札幌雪まつり2019年の日程はこれ!各会場の特徴などもくわしく紹介

札幌雪まつりは毎年2月になると開催されます。

様々なメディアでも取り上げられ、素晴らしいクオリティの雪像が訪れる人を楽しませてくれますよね。

そんな札幌雪まつりですが、現地でのスムーズな行動のために具体的な日程を知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、札幌雪まつり2019年の日程について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

札幌雪まつり2019年の日程はこれ!

札幌雪まつり2019年の日程ですが、会場3つに分かれており開催期間に違いがあります。

そのため、会場の場所と開催期間をしっかりと把握していないと、現地で混乱してしまう恐れがあります。

それぞれの会場の詳細としては、


1・大通会場

会場場所:大通公園・西1丁目~西12丁目
開催期間:2月4日~2月11日
開催時間:24時間(ライトアップは22:00まで)

大通公園の会場は、札幌の都心部を東西に通り抜ける広大なものとなっています。

距離にして約1.5キロにもなり、大雪像・市民雪像をはじめ、食の広場やスキー・スノーボードのイベントなど、様々なイベントが行われています。

主役となる雪像も大中小様々なものがあり、夜間にはライトアップも行われ幻想的な雰囲気を楽しむことが出来るでしょう。

ただし、お祭りの前日にあたる2月3日は会場準備のため、大通公園内に立ち入ることが出来ません。

早めに現地に到着した方は注意しておいた方が良いでしょう。


※Google マップより


2・つどーむ会場

会場場所:札幌市スポーツ交流施設「コミュニティドーム」・札幌市東区栄町885番地1
開催期間:1月31日~2月11日
開催時間:09:00~17:00

つどーむ会場は、つどーむの愛称で知られる札幌市スポーツ交流施設「コミュニティドーム」が開催場所となります。

上記の大通会場からシャトルバスが出ているので、アクセスが簡単なのが素晴らしいですね。

すべり台やスノーラフトなど、大人から小さな子どもまで楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

また、つどーむの施設内には飲食ブースや大規模休憩場、子どもが遊べるファミリー広場などもあるため、ご家族みんなが楽しい思い出を作ることが出来るでしょう。

注意点としては、一般車両用の駐車場が存在しないことが挙げられます。

移動の際は、公共交通機関や大通会場からのシャトルバスの利用をおすすめします。


※Google マップより


3・すすきの会場

会場場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
開催期間:2月4日~2月11日
開催時間:24時間(ライトアップは23:00まで、最終日は22:00まで)

すすきの会場は、大通会場と同様に公共の道路を利用して開催されます。

そのため、歩行者用通路が確保されており、大通会場と同じように24時間の鑑賞が可能です。

夜間にはライトアップも行われるため、氷彫刻コンクール作品などの氷像を、さらに美しく幻想的な雰囲気で楽しむことが出来るでしょう。

また、人気のイルミネーションストリートやアイスバーなども近くにあるため、来る人を飽きさせないイベントとなっています。

注意点としては、大通会場と同じく、すすきの会場も2月3日の会場入りが出来ません。

氷像の制作風景を見たいという方は、2月3日よりも前に会場を訪れた方が良いでしょう。


※Google マップより

札幌雪まつりのその他の情報について

札幌雪まつりのその他の情報については、以下の記事に情報をまとめています。

札幌雪まつりでつどーむ会場の混雑の情報はこれ!駐車場についても紹介

札幌雪まつりで子供と行く際に注意すべきことはこれ!服装についても紹介

札幌雪まつりの服装のおすすめはこれ!靴などの注意点もくわしく紹介

まとめ

札幌雪まつりは数多くの雪像・氷像を鑑賞することが出来ます。

すすきの会場付近では、イルミネーションストリートやアイスバーなどもあり、誰もが楽しめるイベントとなっています。

そんな札幌雪まつりをスムーズに楽しむためにも、スケジュールの管理はしっかりとしておきたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加