バーベキューで煙を出さないようにする方法とは?具体的で簡単な方法を紹介

外に出るのが苦にならない気温になるとバーベキューをする機会がありますよね。

家族と一緒に庭でするバーベキューは本当に楽しいものです。

しかし、このバーベキューですが、煙が出て問題になることがあります。

一軒家の庭はもちろん、マンションのテラスなどでバーベキューをするのなら煙への対策が必要になります。

また、煙以外にも臭いが気になる方も多いことでしょう。

隣近所とのトラブルを防ぐためにも、どういった方法が有効なのか知っておきたいところですよね。

そこで今回の記事では、バーベキューで煙を出さないようにする方法についてお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

バーベキューで煙を出さないようにする方法とは?

バーベキューで煙を出さないようにする方法は複数存在します。

簡単にできる方法が多いので、すぐに試すことが出来ますよ。

脂身の少ない赤身肉を使用する

バーベキューで煙が出る原因の一つに、加熱しているお肉の脂が灰に落ちた時に発生する煙があります。

この煙を抑えることができれば、臭いの発生も同時に抑制できるので効果的です。

ホルモンなど、いった脂が多い部位を調理する場合と比べて、煙や臭いの量を減らすことが出来ます。

この方法だと、脂身の少ない赤身肉や魚介類を中心に食材を選ぶと良いでしょう。

タレが付いたお肉などを焼かない

味付けに使用するタレにも脂は含まれているので、それが灰に落ちると煙が発生してしまいます。

タレはお肉が焼けた後で、個別に用意したお皿で付けるようにすると良いでしょう。

また、タレは網の焦げ付きの原因にもなりますので、注意しておくと後始末が楽になります。

グリルではなく溶岩プレートを使用する

上記にもあるように、バーベキューの煙や臭いの原因の一つはお肉の脂が灰に落ちた時に発生する煙です。

そこで、お肉を焼くのに使用するグリルの代わりに「溶岩プレート」を使うと良いでしょう。

溶岩プレートは加熱すると遠赤外線を発し、この効果により食材に熱を通すという形態のものです。

その性質上、お肉を焼くために火力を強くする必要がなく、煙や臭いを出しにくい調理が可能になります。

また、溶岩プレートはサイズも選べますし、煙や臭い対策にはかなり有効だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

amazonの溶岩プレート一覧

ロータスグリルを使う

ロータスグリルは煙や臭いを出しにくいことで有名です。

バーベキューで「脂身が多いホルモンなどをどうしても食べたい!」という場合は考えてみると良いでしょう。

また、ロータスグリルはセット品として販売されていることが多いので、取り扱いや片付けが楽なのも特徴ですね。

少々値段が高めではありますが、バーベキューの煙や臭いが心配である場合、その問題を解決する大きな助けとなってくれるでしょう。

amazonのロータスグリル一覧

火を付ける祭に着火剤を使用する

バーベキューをする際、火を付けるのには様々な方法があります。

新聞紙を使用するだとか、炭を使用するなどですね。

ただし、これらは灰が巻き上がったり、慣れていないと上手く着火できないことがあります。

そのため、初心者の方や灰・煙の心配をする方は着火剤を使用すると良いでしょう。

また、着火剤には固形タイプと液状(ジェルタイプ)のものがありますが、これは固形タイプの方がおすすめです。

理由としては、液状の着火剤は使用する量の加減が難しく、途中での追加が出来ないからですね。

固形タイプのものを使用する場合は、「煙が少なく、火の出ている時間が10分以上あるもの」が適しています。

ちなみに注意点として、固形タイプの中には灯油などを染み込ませているタイプのものがありますが、こういったものは煙や臭いが酷くなりがちであるため、避けた方が無難でしょう。

バーベキューの雨対策以外の情報

下記の記事では、バーベキューの雨対策以外の情報をまとめています。

バーベキューのおすすめの食材や量についてくわしく紹介

バーベキューの持ち物リスト一覧!あると便利な品をくわしく紹介

バーベキューの雨対策にはどのような方法があるのか?くわしく紹介

バーベキューを庭でする場合の注意点とは?具体的な情報をくわしく紹介

まとめ

バーベキューを楽しむためにも、隣近所への配慮は非常に大切になります。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加