子どもが野良猫に引っ掻かれた時の対処方法はこれ!病院に行くべきかも紹介

「子どもが野良猫に引っ掻かれた!」

こういった経験をした方は多いのではないでしょうか?

猫は可愛い生き物ですが、野生動物ですので様々な病原菌を身体に保菌しています。

場合によっては命に関わることもあるので、大切な子どもを守るためにも正しい対処方法を知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 子どもが野良猫に引っ掻かれた時の対処方法はこれ!
  • 子どもが野良猫に引っ掻かれたら病院に行くべきか?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

子どもが野良猫に引っ掻かれた時の対処方法はこれ!

1・傷口を流水でしっかり洗う
子どもが野良猫に引っ掻かれたら、まずは傷口を流水でしっかりと洗ってあげてください。

野良猫に引っ掻かれた傷口から菌やウイルスが侵入してしまいますからね。

もちろん、傷口に残っているゴミや猫の毛なども綺麗に洗い流しましょう。

この時に使用する流水は水道水であれば大丈夫ですし、場所が屋外ならコンビニなどで販売されているペットボトルの水でも問題ありません。

また、野良猫に引っ掻かれたのではなく噛まれた場合は、猫の口腔内の粘液などが傷口に付着しているので、丁寧に傷口を洗って粘液を取り除いてください。


2・傷口の消毒を行う
野良猫に引っ掻かれた傷口を消毒液で消毒をしてあげましょう。

傷口の消毒は、菌やウイルスの繁殖を防ぐため必要な処置なので、オキシドールやアルコールなどを使って時間をかけて消毒をしてください。

ちなみに、家の中にアルコールなどの消毒液がない場合は、野良猫に引っ掻かれた傷口を石鹸で洗うと良いでしょう。

また、屋外などで子どもの傷口の消毒を行いたい場合は、コンビニや薬局などで消毒液が販売されていますので、これを購入して子どもに使ってあげるようにしてください。

野良猫に限らず、消毒液は子どもが怪我をした時に非常に役立つので、普段からストックを用意しておくと便利です。

外皮消毒剤 マキロン 75ml [指定医薬部外品]

マッキンα 色がつかない消毒液 70ml [指定医薬部外品]

スポンサーリンク

子どもが野良猫に引っ掻かれたら病院に行くべきか?

結論から言えば、子どもが野良猫に引っ掻かれたら病院を受診すべきです。

というのも、野良猫に子どもが引っ掻かれた場合、すぐに症状がなくても、後から腫れが出てきたり化膿することがあるからです。

その他にも、「猫ひっかき病=バルトネラ症」や「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」などの病気に子どもが感染する危険性があります。


1・猫ひっかき病
「猫ひっかき病」とはバルトネラ症という感染症で、リンパ節炎を主体とする「バルトネラヘンセラ」という細菌によって引き起こされる感染症のことを指します。

具体的な症状としては、

1・傷口が赤くなって腫れる
2・傷口が化膿をしている
3・発熱がある
4・リンパ節が腫れる
5・食欲がなくなる
6・身体に倦怠感が現れる
7・吐き気がする

以上です。

このような症状が子供に現れている場合は、すぐに子どもを病院に連れて行きましょう。

猫ひっかき病は重症化すると、リンパ節が腫れてから1~3週間後に脳症を発症して意識障害を起こしたり、痙攣を起こしたりすることもありますからね。


2・カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症
野良猫による感染の中でも危険性が高いのが、この「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」になります。

野良猫の口内に常在している菌が原因で、野良猫に引っ掻かれたり噛みつかれたりすることで傷口などから感染し、発症することがあります。

発症すると、約2日から2週間ほど経過してから発熱・腹痛・頭痛・嘔吐などの症状が現れます。

場合によっては、意識障害・敗血症・髄膜炎の症状などの症状が現れ、敗血性ショック・多臓器不全などにより死亡する危険性もあります。

そのため、早期発見による抗生物質の投与での治療が重要なので、必ず子どもを病院に連れていきましょう。


3・破傷風
野良猫に限らず、野生動物に引っ掻かれたり、噛みつかれたりすると「破傷風(はしょうふう)」という感染症にかかる可能性があります。

「破傷風」とは、破傷風菌が傷口から入って身体の中で増殖し、筋肉を痙攣させる毒素を大量に出すために起こる重症疾患のことです。

具体的には、呼吸筋麻痺による呼吸困難や窒息しての死亡例も確認されています。

通常であればワクチンを摂取しているかと思いますが、子どもがワクチンを接種してから時間が経過していると、破傷風菌に対する免疫が低下している可能性があるので注意をしておきましょう。

上記にある猫ひっかき病やカプノサイトファーガ・カニモルサス感染症と同じく、病院を受診するようにしてください。

まとめ

子どもが野良猫に引っ掻かれると本当に不安になりますよね。

そんな状態を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする