引き戸を開けやすくする方法とは?重くて開けにくい原因は? | ごろん小路。

引き戸を開けやすくする方法とは?重くて開けにくい原因は?

「部屋の引き戸が重くて開けにくい!」

このようなトラブルに見舞われる方は多いのではないでしょうか?

部屋の引き戸が開けにくいと、移動をすることそのものにストレスを感じる場合もありますから、早急に改善したいところです。

そこで今回の記事では、

  • 引き戸を開けやすくする方法とは?
  • 引き戸が重くて開けにくい原因は?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

引き戸を開けやすくする方法とは?

引き戸を開けやすくする方法としては、まず「レールに溜まっているゴミの掃除」が効果的です。

ホコリや髪の毛といったゴミが引き戸のレール部分に溜まり続けることで、戸車の動きが悪くなっているわけですね。

髪の毛といった目に見えるほどのゴミは掃除機で吸い込み、細かい汚れや掃除機で吸い込みきれない汚れに関しては、楊枝やブラシで取り除くと良いでしょう。

また、戸車の中にゴミが巻き込まれていることもあります。

そういった場合は、戸板をレールから一旦外して、戸板から戸車を取り出しから楊枝やブラシでゴミを取り除きましょう。

戸板などの取り外し方は、戸板の取扱説明書などを確認すると確実です。

そういった物がない場合は、戸板の両端を持って、上に持ち上げることで外すことができるかと思います。


次に、「レールや金具にゆがみや破損が生じている」場合があります。

これは、引き戸を長い時間使い続けたり、地震などの災害によってレールや金具にゆがみや破損が生じることを指しています。

戸車側に問題がない場合は、レールや金具の修理・調整を行うだけで、引き戸の滑りが良くなります。

ただ、金具が緩んでいるなどであれば素人でも修理・調整ができる可能性がありますが、レールが歪んだり、金具が大きく破損している場合は難しいかと思います。

そういった場合は、修理業者に修理を依頼すると良いでしょう。

建具屋や工務店を含むリフォーム会社、ホームセンターなどに依頼をすれば大丈夫かと思います。

また、業者に修理を依頼する場合は、必要な金額や引き戸の状態を説明して、業者の人が修理できるかを確認しておくことを忘れないようにしましょう。


最後に「戸車が故障している」場合です。

スポンサーリンク

家庭で使われる引き戸についている戸車の多くは、車輪部分がプラスチックやナイロンの樹脂でできています。

樹脂製の戸車は摩耗が起きやすく、長い間使っているとレールとのかみ合わせが悪くなることが多いです。

あるいは、車輪部分に過度の衝撃加わるなどして変形する可能性も考えられます。

そのため、ドアが重くなったり、がたつきが発生する原因となってしまうわけですね。

この場合も、上記にある修理業者に修理を依頼すると良いでしょう。

引き戸が重くて開けにくい原因は?

前章にあるように、引き戸が重くて開けにくい原因には複数のものが考えられます。

1・レールに溜まっているゴミの掃除
2・レールや金具にゆがみや破損が生じている
3・戸車が故障している

以上です。

また、レールや引き戸ではなく、建物の経年劣化や地震といった災害の影響により家全体が歪んでいる可能性も考えられます。

一部の引き戸だけ重くて開けにくいのではなく、家全体の引き戸がおかしい場合は、建物の歪みを疑い、専門会社に確認してもらうのが良いかと思います。

前章にもあるように、建具屋や工務店を含むリフォーム会社、ホームセンターなどに依頼が可能です。

また、住宅の設計・工事を担当してもらったハウスメーカーに相談可能なケースもあるので、確認してみると良いかと思います。

コジット COGIT すき間汚れごっそり溝職人

引き戸に関するその他の情報

引き戸からキュルキュル異音がする原因とは?対処方法は?

引き戸のレールの掃除方法とは?戸車の掃除のやり方は?

引き戸が重い時の対策方法とは?原因は?

引き戸のレールから黒い汚れが出る原因とは?対策方法は?

引き戸を開けやすくする方法とは?重くて開けにくい原因は?

まとめ

引き戸を開けやすくする方法には、その原因を特定して、それにあった方法で対処すれば大丈夫です。

また、自力での修理などが難しい場合は、建具屋や工務店を含むリフォーム会社、ホームセンターなどに相談をしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク