乾燥肌のかゆみの原因はこれ!対策方法も紹介

冬になると肌がかさつき、かゆくなるという人は多いかと思います。

いわゆる「乾燥肌」ですね。

しかし、乾燥肌だとかゆみが何故発生するのか、その原因がわからないと効果的な対策を講じにくいです。

そこで今回の記事では、

  • 乾燥肌のかゆみの原因はこれ!
  • 乾燥肌のかゆみへの対策方法でおすすめのやり方はこれ!

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

乾燥肌のかゆみの原因はこれ!

「乾燥肌」とは、角質層の水分量や皮膚から分泌される皮脂が減少することにより、肌の表面がカサカサしたりつっぱったりする状態のことを指します。

この乾燥肌の状態になると、肌荒れのほか皮膚がかゆくてたまらなくなることがあります。

これは、乾燥肌によって慢性的な肌荒れ状態が続くと、「かゆみを感じる神経」が表皮の近くまで伸びてきて、かゆみを強く感じるようになるからです。

こうなってしまうと、衣服のこすれなどのちょっとした刺激によってもかゆみ神経を刺激することでますますかゆくなります。


また、本来皮膚の角層は、外界からの刺激や異物の侵入から身体を守るバリアとして機能をもっているのですが、乾燥肌によってこの機能がうまく働かなくなると、バリアとしての役割を十分に果たせなくなっているのです。

その結果、アレルゲンなどの異物が身体の中に侵入しやすい状態となり、それによる悪影響がかゆみとなって現れることがあるわけですね。

さらに、肌がかゆいからと言って爪などで掻きむしると、さらに肌が荒れるという悪循環に陥りやすいです。

酷い場合は皮膚からの出血といった症状も現れるので、肌がかゆいからと言って掻きむしると症状が悪化してしまう危険があります。

乾燥肌のかゆみへの対策方法でおすすめのやり方はこれ!

1・肌の保湿を行う
前章にもあるように、肌のかゆみの原因の1つは肌の乾燥です。

そのため、肌の保湿を行うことでかゆみを緩和することが出来るようになります。

肌の保湿を行う方法には様々な方法があり、具体的には、

1・加湿器を使用する
2・ぬるま湯で入浴する
3・保湿効果のある入浴剤、ボディソープを使用する
4・低濃度の尿素入りクリームを使用する
5・保湿液を使用する

以上です。


2・肌に強い刺激を与えない
肌のかゆい部分を頻繁に爪で掻きむしったり、石鹸を付けてゴシゴシこすると、肌表面の皮脂膜を剥がし角層を痛めてしまいます。

前章にもあるように、その影響でさらに肌が荒れてしまうという悪循環に陥りやすいので注意が必要になります。

また、洗剤や化粧品などが肌に合わない場合、接触するだけで肌荒れが発生する可能性もあります。

スポンサーリンク

特に、元々肌が弱い人はこれによって肌荒れが発生しやすい傾向があるため、自分の肌に合った製品を使うことが乾燥肌対策に繋がります。


3・規則正しい生活や食事を心がける
不規則な生活による寝不足や暴飲暴食は身体の代謝が低下を招くため、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり周期)を乱します。

その結果、荒れてしまった肌が荒れたままの状態になりやすいため、乾燥肌が長期に渡り続くことになります。

これを防ぐためには、規則正しい生活や食事を心がけることが重要になります。

早寝早起き、栄養バランスが良い食事を規則正しく摂取することで肌の健康を守ることが出来るわけですね。

食事に関しては、ウナギ・レバー・ニンジンなどのビタミンAや、豆類・たらこ・植物油などのビタミンEを積極的に摂ることを心がけると良いでしょう。

Yokizu 加湿器 次亜塩素酸水対応 卓上 アロマ 大容量 超音波式 しずく型 6-9畳 朝まで連続稼働 LEDライト 寝室 リビング 静音 空気清浄 乾燥対策 省エネ 空焚き防止 360°ミスト調整可能 オフィス 会社 家庭用 小型 シンプル おしゃれ

【大容量】エモリカ 薬用スキンケア入浴液 フローラルの香り つめかえ用900ml 液体 入浴剤 (赤ちゃんにも使えます)

尿素10% クリーム 100g

乾燥肌に関するその他の情報

乾燥肌に子供がなる原因はこれ!対策方法も紹介

乾燥肌をマスクが引き起こす!?対策方法も紹介

乾燥肌のかゆみの原因はこれ!対策方法も紹介

乾燥肌になる原因はこれ!対策方法でおすすめのやり方も紹介

まとめ

乾燥肌がかゆいと本当に辛いですよね。

そのような状態を改善するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加