引き戸のレールの掃除方法とは?戸車の掃除のやり方は? | ごろん小路。

引き戸のレールの掃除方法とは?戸車の掃除のやり方は?

「引き戸」のレールや戸車を掃除しようとしても、効果的な掃除方法が分からず、悩む方は多いのではないでしょうか?

毎日使用する引き戸ですから、快適で清潔な状態にしておきたいですからね。

そこで今回の記事では、

  • 引き戸のレールの掃除方法とは?
  • 引き戸の戸車の掃除方法は?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

引き戸のレールの掃除方法とは?

引き戸のレールの掃除方法としては、以下のようなものが挙げられます。

1・掃除機で吸い取る
2・ブラシを使って掃き掃除をする
3・マイナスドライバーとウエスや雑巾で拭き取る
4・メラミンスポンジを使う

以上です。

1番目の「掃除機で吸い取る」はそのままですね。

掃除機を使ってレールに溜まっているゴミを吸い取っていくわけです。

その際は、レールのような細かい場所を掃除しやすいよう、ブラシ状になっているノズルヘッドを使うと良いでしょう。

ただ、掃除機だけだと髪の毛やホコリといった大きいゴミは取り除けますが、砂のような細かいものを取り除けないことがあります。

そういった時は、ブラシやマイナスドライバーとウエスや雑巾で拭き取る方法がおすすめです。

ブラシは市販されている通常のものでも良いですが、レールのような細い部分を掃除するための専用ブラシが販売されています。

このような専用ブラシを使えば、通常のブラシよりもずっと楽に掃除をすることができます。

また、マイナスドライバーとウエスや雑巾で拭き取る方法では、ウエスや雑巾をマイナスドライバーでレールの細い部分に押すように拭き掃除をする形になります。

この方法でも、レールをしっかりと綺麗にすることが可能です。

最後の「メラミンスポンジを使う」とは、レール部分にこべりついている頑固な汚れを綺麗にする際に効果的です。
メラミンスポンジとは、硬いメラミン樹脂が細かい網目状になったスポンジのことで、汚れを物理的に削って取り除く掃除道具になります。

普通に掃除するだけではなかなか落としにくい、頑固な汚れも落とすことが出来る便利な道具です。

スポンサーリンク

このメラミンスポンジを濡らして、しっかり絞った状態で角をレールの溝の部分に入れてから、左右にスポンジを動かしましょう。

こうすることで、溝も溝上のレール部分も、一気に綺麗にすることができます。

引き戸の戸車の掃除方法は?

引き戸の戸車の掃除方法は、まず引き戸をレールから外す必要があります。

多くの場合、引き戸の両端を持って、そのまま上へ持ち上げることで引き戸を取り外せるかと思います。

あるいは、引き戸に関する記述がある取扱説明書などを確認すると良いでしょう。

次に、取り外した引き戸から、可能であれば戸車を取り外していきましょう。

これは、プラスドライバーがあれば可能です。

ただ、元の状態に戻すことに不安があるのであれば、引き戸を横倒しにしてそのまま掃除をするという方法もあります。

そして、戸車を掃除できる体制が整ったら、マイナスドライバーや爪楊枝のような細かいところを掃除できる道具で、巻き込まれているゴミを取り除いていきましょう。

掃除が終わった後は、戸車をはめ直して、引き戸を元の状態へと戻すだけで大丈夫です。

コジット COGIT すき間汚れごっそり溝職人

引き戸に関するその他の情報

引き戸からキュルキュル異音がする原因とは?対処方法は?

引き戸のレールの掃除方法とは?戸車の掃除のやり方は?

引き戸が重い時の対策方法とは?原因は?

引き戸のレールから黒い汚れが出る原因とは?対策方法は?

引き戸を開けやすくする方法とは?重くて開けにくい原因は?

まとめ

引き戸のレールの掃除方法は、「掃除機で吸い取る」・「ブラシを使って掃き掃除をする」・「マイナスドライバーとウエスや雑巾で拭き取る」・「メラミンスポンジを使う」といったやり方があります。

引き戸の戸車の掃除方法は、引き戸をレールから外してから、掃除をしやすい体制を整えて戸車を綺麗にしていきましょう。

スポンサーリンク