ウイルス性胃腸炎で会社復帰するまでの期間や診断書についてくわしく紹介

ノロウイルスやロタウイルスで有名なウイルス性胃腸炎。

こういったウイルス性胃腸炎は激しい嘔吐や下痢などの症状が現れるため、疾患すると本当に苦しい思いをすることになります。

そんな中、気になることの1つに会社へいつ復帰できるのかと言うものが挙げられます。

社会人だとやはり仕事が心配でしょうし、早く復帰したいですよね。

しかし、ウイルス性胃腸炎を疾患してどの程度の期間が経過すれば会社に復帰できるのか、よくわからないと思います。

また、診断書を会社へ出す必要があるかどうかも悩みの種です。

そこで今回の記事では、

  • ウイルス性胃腸炎で会社復帰するまでの期間とは?
  • ウイルス性胃腸炎で会社に出す診断書について

これらのことをお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

ウイルス性胃腸炎で会社復帰するまでの期間とは?

ウイルス性胃腸炎に疾患した場合、いつ会社復帰できるのか?

これは解熱して嘔吐・下痢の症状が治まった日から2日後か、一週間後が一般的です。

これらの症状は3~4日、長くても1週間ほどで治まる傾向にあります。

それから2日後ならば、水分補給と食事がきちんと出来るようになっているでしょうしね。

ちなみに、何故解熱して嘔吐・下痢の症状が治まっている必要があるかというと、ウイルス性胃腸炎が他者に感染する主な原因は吐瀉物や便だからですね。

そのため、嘔吐や下痢が治まっていない状態は、ウイルスを撒き散らしているに等しい状態というわけです。

これでは会社に復帰して仕事をすることは残念ながら不可能でしょう。


また、O157や赤痢などは法律で出勤停止がしっかりと定められており、「感染しない」という医師からの診断が出るまで会社復帰が出来ません。

スポンサーリンク

これに対し、ウイルス性胃腸炎は自己判断か、各々の職場に設けられている基準・規定によります。

自己判断は上記のもので良いでしょうが、職場の基準・規定は会社によって違うでしょうから、電話などでしっかりと確認を取っておきましょう。

特に、飲食業や接客業などは2次感染による被害が甚大なものになることが多いので、注意が必要になります。

場合によっては長期間の休養が必要になることもありますので、下記の診断書などの用意が必要になることもあるでしょう。

ウイルス性胃腸炎で会社に出す診断書について

ウイルス性胃腸炎で診断書を会社に提出する必要があるかどうかは、勤めている会社によります。

ウイルス性胃腸炎の症状が軽度なら必要ないと判断されるかもしれませんし、会社の基準・規定などで提出が必要だと明記されていることもあります。

まずは会社へ電話連絡をして詳細を確認すると良いでしょう。

そして、会社へ提出する診断書が必要になった場合は、病院へ行って医師に診断書を作成して貰う必要があります。
医師による診察が行われている際に、診断書が必要であることをしっかりと伝えましょう。

その時に、「会社へどの程度の期間休むのかを伝えたい」などの理由を医師に伝えると、医師側もそられに対してしっかりと説明をしてくれますし、考慮もしてくれるでしょう。


ちなみに、保険会社から保険金を受け取る際に必要な診断書は、病院で作成される診断書とは別の診断書が必要になることがあります。

大抵は保険会社が独自に発行している診断書を使用することになるかと思いますので、保険会社へ連絡して確認しておきましょう。

まとめ

ウイルス性胃腸炎に疾患すると本当に苦労します。

早く体調をもとに戻して会社に復帰したいですよね。

必要な診断書などもしっかりと用意しておきたいところです。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加