帽子のかぶりすぎで頭がハゲる可能性がある!?

「帽子を被り続けているとハゲるのでは?」

仕事や熱中症対策に帽子を被る方で、こういった悩みを抱えている方は多いかと思います。

「帽子やヘルメットを被る人は禿げやすい」といった話はよく聞きますからね。

しかし、実際のところ帽子のかぶりすぎで頭がハゲることがありえるのか、よくわかりませんよね。

そこで今回の記事では、帽子のかぶりすぎで頭がハゲる可能性があることについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

帽子のかぶりすぎで頭がハゲる可能性がある!?

結論から言えば、帽子のかぶりすぎで頭がハゲる可能性はあります。

ただし、これは必ずしもハゲるわけではないことに注意してください。

どういうことかと言うと、帽子を被るとハゲる原因になる場合には、大きく分けて3つの理由が考えられるからです。

具体的には、

1・頭皮で細菌が繁殖しやすい
2・帽子の中の湿度による頭皮への悪影響
3・帽子のサイズが合っていない
4・帽子が不衛生

以上です。

まず、「頭皮で細菌が繁殖しやすい」というのは文字通りですね。

帽子を被り続けると、帽子の内部が汗などによって蒸れていきます。

こうなると、ホコリやチリを含んだ汗が頭皮に長時間に渡り留まることになるので、頭皮には雑菌が大量に繁殖することになります。

例えば、ニキビの原因となるアクネ菌や、頭皮に炎症を引き起こす可能性があるコリネバクテリウムなどが挙げられます。

特に、ヘルメットのような気密性の高い帽子を被った状態で、工事や物資の運搬など激しい運動を伴う作業を行うと、最近の繁殖がより顕著になります。

運動によって汗の量が増え、さらに体温が上がることにより細菌が繁殖しやすくなるからですね。

もちろん、頭皮で細菌が大量繁殖してしまうと、頭皮の炎症や悪臭などの原因となるため注意が必要になります。


次に「帽子の中の湿度による頭皮への悪影響」ですが、これは帽子の中の高い湿度によって頭皮にかゆみなどの症状が現れることです。

また、頭皮のかゆみといった症状が現れることも問題ですが、かゆみのために頭皮を指で掻きむしることも危険です。

頭皮を指でひっかくと、それがそのまま頭皮へのダメージになってしまうからですね。

他にも、頭皮に発生した傷は、細菌の繁殖や髪の毛の生育などに影響を与える可能性が高いです。

さらに、帽子を被る際に、髪の毛の分け目が同じ状態のままである場合には注意が必要になります。

スポンサーリンク

というのも、髪の分け目が同じままだと、同じ箇所の毛穴に負担がかかり続けることになるため、そこから髪が薄くなっていく可能性があるからですね。


そして、「帽子のサイズが合っていない」ことに関してになります。

帽子のサイズが自分にとって小さい場合、帽子が頭部を圧迫してしまいます。

髪が帽子に押さえつけられて頭皮の血流が悪化したり、根元が普段とは違う方向に引っ張られることで毛根にダメージが与えられる可能性があります。

逆に、帽子のサイズが自分にとって大きい場合、摩擦が起こる範囲が広がり、頭皮や髪の毛にダメージを与える危険性があります。

そのため、帽子はサイズの合ったものを選ぶことが大切です。


最後に「帽子が不衛生」というのは、帽子の内側は思いのほか汚れているものだからです。

というのも、帽子を被ることにより裏側には汗やフケなどが付着することになるからですね。

特に、指やおでこと接触する機会の多いツバの部分などは、皮脂や蒸れによる汚れが多く付着します。

しかし、帽子は肌着などの衣類と違って洗濯することがあまり多くありません。

雑菌を含む汚れが付着したままの帽子を、長期間に渡りそのまま使用してしまうと頭皮などのトラブルが発生することがあります。

ハゲに関するその他の情報

ハゲの改善に効果がある食べ物のおすすめはこれ!

若ハゲへの対策方法でおすすめのやり方はこれ!

帽子のかぶりすぎで頭がハゲる可能性がある!?

ハゲの原因は運動不足の可能性がある!?

若ハゲの原因で男性の場合はこれ!ハゲるポイントをくわしく紹介

ハゲが中学生女子に発生する原因はこれ!対策方法も紹介

ハゲの原因となる食事内容はこれ!具体的な食べ物を紹介

頭がハゲになる予兆はこれ!予防方法のおすすめも紹介

頭がハゲる原因はこれ!防止や予防方法もくわしく紹介

まとめ

仕事の都合などで帽子を長時間被る続ける方は注意をしておきたいですね。

ハゲ予防のために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加