熱海花火大会2019のスケジュールはこれ!打ち上げ場所や打ち上げ数も紹介

「熱海花火大会(あたみかいじょうはなびたいかい)」と言えば、その規模や開催数はもちろん、その圧倒的な臨場感が魅力の花火大会です。

花火業者さんから、「日本一の打ち上げ会場」とも評されるほどの恵まれた立地で行われる花火大会は、素晴らしいイベントとして記憶に残ることでしょう。

そんな熱海花火大会ですが、楽しむのであればスケジュールについてくわしく知っておきたいですよね。

また、花火の打ち上げ場所や打ち上げ数なども知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • 熱海花火大会2019のスケジュールはこれ!
  • 熱海花火大会の打ち上げ場所について
  • 熱海花火大会の打ち上げ数は?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

熱海花火大会2019のスケジュールはこれ!

熱海花火大会の2019のスケジュールは以下のようになります。

【熱海花火大会2019のスケジュール】
春:3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏:7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋:9/16(月・祝)
冬:12/8(日)・12/15(日)

上記にあるように、熱海花火大会は春と夏のシーズンに多く開催されています。

開催日が多いことは、自分やご家族のスケジュール調整も行いやすいことにもなりますので、この季節に熱海花火大会を鑑賞しに行くと良いかと思います。

また、開催日以外の熱海花火大会の基本情報は以下のようになります。

スポンサーリンク
名前:熱海花火大会
打上時刻:20:20~20:50(夏以外は20:20~20:45)
雨天時:雨天決行
駐車場:隣接市営東駐車場250台ほか(市営P駐車料金:30分100円)
トイレ:5~6箇所
例年の人出:約21万人(7日間で)
連絡先:熱海市観光協会(電話番号・0557-85-2222)
ホームページ:https://www.ataminews.gr.jp/event/8/

夏とそれ以外の季節では、花火の打上時刻が微妙にずれるので注意しましょう。

また、熱海花火大会は花火大会にしては珍しく、雨天時でも決行されます。

雨だからといって、花火大会が中止にはならないのは安心ですね。

熱海花火大会の打ち上げ場所について

熱海花火大会の打ち上げ場所は、静岡県熱海市/熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)になります。

地図で言うと、次のようになりますね。

打ち上げ場所MAP

ちなみに、熱海花火大会の有料観覧席は熱海親水公園の一部で、これの前売り券や当日券が販売されています。

あるいは、サンビーチ海水浴場からも花火を鑑賞することが出来るでしょう。

熱海花火大会の打ち上げ数は?

熱海花火大会の打ち上げ数は、「約3,000~約5,000発」になります。

花火が打ち上げられている時間は短いですが、絶え間なく打ち上げられる花火はまさに圧巻の一言です。

ちなみに、打ち上げ数に大きな幅がありますが、これは季節によって花火の打ち上げ数が違うからですね。

夏に行われる熱海花火大会の打ち上げ数が約5,000発なのですが、それ以外の季節に行われる場合は約3,000発になります。

その影響からか、打上時刻も夏とそれ以外の季節では若干のズレがありますし、注意しておくと良いでしょう。

まとめ

熱海花火大会を存分に楽しむのであれば、スケジュールや打ち上げ場所などをしっかりと把握しておきたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加