神戸市立須磨海浜水族園の料金割引方法についてくわしく紹介

神戸の水族館といえば神戸市立須磨海浜水族園が有名です。

神戸在住の方なら一度は訪れたことがあると思います。

水族園には小さな遊園地もあり、水族館以外の楽しみもあるので様々な年代の方が充実した時間を過ごすことが出来るでしょう。

ただ、気になるのはやはり料金についてです。

安い料金で楽しい時間を過ごしたいと考えるのは当然ですからね。

そこで今回の記事では、神戸市立須磨海浜水族園の料金割引についての情報をお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

神戸市立須磨海浜水族園の料金割引について

神戸市立須磨海浜水族園の料金を割引する方法は複数あります。

自分が使えるものをしっかりと把握して、料金を安くしたいところですね。

ただし、注意点があります。

以下の方法全般に言えることですが、時期によっては割引対象期間を過ぎている場合や、割引になる条件が変更になっていることもあります。

それらの対象を扱っているホームページや施設に、電話連絡やメールなどで確認をしておくと良いでしょう。

STACIA PiTaPaを提示する

神戸市立須磨海浜水族園入園時、定期券機能付きクレジットカードである「STACIA PiTaPa」と、そのホームページの優待クーポンをカードと併せて提示することにより、料金割引を受けることが出来ます。

各種割引と併用は不可能ですが、大人は100円、中人(15歳~17歳)と小人(小・中学生)は50円料金が安くなります。

STACIAホームページ内の割引詳細

エポスカードを提示する

神戸市立須磨海浜水族園入園時、クレジットカード「エポスカード」と、そのホームページのクーポン券を併せて提示することにより、料金割引を受けることが出来ます。

クーポン券1枚につき、2人まで割引できるようですね。

具体的には、大人は100円、中人(15歳~17歳)と小人(小・中学生)は50円料金が安くなります。

EPOSNETホームページ内の割引詳細

スルーウェイカードを提示する

阪神高速のETCカードである「スルーウェイカード」と、そのホームページのクーポン券を併せて提示することにより、料金割引を受けることが出来ます。

最大5人までを対象として、大人は100円、中人(15歳~17歳)と小人(小・中学生)は50円料金が安くなります。

スポンサーリンク

スルーウェイカードホームページ内の詳細

HISクーポンを利用する

HISクーポンでは、会員登録をしていなくても利用できるクーポン券を発行しています。

このクーポン券を利用するためには、ISクーポンDXアプリをダウンロードして、神戸市立須磨海浜水族園入園時に窓口でクーポンを提示する必要があります。

最大5人までを対象として、大人は100円、中人(15歳~17歳)と小人(小・中学生)は50円料金が安くなります。

HISクーポンホームページ内の割引詳細

神戸街めぐり1dayクーポンを利用する

神戸街めぐり1dayクーポンとは、

「神戸エリアの電車一日乗り放題の乗車券」
「神戸都心部の観光スポットを巡る、シティ・ループバスの1日乗車券の割引券」
「神戸観光クーポン700円分」
「神戸エリアの施設で利用できる割引や特典サービス」

以上のものがセットになった950円のクーポン券です。

小児用の利用設定がなく、大人のみという制限がありますが、神戸の観光に役立つ機能がまとまって手に入るクーポン券となっています。

神戸市立須磨海浜水族園においては、上記の神戸観光クーポン700円分が入園料金として使用できるため、700円の割引となります。

水族園以外も観光するという方におすすめですね。

神戸街めぐり1dayホームページ内の割引詳細

デイリーPlusに登録してクーポンを利用する

デイリーPlusとはヤフーが提供している会員制割引優待サービスのことです。

レジャー施設をはじめ、映画館や宿泊施設など数多くの割引サービスが存在します。

月額540円と費用がかかりますが、よく旅行などに行かれる場合は利用するとお得かもしれません。

デイリーPlusホームページ

オークションでクーポン券入手する

ヤフオクなどのオークションで割引券・クーポン券、招待券を出している方がいることがあります。

提示されている値段にもよりますが、割引券・クーポン券がかなり安く手に入るかもしれません。

須磨海浜水族園に限らず、定期的にヤフオクなどをチェックしておくと、安く割引券・クーポン券などを入手する機会が巡ってくるかもしれませんね。

まとめ

神戸市立須磨海浜水族園の料金割引方法には、様々な種類があります。

自分に合った割引方法を見つけて、料金を安くして楽しい思い出を残しましょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク