お餅が喉に詰まりやすい原因とは?詰まった時の対処方法は? | ごろん小路。

お餅が喉に詰まりやすい原因とは?詰まった時の対処方法は?

お正月になると「お餅」を喉に詰まらせる事故が多発します。

しかし、そもそもお餅が喉になぜ詰まりやすいのか、その原因がよくわからないかと思います。

また、お餅が喉に詰まった時の対処方法も知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、

  • お餅が喉に詰まりやすい原因とは?
  • お餅が喉に詰まった時の対処方法とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

お餅が喉に詰まりやすい原因とは?

お餅が喉に詰まりやすい原因としては、以下のようなものが挙げられます。

1・お餅が大きい
2・口の中が乾いている
3・お餅をよく噛まない
4・お餅を食べる時の姿勢が悪い

以上です。

1番目の「お餅が大きい」はそのままですね。

お餅を食べる際に、お餅の大きさが巨大だと、それだけ喉に詰まりやすくなってしまいます。

そこで、お餅を小さく切ることで、喉に詰まりにくくすることができます。

市販のお餅であれば、4等分にすれば丁度良い大きさになるかと思います。

あるいは、目安としてお餅を直径2cm以下にすると良いでしょう。

人間の気管の太さには個人差がありますので確実とは言えませんが、気管の平均的な太さである直径2cm以下であれば、お餅を喉に詰まらせないようにできる可能性が高いです。

また、焼いたお餅以外では、お雑煮やお汁粉に入れるお餅も小さく切ると食べやすくなります。


2番目の「口の中が乾いている」とは、加齢によって口内の唾液量が減ってしまうことを指しています。

唾液の量が減ってしまうと、お餅に限らず、食べ物をスムーズに飲み込むことが難しくなってしまいますからね。

そこで、お餅を食べる前にお茶を飲むなどして水分を接種することで、口の中や食道を潤しておくとお餅を飲み込みやすくなります。

もちろん、上記にある「お餅を小さく切る」などの方法と併用すると、さらに安全だと言えるでしょう。

注意点としては、お餅をよく噛まないうちにお茶などで無理やり流し込むのはやめましょう。

お餅をよく噛まないうちにお茶などで無理やり流し込むと、それでお餅が喉に詰まる恐れがあるからですね。


3番目の「お餅をよく噛まない」もそのままですね。

お餅に限らず、食べ物をよく噛まずに飲み込むと、それだけで喉に詰まりやすくなります。

日頃から早食いの傾向がある方は注意をした方が良いでしょう。

さらに、高齢者は食べ物への集中力の低下が現れやすいため、まだ口内の食べ物が飲み込めない状態であっても、うっかり飲み込んでしまうことがあります。

そのため、お餅をよく噛むことを意識して食事をすると良いでしょう。

また、お餅をゆっくりとよく噛むことで、唾液とお餅が混ぜ合わされるため、喉に詰まりにくくなります。


最後の「お餅を食べる時の姿勢が悪い」とは、姿勢が悪い状態でお餅を食べてしまうと、お餅を正常に嚥下できずに喉につまらせる恐れがあるからです。

例えば、横になって寝ている姿勢で物を飲み込むと、姿勢よく食べている時よりも飲み込みにくいですよね。

そのため、足をしっかりと地面につき、顎を引いた状態で食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

お餅が喉に詰まった時の対処方法とは?

お餅が喉に詰まった時の対処方法としては、以下のような方法が挙げられます。

1・せきこませる
2・背部こう打法を行う
3・腹部突き上げ法を行う

以上です。

1番目の「せきこませる」とは、救助対象者の力でお餅を吐き出せるかを確認することを指しています。

救助対象者が自力でお餅を吐き出せるなら、それが一番良いですからね。

また、せきや声が出る状態というのは、気道がお餅によって完全に塞がっていないということでもあります。

つまり、救助対象者がせきや声を出せるのであれば、窒息状態ではない可能性が高いわけです。

逆に、自力でお餅を吐き出すことが難しいようであれば、迷わずに119番通報をしてください。


2番目の「背部こう打法を行う」とは、救助対象者の背中を強くたたいて、喉に詰まったものを吐き出させる方法となります。

ただ、何も考えずに背中を叩けば良いわけではなく、正しい手順が必要となることに注意をしてください。

背部こう打法の正しい手順は以下の通りです。

1・対象者は座っていても、横になっていても良い
2・対象者の左右の肩甲骨の真ん中を斜め上に押し上げるようにして強く叩く
3・指先ではなく、手のひらの付け根で叩くようにする

以上です。

この方法の一番のポイントは、ちゅうちょせずに思いっきり相手の背中を叩くことです。


最後の「腹部突き上げ法を行う」とは、背部こう打法を試みてもお餅が吐き出させられない場合に行う対処方法となります。

この処置は、対象者のお腹を強く突き上げて、喉に詰まったお餅を吐き出させる応急処置です。

この方法も、上記の背部こう打法と同じように正しい手順で処置を行いましょう。

具体的には、

1・相手を座らせてから、相手の背中・脇の下から腕を回し、自分の体を相手の背中に密着させる
2・手で拳を作り、親指が相手のみぞおちあたりにくるようにする
3・もう一方の手を拳の上からかぶせ、その状態から斜め上に向かって強く突き上げる

以上です。

腹部突き上げ法は、対象者が立っていても椅子に座っていてもできますが、体勢を考えるに対象者が座っていた方がやりやすい場合が多いかと思います。

注意点として、この腹部突き上げ法は乳児や妊婦には絶対に行ってはいけません。

また、腹部突き上げ法を実施した場合は、腹部の内臓を傷める可能性があるため、救急隊にその旨を伝えるか、病院で医師の診察を受けさせてください。

独立行政法人国民生活センター:死亡事故も! 餅による窒息に注意

お餅に関するその他の情報

お餅を包丁で切る時のコツとは?簡単になる方法は?

お餅が喉に詰まりやすい原因とは?詰まった時の対処方法は?

お餅を喉に詰まらせた時に掃除機は有効?対処方法とは?

お餅を喉に詰まらせないようにする方法とは?

お餅が喉に詰まった時の対処方法とは?喉に詰まることの予防策は?

まとめ

お餅が喉に詰まりやすい原因としては、以下のようなものが挙げられます。

1・お餅が大きい
2・口の中が乾いている
3・お餅をよく噛まない
4・お餅を食べる時の姿勢が悪い

以上です。

また、お餅が喉に詰まった時の対処方法としては、救護対象が自力でお餅を履けない場合は、背部こう打法や腹部突き上げ法を行うと良いでしょう。

もちろん、迅速に119番をして、救急車を呼ぶことも忘れないようにしてください。

スポンサーリンク