新年会の景品のおすすめはこれ!

会社の新年会ではビンゴゲームなどで場を盛り上げることがあります。

そういった時に気になるのが「景品」ですよね。

しかし、イベントとして立案しやすいビンゴではありますが、この景品がネックになることが多いです。

そこで今回の記事では、新年会の景品のおすすめについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

新年会の景品のおすすめはこれ!

新年会の景品を用意するのであれば、景品を貰う人が喜び、会場が盛り上がるものを選びたいですよね。

景品の値段が高ければ良いというものではないので、しっかりと選別した景品を用意すべきです。

また、参加者の年齢層が若い世代と中年以上では、物欲が大きく異なることにも注意した方が良いでしょう。

そのため、景品の半分くらいは年代・性別に関係なく、貰ったら使ってくれそうなものを選ぶことをおすすめします。


1・大当たりの景品
新年会の景品においては目玉商品となるものです。

そのため、参加者の多くが「欲しい!」と思わせるような景品を用意しておくと良いでしょう。

当たりの景品のおすすめは以下のようになります。

1・加湿器
2・コーヒーメーカー
3・湯沸しポット
4・入場券(東京ディズニーリゾートなど)
5・ゲーム機本体(Nintendo Switchなど)
6・マッサージクッション
7・カタログギフト

以上になります。

家電製品や娯楽施設の入場券など高価なものばかりです。

これらの景品で参加者に「欲しい!」・「ゲームに勝ちたい!」と思わせることが出来れば成功ですね。

スポンサーリンク

新年会の参加人数にもよりますが、3万円~5万円の高額景品を用意する場合もあります。


2・そこそこな当たりの商品
新年会の景品の目玉商品の次は、年代・性別に関係なく、貰ったら嬉しいもの・使ってくれそうなものを選ぶと良いでしょう。

いわゆる消え物なども一部がここに該当します。

また、チョコレートやジャムなどの食べ物を景品に選ぶ場合は、参加者の中にアレルギーの方がいないかどうかをチェックしておきましょう。

万が一、参加者側が受け取れないといったことが起きたら、別の景品と交換するなどの対策を講じておくと良いでしょう。

1・お菓子詰め合わせ
2・コーヒーや紅茶
3・電気湯たんぽ
4・お米
5・スマホ用カメラレンズ
6・たこ焼き器(着脱式)
7・商品券

以上です。


3・ハズレ扱いの景品
ハズレ扱い景品は本当に安い品ばかりで大丈夫です。

消え物で統一して問題ないでしょう。

新年会の景品でハズレ扱いの景品は、以下のようなものが該当します。

1・たわし
2・トイレットペーパー
3・洗剤
4・インスタントラーメン

以上です。

新年会の景品に向いていないもの

これらの商品は新年会の景品に向いていないため、あらかじめ除外しておくと失敗をしなくてすむようになります。

場合によっては、深刻なトラブルのもとになる可能性もあるため、しっかりと選別しておきましょう。

新年会の景品に向いていないものは、以下のようなものが該当します。

1・温度管理が必要なもの
2・生物
3・香水などの匂い製品
4・性別や年齢を強く意識させてしまうもの

以上です。

まとめ

せっかくの新年会なのですから、楽しいゲームで大いに盛り上がりたいですよね。

そのゲームの景品選びのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加