キャベツの黒い点の正体とは?食べれる? | ごろん小路。

キャベツの黒い点の正体とは?食べれる?

「キャベツ」にポツポツとした黒い点が現れることがあります。

まさかカビかと驚かれる方も多いかと思いますが、この黒い点の正体がわからず悩んでしまいますよね。

また、カビではないとしても、黒い点があるキャベツをそのまま食べることができるのかも気になるところです。

そこで今回の記事では、

  • キャベツの黒い点の正体とは?
  • キャベツの黒い点は食べれる?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

キャベツの黒い点の正体とは?

結論から言えば、キャベツの黒い点は多くの場合カビではありません。

キャベツの黒い点は「ポリフェノール」であると言われています。

具体的には、内部黒変症状といって、急激に気温の変化が起こると水滴が内部で凍り、それが急速に解凍されると、キャベツなどのアブラナ科の野菜はポリフェノールの一種である「アントシアニン」と呼ばれる色素を生成します。

この色素のせいで、寒さにさらされたキャベツの葉の表面や内側が変色、黒い斑点状のものとして現れるわけですね。

また、キャベツの切り口が黒、または茶色に変色した場合でもカビではない可能性があります。

上記にあるように、キャベツにはポリフェノールという成分が含まれているのですが、このポリフェノールは非常に酸化しやすいという特徴があります。

そのため、キャベツの切り口が空気に触れてしまうと、酵素の作用でキャベツが茶色や黒色に変色してしまうのです。


ちなみに、キャベツの黒い点の正体がカビである場合、キャベツそのものに何らかの異変が生じている可能性が高いので、それを使って判別することができます。

具体的な異変としては、以下のようなものが挙げられます。

1・酸っぱい臭いがする
2・ぬめりがある
3・黒ずんでいる部分が溶けている
4・茶色のような汁が出ている

以上です。

これらの特徴は、キャベツが腐った状態になると発生します。

そのため、こういった特徴が現れている状態で、キャベツの表面に黒い点が現れている場合はカビである可能性を疑った方が良いでしょう。

キャベツの黒い点は食べれる?

結論から言えば、キャベツの黒い点が「ポリフェノール」である場合は食べることが可能です。

カビなどの菌類ではないため、そのまま食べても健康に害はありません。

スポンサーリンク

普通のキャベツと同じように、調理に使用していきましょう。

ただ、前章にもあるように、黒い点の正体がカビである場合は食べることを避けましょう。

その際は、キャベツが腐っているかを判別することで回避できます。

食べチョクホームページ:キャベツの通販 産地直送お取り寄せ商品

キャベツに関するその他の情報

美味しいキャベツの選び方とは?形や色の見分け方は?

キャベツの千切りの保存方法とは?期間はいつまで?冷凍保存は?

キャベツの黒い点の正体とは?食べれる?

キャベツの芯は食べる?食べない?芯の使い方とは?

キャベツが腐るとどんな状態になる?期間はいつまで?取り除く方法とは?

キャベツの冷凍保存方法とは?期間はいつまで?

キャベツの黒い点はカビ?食べられる?取り除く方法とは?

まとめ

結論から言えば、キャベツの黒い点は多くの場合カビではありません。

キャベツの黒い点は「ポリフェノール」であると言われています。

具体的には、内部黒変症状といって、急激に気温の変化が起こると水滴が内部で凍り、それが急速に解凍されると、キャベツなどのアブラナ科の野菜はポリフェノールの一種である「アントシアニン」と呼ばれる色素を生成します。

この色素のせいで、寒さにさらされたキャベツの葉の表面や内側が変色、黒い斑点状のものとして現れるわけですね。

ちなみに、キャベツの黒い点の正体がカビである場合、キャベツそのものに何らかの異変が生じている可能性が高いので、それを使って判別することができます。

具体的な異変としては、以下のようなものが挙げられます。

1・酸っぱい臭いがする
2・ぬめりがある
3・黒ずんでいる部分が溶けている
4・茶色のような汁が出ている

以上です。

これらの特徴は、キャベツが腐った状態になると発生します。

そのため、こういった特徴が現れている状態で、キャベツの表面に黒い点が現れている場合はカビである可能性を疑った方が良いでしょう。

スポンサーリンク