空き巣対策に効果がある方法とは?狙われやすい家の特徴は? | ごろん小路。

空き巣対策に効果がある方法とは?狙われやすい家の特徴は?

「空き巣」による被害が最近増えています。

大切な財産を空き巣から守りたいところですが、具体的な対策方法がわからないと対処が難しいかと思います。

また、空き巣に狙われやすい家の特徴も知っておきたいですね。

そこで今回の記事では、

  • 空き巣対策に効果がある方法とは?
  • 空き巣に狙われやすい家の特徴とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

空き巣対策に効果がある方法とは?

空き巣対策に効果がある方法としては、様々なやり方ががあります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

1・防犯カメラやセンサーライトを設置する
2・侵入に時間がかかるようにする
3・死角を排除する
4・犬を飼っている
5・常に誰かが在宅している
6・近所付き合いがある家である

以上です。

1番目の「防犯カメラやセンサーライトを設置する」はそのままですね。

空き巣はあからさまに防犯対策をしている家を嫌がります。

例えば、玄関などの見てわかるところに防犯カメラがあったり、動くものや熱を感知して点灯するセンサーライトがあると空き巣対策となります。

他にも、警備会社のセキュリティシステムを設置したり、ステッカーが貼られていたりする防犯意識の高い家は避けようとします。

セキュリティシステムに感知されると警備会社へ緊急通報される危険がある家に対して、わざわざ空き巣に入ろうとする泥棒は少ないというわけですね。

また、「犬を飼っている」・「常に誰かが在宅している」・「近所付き合いがある家である」も同様の理由で空き巣は嫌がります。

犬は吠えて自分の存在を周囲に教えますし、人が常駐している、人の出入りが多い家は不意の遭遇によるリスクがあるためですね。


2番目の「侵入に時間がかかるようにする」も上記と同様の理由からです。

家に侵入するための時間がかかるとわかる家を空き巣は敬遠します。

家の周りで長時間不審な動きをすれば人目に付くリスクが高まり、警察へ通報される危険性が上がるからですね。
例えば、空き巣の大半は「窓」を侵入経路として選びます。

スポンサーリンク

調査によれば、一軒家では実に53.5%が窓を侵入口とした空き巣被害が確認されているほどです。

そのため、窓の鍵を二重にするなどして、解錠に時間がかかるようにすると空き巣対策として有効でしょう。


3番目の「死角を排除する」とは、乗り越えにくい高い塀や垣根、大きな庭木など身体が隠れる場所を家の周囲から取り除くことを指しています。

例えば、格子状のフェンスや低めの塀、庭に物が無いような見通しの良い外観の家を嫌う傾向があります。

上記にもあるように、家の周りで不審な動きをすれば人目に付くリスクが高まり、警察へ通報される危険性が上がるからですね。

逆に、目立たない位置に勝手口があったり、2階のバルコニーが見通しの悪い擁壁で囲まれていたりする家などが空き巣に狙われやすいと言えます。

また、家の周囲に空き家があると、それがそのまま死角になってしまうことにも注意をしておきましょう。

空き巣に狙われやすい家の特徴とは?

空き巣に狙われやすい家の特徴とは、前章にあるような対策方法がなされていない家が挙げられます。

また、その他にも以下のようなものが挙げられます。

1・人通りが少ない
2・庭の手入れがされていない
3・駅や大通りが近くにある
4・洗濯物が長時間干しっぱなしだったり、郵便受けに配送物が溜まっている
5・指定日以外にゴミが出ている

以上です。

これらの特徴がある家は、人の出入りが少なく、また、家の中に人がいない時間帯が多いことがすぐにわかります。
また、駅や大通りが近くにある環境だと、空き巣が犯行後に人込みに紛れ込んで逃走しやすいため、狙われやすいと言えます。

さらに、指定日以外にゴミが出ているような地域だと、ゴミ捨てのためのルールを住人たちが重要視していないということになり、結果的に住人同士の連帯感が薄いと判断されてしまうことがあります。

オーム電機 OHM LS-AS1000K4-K [monban LEDセンサーライト コンセント式 1灯 1000ルーメン]

空き巣に関するその他の情報

空き巣を防ぐ窓の対策方法とは?侵入する割合はどのくらい?

空き巣に取られるものは何がある?盗まれたものは返ってくる?

空き巣は一軒家を狙いやすい?一軒家の防犯方法とは?

空き巣対策に効果がある方法とは?狙われやすい家の特徴は?

空き巣対策でマンションやアパートの防犯とは?オートロックマンションは?

まとめ

空き巣対策に効果がある方法には、「防犯カメラやセンサーライトを設置する」・「侵入に時間がかかるようにする」・「死角を排除する」・「犬を飼っている」・「常に誰かが在宅している・「近所付き合いがある家である」などが挙げられます。

また、そういったものが無い家や、人の出入りが少ないような家は空き巣に狙われやすいと言えるでしょう。

スポンサーリンク