iphoneの掃除方法はこれ!スピーカーや端子の埃を綺麗にするやり方を紹介

iphoneを日常的に使用していると、指の指紋やホコリなどにより汚れていきます。

汚れが付着する場所によっては充電がうまくいかず、ケーブルを替えても問題が改善しないというトラブルが発生することもあります。

快適にiphoneを使用するためにも、こういった事態は避けたいところです。

しかし、iphoneの正しい掃除方法や必要な道具などがわからず、悩んでしまいますよね。

そこで今回の記事では、

  • iphoneの掃除に必要な道具はこれ!
  • iphoneの掃除方法はこれ!

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

iphoneの掃除に必要な道具はこれ!

iphoneの掃除を行う場合、用意しておくと便利な道具がいくつかあります。

iphoneのパーツ同士の小さな隙間に入り込んだホコリなどは、道具がないと上手に取り除くことは難しいですからね。

また、iphoneの掃除に適した道具でなければ、iphoneのパーツが変色したり破損したりすることが起こってしまいます。

そのため、iphoneの掃除を行う前に、必要な道具をしっかりと準備するようにしましょう。

iphoneの掃除を行うために必要な道具には、以下のようなものがあります。

1・クリーニングクロス

2・液晶用ウェットティッシュor液晶用クリーナー

3・綿棒orブロアー

4・除菌シート

5・歯ブラシ

以上になります。

この中でも、液晶用ウェットティッシュor液晶用クリーナーには注意してください。

スマホ用などのように、携帯端末を掃除することに適したものである必要があります。

市販されているものを購入する際は、iphoneの掃除に適しているかどうかを確認しておくと良いでしょう。

iphoneの掃除方法はこれ!

1・iphoneをクリーニングクロスで拭く
iphoneの液晶画面を掃除する時には、クリーニングクロスで拭くようにしてください。

クリーニングクロスで拭く時には、液晶画面を優しく撫でるように拭くと良いでしょう。

ちなみに、iphoneの液晶画面をティッシュや服の裾など擦ってしまうと、それだけで液晶画面表面に傷がついてしまいますからね。

また、クリーニングクロスで拭く場合でも、ゴシゴシと強く擦ることはやめておきましょう。

これも同様に液晶画面を傷つけてしまうからです。


2・iphoneを液晶用ウェットティッシュor液晶用クリーナーで掃除する
iphoneに付着している汚れが酷い場合は、市販されている液晶用ウェットティッシュや液晶用クリーナーで掃除すると効果的です。

頑固な汚れを綺麗に落とすことが可能である上、汚れの後を綺麗にすることも出来るという特徴があります。

スポンサーリンク

具体的な掃除方法はクリーニングクロスと同様で、優しく丁寧に拭いていくと良いでしょう。

注意点としては、絶対に「スマホ用」などのように、携帯端末に使用できるという記載があるものを使うようにしてください。

それ以外のものは、スマホなどの掃除に使用することを考慮されていない可能性があるからです。


3・iphoneを綿棒やブロアーで掃除する
ライトニング端子をはじめとした細かな凸凹には、ホコリや汚れが次々に蓄積していきます。

しかし、非常に細かい部分なので上手く掃除をしないと綺麗にすることは難しいです。

爪楊枝などで無理やり汚れを掻き出そうとすると、パーツや金属端子などの破損が怖いですしね。

そこで活躍するのが綿棒やブロアーです。

これらを使ってiphoneのホコリや汚れを取り除いていきましょう。

実際に掃除をする時は、無理やり隙間に綿棒を押し込むのではなく、優しく掻き出すように使用すると良いでしょう。

また、ブロアーの代わりにエアダスターを使う場合がありますが、これはやめておきましょう。

エアダスターの液状ガスは噴射時に気体へと変わるわけですが、缶を傾けて使ったり、iphoneから距離を置かずに噴射したりすると、液状ガスが気化する前にiphoneに付着してしまうからです。

隙間から入り込んだ液状ガスがiphone内部のパーツを壊してしまうことが考えられるため、ゴミを吹き飛ばす際はエアダスターではなくブロアーを使うようにしてください。


4・iphoneを除菌シートで除菌する
日常的に使用するiphoneの表面には、数多くの雑菌が付着しています。

多くの人の手に渡るお札や硬貨が汚いことと、理屈としては同じですね。

いつも便利に使うiphoneですから、清潔な状態を維持しておきたいところです。

そこで活躍するのが除菌シートです。

除菌シートを使って、iphone表面に付着している雑菌を除菌していきましょう。

具体的な掃除方法としては、クリーニングクロスと同様で、優しく丁寧に拭いていくと良いでしょう。


5・iphoneのスピーカーを掃除する
iphoneのスピーカーの汚れは、歯ブラシとブロアーで掃除をすると綺麗にすることが出来ます。

まず、歯ブラシを使ってスピーカーの穴部分に詰まっているゴミや汚れを掻き出します。

この段階で綺麗に出来る場合もありますが、そうでない場合は汚れを浮かすことを重視して、次の段階に備えましょう。

スピーカーのゴミや汚れを浮かしたら、ブロアーを使って吹き飛ばしていきます。

ここも、エアダスターではなくブロアーを使うようにしましょう。

最後に、スピーカーの部分を確認して、ゴミがまだあるようであれば、「歯ブラシを使って掻き出す→ブロアーで吹き飛ばす」の手順を繰り返していきましょう。

まとめ

iphoneは日常的に使う道具ですから、常に綺麗な状態を維持しておきたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする