夏バテで子供への対策はこれ!食欲不振になった場合の対処方法も紹介

連日猛暑が続くと子供の夏バテが心配になります。

「子供が最近元気がない」・「食欲がなくてご飯をあまり食べられない」などの違和感を感じたら、子供が夏バテになっていることを疑った方が良いでしょう。

子供は夏バテに対して自発的な対策や対処が出来ないので、周囲の大人がきちんとしたケアをしてあげる必要があります。

しかし、夏バテへの具体的な対策や対処方法がわからず、悩んでしまうことがあるかと思います。

そこで今回の記事では、

  • 夏バテで子供への対策はこれ!
  • 夏バテで子供が食欲不振になった時の対処方法とは?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

夏バテで子供への対策はこれ!

大人なら自発的に夏バテ対策をすることが出来ますが、子供の場合はそういった知識を知らないため、周囲の大人がきちんと対応して上げる必要があります。


1・安定した睡眠時間を確保する
子供が夏バテになる原因の1つとして睡眠不足が挙げられます。

日中に生じた疲労は睡眠時に解消されるので、しっかりとした睡眠時間を確保できないと身体から疲れが取れません。

また、睡眠時間そのものが十分でも、昼夜逆転の生活をしていたり、就寝する時間が不規則であると良質な睡眠が出来ない可能性があります。

そのため、生活サイクルを規則正しくして、子供が安定した睡眠時間を確保出来るようにすることが重要になります。


2・冷房の温度を調整する
冷房により、室内外の温度差が5℃以上になると「自律神経」が乱れやすくなります。

「自律神経」とは、交感神経と副交感神経の2つからなり、この2つをコントロールすることで内臓の動きや血液流、汗腺の開閉などを調節しています。

しかし、冷房の効いた室内と猛暑の室外を移動すると、急激な温度変化により自律神経が混乱してしまい、その働きが乱れてしまいます。

こうなってしまうと、胃腸の働きが低下したり、体内の水分を上手く排出できないなどの症状が現れます。

そのため、エアコンの温度はおおよそ「少し暑いかな」程度に留めておくことが大切です。

この時のエアコンの温度は、「27℃~28℃」程度を目安とすると良いでしょう。


3・汗をかく習慣を身につける
子供の夏バテ対策には、身体を現在の気候に慣らすことが重要になります。

人間の身体には寒暖の変化に対応する力が備わっていますが、冷房によって涼しい環境が当たり前になってしまうと、この力が弱くなってしまいます。

そういった時には、一定量の汗をかくことでこの力を十分に機能させることが出来ます。

例えば、まだ気温が落ち着いている早朝などにウォーキングなどの運動を行うと効果的ですね。


4・栄養に偏りがない食事を規則正しく食べる
気温が上がると、冷たいアイスや食べやすい素麺などばかり食べたくなりますが、栄養の偏りは夏バテの原因になってしまいます。

スポンサーリンク

この中でも、ジュースやアイスなどの甘い物は、糖分を身体の中で分解するために「ビタミンB1とB6」を多く使います。

これらのビタミンは、夏バテ予防に不可欠なものなので、ビタミンのバランスが崩れると身体の代謝が上手く機能しなくなり、その結果、夏バテになる危険を招くわけですね。

ビタミンB群が多く含まれる食材の代表は「豚肉」です。

タンパク質も摂取できるのでとても効率的ですし、カレー粉やニンニクなどと組み合わせるのも良いでしょう。

夏バテで子供が食欲不振になった時の対処方法とは?

1・量より質を重視した食事を食べさせる
子供が食欲不振になっているのであれば、量よりも質を重視した食事を食べさせてあげてください。

例えば、夏バテに必須となるビタミンB群など多く含む食材、

ビタミンB1:豚肉・ウナギ・きなこ・タラコ
ビタミンB2:豚肉・牛肉・鶏レバー・牛乳・納豆
ビタミンB6:マグロ・カツオ・バナナ・ニンニク
ビタミンC :アセロラ・イチゴ・大根の葉
クエン酸  :お酢・梅・オレンジやレモンなどの柑橘類

以上のような食材を中心に使用して料理を作ると良いでしょう。

例えば、豚汁や野菜炒め、細かく切ったフルーツ類とヨーグルトを組み合わせても効果的です。


2・消化の良いものを食べさせる
子供が食欲不振になっている時は胃腸の働きが低下している状態であるため、無理に食事をさせることは逆効果になります。

そのため、胃腸に負担がかかる油などをあまり含まないような料理を作ると良いでしょう。

また、うどんや素麺のような麺類を使用する時は、野菜を中心とした料理を副菜にするなどして、栄養を補うようにすると効果的です。


3・水分補給をこまめにする
食事の量が減ると、食事で摂取する水分量が減ってしまいます。

そのため、子供に水分補給をこまめにしてあげることが重要になります。

また、一度に大量の水分を摂取させることは、子供の胃腸に負担がかかるだけなので、少ない量をこまめに与えてあげましょう。

その際はただの水ではなく、麦茶のようにミネラル成分を同時に摂取できる飲み物が望ましいです。

夏バテに関するその他の情報

夏バテに関するその他の情報は、以下の記事にまとめてあります。

夏バテ予防に必要な栄養素はこれ!食材などもくわしく紹介

夏バテで食欲がない時の栄養補給はこの方法で!栄養ドリンクのおすすめも紹介

夏バテの原因はこれ!症状や対策が簡単に出来るやり方をくわしく紹介

猫を夏バテから守る対策はこれ!見分け方についてもくわしく紹介

夏バテから犬を守る対策はこれ!犬からの夏バテサインについても紹介

夏バテで食欲がない時にはどうすれば良いのか?対処方法をくわしく紹介

夏バテ予防になる食べ物のおすすめとは?具体的な食品をくわしく紹介

まとめ

子供が夏バテになると本当に心配ですよね。

そんな夏バテを早く解消してあげるために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加