口内炎を早く治す方法はこのやり方がおすすめ! | ごろん小路。

口内炎を早く治す方法はこのやり方がおすすめ!

「口内炎」が口の中にできると痛くて辛いですよね。

食事や会話の時に激痛に苦しむことになるため、職種などによっては大きな負担となります。

そんな口内炎ですが、症状を早く治す方法があれば実践したいところです。

そこで今回の記事では、口内炎を早く治す方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

口内炎を早く治す方法はこのやり方がおすすめ!

1・生活習慣の改善
口内炎が発生する原因には、生活習慣の乱れが挙げられます。

具体的な要因としては、、

1・睡眠不足
2・食事の偏りなどによる栄養不足
3・過度の疲労やストレス
4・上記に伴う免疫力の低下

以上です。

現代日本においてこれらは同時に発生し、かつ長期間に渡り続くことがあるので注意が必要になります。

例えば、仕事が激務で食事を簡単なもので済ませていたり、十分な睡眠時間が確保できてないといったことは誰にでも起こり得ます。

また、これらは口内炎以外の病気の原因となる危険があります。

可能なものから、一つ一つ改善したいところですね。


2・歯磨きとうがいを心掛ける
口内炎の原因の一つに、口内環境の悪化が挙げられます。

口内環境の改善は、口内炎が発生した後でも早期治癒に効果があるため、口の中を清潔に保つことが大切です。

日頃、丁寧に歯磨きをしていない人は、正しいブラッシングの仕方などの口腔ケアの方法を見直してみると良いでしょう。

また、歯磨き以外にはうがいをすることも口内炎を早く治すことに効果的です。

殺菌成分を含んだうがい薬のほか、塩水でうがいをするのも良いですね。

注意点としては、うがい薬や塩は口の中の細胞を傷つける恐れがあるので、いずれも最後に水でうがいをして洗い流すことが大切です。


3・食事の中から刺激物を減らす
口内炎が発生している時は、胃腸が弱っていることが珍しくありません。

そのため、胃腸への負担を減らすために、唐辛子のような刺激物を摂取することは控えましょう。

スポンサーリンク

逆に、消化吸収が良い食事を摂ることをおすすめします。

また、口内炎の痛みが激しく、食べ物を噛むことが難しい場合は、シチュー・スープ・茶碗蒸しなどの栄養がとれて、食べやすい献立を組むと楽になります。


4・ビタミンB群を摂取する
口内炎を早く治すためには、ビタミンB群を摂取することが効果的です。

その中でも、口内炎の早期治癒に効果的なのはビタミンB1・B2・B6といったビタミンB群です。

とくに、ビタミンB2は皮膚や粘膜を保護し成長を促すという、まさに最適な作用があります。

これらのビタミンを含む食材としては、

ビタミンB1……豚肉、ハム、うなぎ、海苔、豆類、小麦胚芽など
ビタミンB2……うなぎ、牛・鶏・豚のレバー、サバなどの青魚、アーモンド、納豆、卵、乳製品など
ビタミンB6……牛・鶏・豚のレバー、マグロ、カツオ、バナナ、ニンニクなど

以上です。

これらの食材を献立に組み込んで、効率的に摂取することで口内炎を早く治すことができるでしょう。

また、ビタミンB群以外では、口の粘膜の潤いを保つ働きがあるビタミンAや、同じく身体の抵抗力を高めるビタミンCや亜鉛なども効果的です。


5・病院を受診する
口内炎の症状があまりにも辛い場合は、迷わずに病院を受診するようにしてください。

「たかが口内炎で病院?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、ヘルペスやベーチェット病などの明らかな原因がある口内炎である可能性もあるからです。

ただの口内炎と思っていたものが「がん」だったという事例もあります。

そのため、「口内炎がどんどん大きくなる」・「大量に口内炎ができる」・「水ぶくれしている」・「口内炎が長期間治らない」といった場合は、すぐに病院を受診して医師の方に診てもらいましょう。

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 60錠

口内炎に関するその他の情報

口の中を噛んで口内炎ができる原因はこれ!予防方法も紹介

口内炎を早く治す方法はこのやり方がおすすめ!

口内炎がたくさんできる原因はこれ!対策方法も紹介

口内炎の原因のうち舌に出来る場合についてくわしく紹介

口内炎を予防するための食材とは?具体的な効果などもくわしく紹介

まとめ

「口内炎」が口の中にできると辛いですよね。

そんな口内炎を早く治すために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク