぽい?洗う?

もやしの冷凍保存法とは?袋のままできる?何日まで?

もやしに栄養がないのは本当?栄養効果とは?

もやしの栄養効果とは?1日の摂取量の目安は?

もやしが腐ってたらどうなる?腐っている時の味や腐らない方法とは?

美味しいもやしの選び方とは?栄養効果とは?

もやしの保存方法で長持ちするやり方とは?保存期間はいつまで?

まとめ

美味しいもやしを選びたい場合は、いくつかのポイントを抑えておけば大丈夫です。

具体的なポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1・透き通った白色で、ツヤがある
2・芯が太く短い
3・触った時に固い
4・大豆もやしは豆を確認する

以上です。

また、もやしには様々な栄養が含まれており、それぞれが人間の身体を良くする効果があります。

具体的には、

1・食物繊維
2・たんぱく質
3・ビタミンB1、B2
4・葉酸
5・亜鉛

以上です。

スポンサーリンク
Visited 2 times, 1 visit(s) today