唇が乾燥してしまう原因はこれ!治す方法などもくわしく紹介

冬のように寒く乾いた季節になると、唇がカサカサに乾燥して辛くなってしまいます。

「笑った時に唇が切れて出血した」という経験をされた方は多いかと思います。

日常生活におけるストレスの原因の1つにも繋がりますし、唇が荒れることを防ぐためにも、原因を突き止めたいですよね。

そこで今回の記事では、唇が乾燥してしまう原因についてをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

唇が乾燥してしまう原因はこれ!

1・空気が乾燥している
唇は身体の中で空気の乾燥による影響を受けやすい部分であるため、寒い冬の季節はそれが顕著になります。

屋内にいる状態でも、暖房器具を長時間使用すると部屋の中の空気がどんどん乾燥していきます。

その結果、屋外屋内問わず唇が乾燥して荒れやすくなってしまうというわけですね。


2・口で呼吸している
口で呼吸をしていると唇へ空気が当たる機会が非常に多くなります。

風邪を患うなどにより鼻づまりが生じ、鼻呼吸が出来ない状態であるといった一時的なものであれば問題ありませんが、口で呼吸している状態が平常化していると、常に唇から潤いが失われてしまいます。

また、口呼吸は歯周病などの他の病気にも影響を与えることが多いので、注意した方が良いでしょう。


3・唇をなめる癖がある
唇をなめる癖がある場合も、唇が荒れる原因になることがあります。

唇を舐めると唾液により唇が潤いますが、唾液が蒸発する際に唇の水分を一緒に奪ってしまうからです。

その結果、唇を舐めないでいる状態よりも、酷く唇が荒れてしまうわけですね。

また、

1・唇が荒れている
2・唇を舐めて、唾液が蒸発することで唇の水分が失われる
3・唇がさらに荒れる
4・唇の乾燥を防ぐために、また舐める

以上のような悪循環に陥りやすく、口呼吸のような癖になってしまうと、いつの間にか唇が酷く荒れてしまっているという結果になりやすいです。


4・水分不足
唇が乾燥する原因の1つとして、身体の中の水分の影響を受けていることが挙げられます。

夏は気温が非常に高いですし、熱中症などを予防するために意識的に水分を摂取することが多いかと思います。

しかし、冬は夏と比べ水分補給を行う回数が減少する傾向にあります。

そのため、身体の中の水分が不足し、その結果唇が乾燥しやすい状態になることがあります。


5・化粧品の成分が合わない
口紅やリップクリームといった、唇に塗る化粧品などの成分が身体に合っていないと唇が荒れることがあります。

スポンサーリンク

特に、これらは長時間唇に付着したままになることが常なので、身体に合わないものだと唇が荒れていく一方になりがちです。

また、皮膚の他の場所に塗って確かめる方法などでは、唇とそれ以外の皮膚の構造が違うので参考にならない可能性があります。

そのため、化粧品を使っていて唇に違和感を覚えたら、使用を中断して様子を見ることが重要になります。


6・汚れや摩擦
口紅などが洗い落とせていなかったり、クレンジング(化粧を落とすこと)をする際にゴシゴシとこすりすぎることは、唇が荒れる原因になります。

化粧品全般に言えることですが、化粧品は身体に付いているものすべてを落とすことを前提に作られています。

そのため、落としきれなかった口紅などは皮膚への負担になりますし、唇をゴシゴシとこすりすぎるのはそのまま傷になってしまいます。

化粧品の汚れが残らないようにしっかりと落とすことを徹底しつつ、唇をこすらないように優しく落とすようにしましょう。


7・体調や生活習慣・食生活が不安定になっている
唇は角質層(皮膚の水分を外部へ出さない働きがある)がとても薄く、皮脂腺や汗腺がないため非常に繊細な部分です。

そのため、病気はもちろん、ストレスなどで身体のバランスが崩れると唇が酷く荒れることがあります。

また、身体のバランスを崩す原因になる生活習慣の乱れや、食生活が著しく偏っていることも同様です。

食生活のおいては特に、皮膚や唇の粘膜を健康に保つ作用があるビタミンB群やビタミンCの不足が挙げられます。

これらを含む野菜や果物が不足すると、そのまま唇が荒れることに繋がります。

ビタミンB群・Cが多く含まれている、イチゴ・キウイ・納豆・豚肉などを意識して食べるようにしたり、どうしても難しい場合はビタミンを補給するサプリメントやドリンクを活用すると良いでしょう。

体調や生活習慣・食生活が不安定になることは、他の病気の原因になりますし、改善できる部分は積極的に改善した方が無難でしょう。


8・暴飲暴食などによる内蔵へのダメージ
暴飲暴食をしてしまうと、胃腸をはじめ内臓へダメージが生じます。

その際、唇は口にあるものであるため、口と繋がっている胃の悪影響を受けることがあります。

例えば、胃が荒れて熱をもっていると、その熱を発散するために唇の水分も乾燥させようとしていまいます。

そのため、暴飲暴食をやめたり、胃腸が弱っている場合はおかゆやうどんなど、胃腸に優しいものを食べると良いでしょう。

唇が皮向けした時の対処方法について

唇が皮向けした時の対処方法に関しては、以下の記事に情報をまとめています。

唇が皮向けした時の対処方法はこれ!予防方法などもくわしく紹介

まとめ

唇が荒れていると辛いですよ。

そんなストレスが溜まる状態を改善するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加