カーペットの染み落としでコーヒーの場合はこれ!具体的な方法をくわしく紹介 | ごろん小路。

カーペットの染み落としでコーヒーの場合はこれ!具体的な方法をくわしく紹介

「コーヒー飲んでいたら、うっかりこぼしてカーペットに染みが付いてしまった!」

綺麗なカーペットに染みがついてしまうことは、なんとしても避けたいですよね。

しかし、水などとは違い、コーヒーなどの場合はどうやって綺麗にすれば良いのか、よくわかりませんよね。

カーペットをクリーニングに出すのも手段の1つですが、まずは自分で出来る方法を知りたいところです。

そこで今回の記事では、カーペットの染み落としでコーヒーの場合についてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

カーペットの染み落としでコーヒーの場合は?

カーペットの染み落としをする前に

カーペットにコーヒーの染みがついてしまった場合、まず行うべきことは「洗濯表示タグ」の確認です。

洗濯表示タグとは、衣類の裏側についているラベルに描かれてた衣類の取扱いに関するタグのことを指しています。

ここを確認すれば、その商品が「家庭洗濯」・「漂白」・「アイロン」・「クリーニング」などが可能かどうかがわかります。

カーペットの洗濯表示タグを確認し、洗濯方法の可否がわかったらそれに合わせた方法で染みを落とすようにしましょう。

例えば、コーヒーの染みがついたカーペットが水洗いが出来ないものであるなら、自力での染み落としは難しいです。

その場合は、クリーニング業者に相談するのが良いでしょう。

カーペットの染み落としを行う

それでは早速カーペットのコーヒーの染みを落としていきましょう。


1・カーペットにこぼれたコーヒーを吸い取る
まず最初に行うことは、カーペットにこぼれたコーヒーをタオルなどを使い吸い取ることです。

乾いたタオルをカーペットの染みの上に乗せて、染みが広がらないよう気をつけながらその部分を軽く叩きましょう。

コーヒーの染みの外側から内側へ向かって叩くと、汚れを広げずに処理することが出来ます。

ちなみに、カーペットについてすぐの染みは強くこすらないようにしてください。

コーヒーの染みがカーペットの奥深くまで入り込んで取れなくなってしまう可能性があるからです。


また、カーペットについたコーヒーの染みは、時間が経過すればするほど落ちにくくなります。

この最初期の段階で、染みの元になるコーヒーを素早く取り除くことが出来れば、後の作業が楽になります。

ちなみに、固形物なども同様に素早く取り除いた方が良いでしょう。


2・タオルに中性洗剤をつけて染みを拭く
カーペットにこぼれたコーヒーを吸い取ったら、次は中性洗剤を使って染みを拭いていきます。

使用する中性洗剤は台所などで使うもので大丈夫です。

タオルにお湯などで薄めた中性洗剤をつけて、先程と同じように軽く叩きながら拭き取っていきましょう。

スポンサーリンク

注意すべきこととして、使用する中性洗剤は必ず薄めるようにすることが挙げられます。

洗剤を薄めずに使用すると、これが新しい染みの原因になることがあるからです。

キュキュット 食器用洗剤 ポンプタイプ 本体 240ml

キュキュット 食器用洗剤 詰替用 770ml(4回分)


3・カーペットに残った洗剤を拭き取る
カーペットからコーヒーを拭き取った後は、残った洗剤をタオルで拭き取りましょう。

上記にあるように、洗剤がカーペットに残ると新しい染みの原因になるからですね。

乾いたタオルを使って、洗剤と水気を完全に拭き取るようにしましょう。

この時も強くこすらずに、軽く叩きながら行うと良いです。

水分を乾かすだけであれば、ドライヤーを使うのもありです。

ただし、熱風を使うのはカーペットの素材を考えてから使うように注意してください。

熱による変形や変色の可能性があるからですね。

しみ抜き・しみ落としに関するその他の情報

カーペットにこぼしたジュースのシミの落とし方はこれ!具体的な方法を紹介

図書館から借りた本にコーヒーでシミを作った時の対処方法はこれ!

カーペットにこぼした紅茶のシミ抜きのやり方はこれ!くわしく紹介

カーペットの染み落としでコーヒーの場合はこれ!具体的な方法をくわしく紹介

まとめ

カーペットにこぼれてしまったコーヒーは、素早く処理して綺麗にしてしまいたいですね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク