ペットボトル症候群を予防する方法とは?症状は? | ごろん小路。

ペットボトル症候群を予防する方法とは?症状は?

暑い夏になると炭酸飲料やジュースが美味しいですよね。

しかし、これらの飲料水飲みすぎると「ペットボトル症候群」になる危険があります。

ペットボトル症候群にならないためにも、予防方法や具体的な症状を知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • ペットボトル症候群を予防する方法とは?
  • ペットボトル症候群の症状とは?

これらの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

ペットボトル症候群を予防する方法とは?

ペットボトル症候群を予防する方法は、糖分の摂取量を減らすことです。

まず「ペットボトル症候群」とは、ジュースや甘い炭酸飲料、スポーツドリンクなどの糖を多量に含む清涼飲料水を多く摂取することで発症する病気のことを指しています。

例えば、糖尿病などが症状の1つとして挙げられます。

ですので、短期間における過剰な糖分の摂取を控えることが、ペットボトル症候群を予防することに繋がるわけですね。

そのため、糖分が含まれているコーラなどの炭酸飲料やスポーツドリンクを飲まずに、お茶や水を飲むことを心がけましょう。


ただ、暑い時期に外に出る場合は、熱中症対策としてスポーツドリンクが欲しくなる方は多いかと思います。

そういった場合は、糖分が少ないタイプのスポーツドリンクを選ぶと、ペットボトル症候群を予防することに繋がります。

この糖分やナトリウムの濃度が低いスポーツドリンクは一般に「ハイポトニック飲料」と呼ばれています。

通常のスポーツドリンクと比較すると含まれている糖分が少ないため、ペットボトル症候群になりにくいという特徴があります。

また、熱中症や感染症など激しい脱水のときに推奨されている「経口補水液」も、浸透圧が低めに設定されていますのでハイポトニック飲料の分類されます。

ペットボトル症候群の症状とは?

ペットボトル症候群の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

スポンサーリンク
1・高血糖
2・著しい喉の渇き
3・頻尿、多尿
4・吐き気、嘔吐
5・身体のだるさや脱力感
6・血圧の低下
7・意識障害
8・昏睡
9・脱水

以上です。

ペットボトル症候群の症状の特徴として、糖分が含まれている甘い清涼飲料水を大量に摂取することで血液中の血糖値が急激に高まることが挙げられます。

人間の身体がこのような状態になると、濃くなった血液を薄めるために水分を求めるようになり、喉が渇きます。

すると、さらに糖分が含まれている清涼飲料水を飲むという悪循環が生まれる可能性が高いです。

その結果、自分でも気が付かないうちに大量の糖分を摂取することになるため、ペットボトル症候群の症状が現れることが懸念されます。

さらに、ペットボトル症候群は初期段階だと自覚症状がほとんどないことも、気が付きにくい原因の1つになります。

例えば、ペットボトル症候群の症状としての倦怠感なのか、高温多湿による身体への負担による倦怠感なのかわかりにくいかと思います。

また、個人差はありますが、ペットボトル症候群によって、短期間のうちに糖尿病が急激に発症・悪化するといった可能性もあります。

そのため、自分の身体に何らかの違和感を感じる場合は、すぐに病院を受診することをおすすめします。

大塚製薬工場 Otsuka Pharmaceutical Factory オーエスワン PETボトル 500mL×24本 [経口補水液]

ペットボトル症候群に関するその他の情報

ペットボトル症候群はゼロカロリーで予防できる?対策方法とは?

ペットボトル症候群を予防する方法とは?症状は?

ペットボトル症候群は子どもでもなる?症状や治療方法とは?

ペットボトル症候群になる原因とは?どのくらいでなる?症状は?

ペットボトル症候群とは?症状や対策方法は?

まとめ

ペットボトル症候群を予防する方法は、糖分の摂取量を減らすことです。

お茶やミネラルウォーターなどを利用して、糖分を過剰摂取する状況を変えていきましょう。

スポンサーリンク