駐車場の駐車券をなくした時の対処方法はこれ!料金についても紹介

「駐車券を失くしてしまった!」

無人駐車場の場合、車を入庫する前に駐車券を受け取りますが、これを失くしてしまうことがあります。

車を駐車場から動かせなくなりますし、どうすれば良いのかわからずパニックになってしまいますよね。

駐車券を紛失してしまっても焦らないため、きちんとした対処方法を知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 駐車場の駐車券をなくした時の対処方法はこれ!
  • 駐車場の駐車券をなくした時の料金について

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

駐車場の駐車券をなくした時の対処方法はこれ!

1・落ち着いて荷物などの再確認を行う
駐車場の駐車券をなくしたと思っても、実は荷物などに紛れてわかりにくくなっているだけの可能性があります。

まずは精神を落ち着かせて、駐車券を保管していたバッグなどの中を再確認するようにしましょう。

また、駐車券を財布に入れていたケースなら、財布を取り出した場所を順番に周ってみるのも良いでしょう。


2・駐車場の管理者に連絡をする
駐車場の駐車券をなくした場合、まずはその駐車場の管理者に連絡をしましょう。

駐車場に人が常駐しているのであれば、その人に相談すれば大丈夫です。

無人駐車場の場合は、駐車場に設置してある看板や、出入り口になっているゲート付近に管理者への連絡先が記述されていることが多いです。

駐車場によっては、連絡用のインターフォンが備え付けられていることもあるようですね。

あるいは、スマホなどで駐車場を検索してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

駐車場の管理者との話し合いは、必ずしも良い結果(料金など)になるとは限りませんが、必ず連絡して出庫の仕方などの指示を受けて下さい。


3・領収書を受け取る
駐車場の駐車券をなくした場合、必ず領収書を受け取るようにして下さい。

領収書は、駐車券紛失ボタンを押した場合に発行されます。

ここ受け取った領収書は後日、駐車場の管理者へ郵送する必要が生じる可能性があるからです。

紛失しないように、しっかりと保管しておきましょう。

駐車券紛失ボタンについて

駐車場にある多くの精算機には、「駐車券紛失ボタン」が備え付けられています。

駐車場の駐車券をなくした場合、まずこのボタンを押したくなりますが、一番最初に駐車券紛失ボタンを押すのはおすすめできません。

駐車券紛失ボタンを押せば、とりあえず出庫することは可能なのですが、駐車料金が高額になってしまうからですね。

駐車時間が1~2時間程度の短時間であれば、「え!? こんなにお金を払うの!?」と思ってしまうかもしれません。

そのため、駐車券紛失ボタンを押す前に、駐車場の管理者に連絡をするなどの方法を試した方が良いでしょう。

駐車場の駐車券をなくした時の料金について

駐車場の駐車券をなくした時の料金は様々ですが、一般的には「5,000円~一万円」程度が目安とされています。

この金額はあくまで目安なので、駐車場によってはこれよりも高い金額を請求される可能性もあります。

あるいは、駐車場の管理者との交渉の結果、料金を安くしてもらうことがありますが、駐車券をなくしたこちら側に非があることに注意して下さい。

また、駐車場の管理者との交渉の結果、駐車券紛失で支払った金額の一部を返金してもらえることがあります。

その場合は、前章で説明した領収書が必要になるので、管理者側の支持に従って領収書を渡しましょう。

まとめ

駐車場の駐車券をなくしたらパニックになってしまいますよね。

そんな状態を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加