爪を噛むことの悪影響とは?対策方法も紹介 | ごろん小路。

爪を噛むことの悪影響とは?対策方法も紹介

「爪を噛む癖がやめられない……」

このようなことに悩む方は多いのではないでしょうか?

子供から大人まで、爪を噛む癖がある方は意外と多いものです。

しかし、爪をかみ続けることは、健康上様々な問題を引き起こす恐れがあります。

そのため、何とかして爪を噛む癖を改善したいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 爪を噛むことの悪影響とは?
  • 爪を噛むことを防ぐ対策方法はこれ!

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

爪を噛むことの悪影響とは?

1・細菌感染
日常的に爪を噛むことで爪に傷が付いたままとなると、その傷から細菌に感染する可能性があります。

場合によっては、細菌感染が原因で症状が重篤化することも考えられます。

実際に、爪を噛むことで敗血症となって、命が脅かされた方がニュースになったこともあります。

また、爪に付着している細菌や汚れを口に含むことで、それが原因で体調不良に陥ることも懸念されます。


2・爪が割れる
爪を噛み続けると、その部分の爪が柔らかくなることで割れやすくなってしまいます。

噛むことでもそうですが、外部からの衝撃で爪が大きく割れてしまうと、それが元で爪が剥げるなどの怪我を負う可能性もあります。

例えば、割れた爪に服の繊維が引っかかった状態で手を動かすなどですね。

また、場合によっては爪が大きく剥げるというように、重症化することも懸念されます。


3・歯が変形する
爪をかみ続けることで、爪を噛む歯が変形を起こすことがあります。

爪は人体の中でもかなり硬い部位に入るので、それを噛む歯が悪影響を受けるわけです。

例えば、爪を噛むことに使っている歯の根が短くなったり、前歯の先端がすり減ったりですね。

スポンサーリンク

爪とは違い、歯の健康維持は非常に大変かつ重要なので、爪を噛み続けることで日常生活に甚大な悪影響が発生する可能性に注意をしておきましょう。

爪を噛むことを防ぐ対策方法はこれ!

1・ストレスや不安を解消する
爪を噛むことの原因の多くは、日常的に受けるストレスや不安を緩和したいと精神的な働きによるものです。

爪を噛むことで、精神的な動揺や重圧から心を守ろうとしているわけですね。

そのため、爪を噛むことを防ぐためには、こういったストレスや不安を受けないようにしたり、上手に発散することを模索すると良いでしょう。

ストレスや不安の効果的な解消方法は、個人差が非常に大きいため一概には言えませんが、楽しい趣味を見つけたり、ガムを噛むなどの代用品を使うと効果的だとされています。


2・ネイルをする
噛むと苦味のある、「バイターストップ」というネイルを爪に塗っておく方法もおすすめです。

バイターストップとは、強烈な苦味成分が含まれているネイルで、この苦味によって、爪を噛むという動作そのものに忌避感を抱かせるわけですね。

このネイルの成分は人体に対して安全なものを使用しているので、うっかり爪を噛んだとしても健康への害はありません。

また、爪を噛む以外にも、爪をしゃぶるといった行為に対しても効果があります。


3・代用品を用意する
上記にもありますが、ガムなどの代用品を用意することで、爪を噛む癖を緩和することができます。

爪を噛みたくなるような場面では、ガムなどの代用品を利用することで、爪を噛まなくても良い状態にするわけですね。

「代用品など無くても禁止にすれば良いのでは?」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、爪を噛むことを単純に禁止にしてしまうと、「指先の皮をむしる」といったような別の形で問題が発生する可能性が高いです。

そのため、爪を噛むことで気持ちを発散するという方法を別の形に変えた方が、結果的に爪を噛む癖の改善の近道となるわけです。

ビターネイル 10ml 日本製爪噛み防止トップコート 増量版 爪噛み 指しゃぶり

爪を噛むことに関するその他の情報

爪を噛む癖が子供に現れる原因はこれ!治し方も紹介

爪を噛むことの悪影響とは?対策方法も紹介

爪を噛む癖の原因は大人の場合はこれ!治すための方法も紹介

まとめ

爪を噛む癖が身に付いてしまうと、様々な悪影響が生じてしまいます。

そういった状態を改善するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク