香典の金額の相場とは?書き方とお金の入れ方の向きについてくわしく紹介

お葬式に参加する際は香典をお渡しする必要があります。

昔から続く香典の風習ですが、いざ用意するとなると金額の相場や数字の書き方などよくわからないことがあります。

失礼が無いように、静かな気持ちで亡くなっった方を見送るためにも、あらかじめ香典に関する知識が欲しいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 香典の金額の相場とは?
  • 香典の金額の書き方について
  • 香典のお金の入れ方で向きはどうするの?

これらのことについてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

香典の金額の相場とは?

結論から言うと、香典の金額の相場は故人との関係によって決まります。

例えば、故人が「親族」である場合と「顔見知り程度」の場合とでは、香典の金額が違うというわけですね。

おおよその目安としては、

1・両親(自分の親) :5万円 ~ 10万円
2・義理の両親    :5万円 ~ 10万円
3・兄弟・姉妹    :3万円 ~ 5万円
4・親戚       :1万円 ~ 5万円
5・仕事の関係者や友人:5千円 ~ 1万円
6・顔見知り程度   :3千円 ~ 1万円

以上になります。

香典の金額は、基本的には上記にあるもので大丈夫だと思います。

ただ、故人との関係が特に親しかった場合など、この金額以上のお金を用意することもあります。

しかし、その場合は遺族の方が香典返しをすることを忘れないようにしましょう。

香典返しは半額から3分の1程度のお返しをすることが多いので、あまりにも高額な香典は遺族の方に負担になることがあるからです。

香典の金額が大きくなりそうであれば、あらかじめ遺族の方に「香典返しは不要・4分の1くらいで良い」などのことを伝えておくと良いでしょう。


また、香典に包む金額は1・3・5・10の数字にするのが一般的です。

つまり、5千円や10万円などのようなキリの良い数字の方が良いです。

6万円などのようにキリが悪い金額でも問題はありませんが、実際にその金額を香典としてお渡しすることは少ないです。

他にも、「死」や「苦」を連想するので「4・9」がつく金額は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

香典の金額の書き方について

香典の金額を書く場合は、普段目にする「1・2・3……」といった数字ではなく難しい漢数字を使用します。

例えば、数字が「1」なら「壱」といった具合ですね。

「一じゃだめなの?」と思われる方もいらっしゃるからもしれませんが、これは改竄を防ぐためのものとされています。

「一」や「二」などの簡単な漢数字は、線を書き足すだけで用意に別の数字に出来るからですね。

香典の金額を書く際によく使われる漢数字は以下のものがあります。

香典に書く時の漢字

1 → 壱

2 → 弐

3 → 参

5 → 伍

7 → 七(ごくまれに漆)

8 → 八

10 → 拾

100 → 百

1,000 → 仟または阡

10,000 → 萬

以上になります。

この漢数字を使用して、香典の金額を中包み(外袋の中に入っている袋のこと)に書きます。

この際、金額を表側に書く場合と、裏側に書く場合があるようです。

傾向としては裏側に書くことの方が多いので、裏側に書いておくのが無難かと思います。

その場合は郵便番号・住所・氏名も裏側に書きましょう。

右半分に縦書きで香典の金額を書いて、左側に郵便番号・住所・氏名を書けば大丈夫です。

ちなみに、市販の香典袋などでは、あらかじめ金額を書く場所が指定されていることがあります。

この場合は素直に指定されている場所に書き込むと良いでしょう。

香典のお金の入れ方で向きはどうするの?

香典のお金の入れ方には諸説あります。

厳密にはこれという入れ方は決まってはいませんが、「お札の顔のある方が表を向かないように、裏向きにする」という場合が多いようです。

そのため、香典のお金の入れ方は上記のようにしておいた方が無難であると言えます。


また、香典のお金は「あらかじめ準備していたものではない」という意味で、ピン札でない方が良いという考え方があります。

しかし、現代日本においてはATMなどの機械を利用すれば、誰でも簡単にピン札が手に入る環境にあります。

ですので、以前ほど香典にピン札は厳禁という考え方は薄くなってきています。

ただ、それでも気にする方は少なくないかと思いますので、ピン札を使わざるを得ない場合は、自分でお札に折り目を付けておくと良いでしょう。

まとめ

故人との最期のお別れの場であるお通夜やお葬式で失礼がないように、香典をしっかりと準備しておきたいですよね。

そんために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加