口内炎がたくさんできる原因はこれ!対策方法も紹介 | ごろん小路。

口内炎がたくさんできる原因はこれ!対策方法も紹介

「口内炎」がたくさんできて辛い!

口内炎が口の中にできると、飲食や会話時に痛みが生じるためとても不快ですよね。

しかし、口内炎がたくさんできる原因がわからないと対策を講じにくいかと思います。

そこで今回の記事では、

  • 口内炎がたくさんできる原因はこれ!
  • 口内炎の対策方法でおすすめのやり方はこれ!

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

口内炎がたくさんできる原因はこれ!

「口内炎」とは、口腔内の粘膜に起こる炎症を指しています。

食物や飲み物を口に含んだ際に痛みを伴うことが多いため、症状が治まるまで辛い思いをする方は多いかと思います。

そんな口内炎が発生する原因ですが、実は数多く存在します。

具体的な原因としては、

1・疲労やストレス
2・睡眠不足
3・栄養不足やそれに伴う免疫力低下
4・細菌やウイルスなどの感染症
5・外傷や熱傷による口内の傷
6・歯の噛み合わせが悪い
7・口内の唾液量の低下

以上です。

1~3番はわかりやすいですね。

外的要因により身体が不調になることで口内のバランスが崩れ、その結果、口内炎が発生することがあります。

「仕事での疲労が蓄積している」・「睡眠時間が少ない」・「食事内容が偏っているために栄養不足になる」といったことは、現代日本人なら誰でも起こり得ます。

また、こういった身体の不調は他の病気の原因にもなる危険があるため、早めに改善したいところですね。

4~6番目の原因は、口内に何らかの理由で生じた傷が口内炎になるパターンです。

食事中に口の中を噛んでしまい、そこが口内炎になるといったことが多いでしょう。

あるいは、身体の免疫力が低下している状態だと、その傷からカンジダというカビの一種である真菌に感染してしまうことがあります。

こうなると、ただの口内炎よりも痛みの強い、しつこい口内炎になってしまうわけですね。

スポンサーリンク

最後の「口内の唾液量の低下」とは、口の周りの筋力が衰えたり、加齢によって唾液腺の分泌能力が低下したりすることを指しています。

口内の唾液量が減ってしまうと、抗菌作用や口の中の粘膜を保護する働きが低下してしまいます。

その結果、十分な保護を受けられなくなった粘膜に細菌が入りやすくなり、口内炎を発症してしまうわけです。

口内炎の対策方法でおすすめのやり方はこれ!

口内炎の対策方法は、前章にある原因となるものを改善していくことが効果的です。

生活サイクルや食生活といった生活習慣の改善、安定した睡眠時間の確保などがすぐに手が加えられる原因かと思います。

身体が健康になれば、口内炎が発症する可能性を大きく減らすことができますからね。

また、口の中の同じ場所を何度も噛んで傷を付ける場合、歯の噛み合わせが悪い可能性があります。

その場合は、最寄りの歯科医院を受診して相談をするようにしてください。

噛み合わせが悪い原因が親知らずなどの場合は、それらを取り除いたり、適切な処置を施すことで噛み合わせが改善することがあります。

そして、口内の唾液量の低下に関しては、口呼吸や喫煙などの原因がある場合はそれを改善することで対処できます。

ただ、加齢による影響やシェーグレン症候群などの病気の場合は個人が対処することは難しいです。

そのため、病院を受診して医師の方に相談することをおすすめします。

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 60錠

口内炎に関するその他の情報

口の中を噛んで口内炎ができる原因はこれ!予防方法も紹介

口内炎を早く治す方法はこのやり方がおすすめ!

口内炎がたくさんできる原因はこれ!対策方法も紹介

口内炎の原因のうち舌に出来る場合についてくわしく紹介

口内炎を予防するための食材とは?具体的な効果などもくわしく紹介

まとめ

口内炎が口の中にできると、食事や会話の際に痛みが生じて辛いですよね。

そんな口内炎を予防するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク