爪を噛む癖の原因は大人の場合はこれ!治すための方法も紹介 | ごろん小路。

爪を噛む癖の原因は大人の場合はこれ!治すための方法も紹介

「爪を噛む癖を治せない……」

このような悩みを抱えている大人の方は多いのではないでしょうか?

子供の頃から大人の現在まで、爪を噛む癖が続いているという人は意外と多いです。

しかし、爪を噛む癖を治そうにも、原因や具体的な治し方がわからないと改善することが難しいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 爪を噛む癖の原因は大人の場合はこれ!
  • 爪を噛む癖を大人が治すための方法とは?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

爪を噛む癖の原因は大人の場合はこれ!

1・ストレスや不安
現代日本人は、仕事をはじめ様々なストレスを多く受けることが日常となっています。

例えば、仕事での人間関係に強いストレスを感じる人は多いですからね。

人によっては、自分の将来に対して強い不安を覚えることもあるでしょう。

そのようなストレスや不安を感じて精神が緊張すると、それを緩和するために爪を噛むことがあります。

また、ストレスをため込みやすく、うまく外に発散することができない人、自分のなかでこらえてしまう人はとくに顕著だと言えます。


2・コンプレックス
何らかのコンプレックスを指摘されたくないがために、爪を噛むことがあります。

例えば、

1・爪を噛んで、爪先がギザギザになる
2・そんな爪の形を誰かに見られたくない
3・不安から強いストレスを感じる
4・爪を噛んでしまう
5・最初に戻る

以上です。

このように、コンプレックスから始まる爪の噛み癖は悪循環に陥りやすいという特徴があります。

また、爪を噛むことに何らかの違和感や疑問、罪悪感などを感じていないことも珍しくありません。


3・精神年齢が低い
爪を噛む癖をもっている人は、精神年齢が低い傾向があります。

「誰かに甘えたい」・「誰かにかまわれたい」という気持ちが、爪を噛むという形で現れている可能性があるわけですね。

スポンサーリンク

これは子どもの頃から爪を噛む癖がある人に多く、爪を噛むことで寂しい自分の心をなぐさめ、心を落ち着かせてきたことが考えられます。

また、上記にあるストレスやコンプレックスなどと同時に爪を噛む原因となっていることもあります。


4・体調や環境の変化
怪我や病気、仕事に伴う引越しなどの体調・環境の変化によって爪を噛むことがあります。

また、女性特有の体調の変化や、結婚・妊娠などの環境の変化は大きなストレスとなる可能性があるので注意をしてください。

爪を噛む癖を大人が治すための方法とは?

1・爪をこまめに短くする
爪をこまめに短く切ることで、物理的に爪を噛めないようにする方法です。

最もお手軽な対処方法と言えるでしょう。

精神的な要因が軽度のものであれば、徐々に爪を噛むことがなくなっていきます。


2・ネイルをする
噛むと苦味のある、「バイターストップ」というネイルを爪に塗っておく方法もおすすめです。

苦味によって、爪を噛むという動作そのものに忌避感を抱かせるわけですね。

ただ、上記の「爪をこまめに短くする」という方法とは違い、爪を噛める状態であることには注意をしておきましょう。

気になる方の場合は、手袋をつけるというやり方もあります。


3・爪を噛まないことを意識する
爪を噛む癖を改善するためには、上記の方法を実践するとともに、自分が「爪を噛むことをしない」という意識をもつことが重要になります。

多くの場合、爪を噛む時はストレスを和らげたり、反射的な癖となっていることが多いため、意識して爪を噛まないようにする必要があるからですね。

また、爪を噛まなくても良い生活習慣を作ることも大切です。

例えば、ストレスを上手に発散する方法を模索するなどですね。

ビターネイル 10ml 日本製爪噛み防止トップコート 増量版 爪噛み 指しゃぶり

爪を噛むことに関するその他の情報

爪を噛む癖が子供に現れる原因はこれ!治し方も紹介

爪を噛むことの悪影響とは?対策方法も紹介

爪を噛む癖の原因は大人の場合はこれ!治すための方法も紹介

まとめ

爪を噛む癖があると、病気になることもあるので改善したいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク