カーペットにこぼした紅茶のシミ抜きのやり方はこれ!くわしく紹介

カーペットに紅茶をこぼして染みを作ってしまうことがありますよね。

この時、染み取りのやり方を間違えてしてしまうと、その部分が変色してしまうこともあります。

そのため、適切な染み取りの方法を知っておく必要があるわけですね。

しかし、カーペットについた紅茶の染み抜きの方法がよくわからないということは多いと思います。

そこで今回の記事では、カーペットにこぼした紅茶の染み抜きのやり方についてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

カーペットにこぼした紅茶のシミ抜きのやり方とは?

カーペットにこぼした紅茶の染み抜きをする前に

カーペットにこぼした紅茶の染み抜きをする前に、気をつけておくべきことがあります。

それは、カーペットに付いている「洗濯表示タグ」の確認です。

「洗濯表示タグ」とは、衣類の裏側などに付いている衣類の取扱いに関するタグのことを指しています。

例えば、洗濯物の水洗いが出来るかどうかなどは、ここを確認することで知ることが出来るわけですね。

多くのカーペットも同様に、端のあたりにタグがついているので確認してください。

そして、洗濯表示タグを確認した結果、水洗いが出来ないタイプのカーペットである場合は、個人で紅茶のシミ抜きをすることは避けた方が良いでしょう。

そういった時は、カーペットをクリーニング出来る業者に相談すると良いです。

カーペットにこぼした紅茶のシミ抜きをする

1・カーペットにこぼした紅茶を吸い取る
まず最初にすべきことは、カーペットにこぼした紅茶をタオルなどを使って吸い取ることです。

単純にこぼれた紅茶の量が減れば、それだけシミの広さも小さくなりますしね。

乾いたタオルをこぼれた部分に乗せ、タオルの上からトントンと軽く叩きましょう。

また、何らかの固形物がある場合は、このタイミングで取り除いてしまいましょう。

ここで重要なポイントとして、カーペットを力任せにゴシゴシこすらないことです。

力任せにゴシゴシこすると、こぼれた紅茶がカーペットの繊維の奥深くまで入り込んでしまい、シミが取りにくくなってしまうからです。


2・水で薄めた中性洗剤を使ってシミ抜きをしていく
カーペットにこぼれた紅茶を吸い取ったら、次は水で薄めた中性洗剤を使ってシミを綺麗にしていきます。

水で薄めた中性洗剤をシミの部分につけ、乾いたタオルをその上に置きます。

その状態のまま、シミの外縁部から中心部へ向かって軽く叩きながら拭き取っていきましょう。

もし、取っ手付きのブラシやタワシがあれば、それらを前後させるようにして使うと効果的です。

カーペットについた紅茶のシミが消えるまでこの作業を繰り返しましょう。

ちなみに、シミに当てるタオルは常に綺麗な面が当たるようにすると効率的です。

スポンサーリンク

また、この時使用する洗剤は必ず水で薄めるようにしてください。

もし、洗剤をそのまま使用してしまうと、洗剤そのものがシミの原因になることがあるからです。

キュキュット 食器用洗剤 ポンプタイプ 本体 240ml

キュキュット 食器用洗剤 詰替用 770ml(4回分)


3・洗剤を取り除く
カーペットについた紅茶のシミが綺麗になった後は、洗剤を取り除くことを忘れないようにしましょう。

手順2と同じ要領で、今度は洗剤ではなくただの水で同じ作業を行っていきます。

「水をつける→タオルで軽く叩いて綺麗にする」という工程を5回ほどやりましょう。

カーペットを手で触った際に、粘着感がなくなり毛並みが1つに固まらない状態であれば洗剤は取れたと判断して良いでしょう。


その後、綺麗なタオルでシミがあった部分を軽く叩いて水分を取りましょう。

その際に毛並みも整えておくと見栄えが良くなります。

また、カーペットを乾燥させるためにドライヤーを使用する場合は、カーペットの素材を考えてから使うように注意してください。

ドライヤーの熱による変形や変色の可能性があるからですね。

しみ抜き・しみ落としに関するその他の情報

カーペットにこぼしたジュースのシミの落とし方はこれ!具体的な方法を紹介

図書館から借りた本にコーヒーでシミを作った時の対処方法はこれ!

カーペットにこぼした紅茶のシミ抜きのやり方はこれ!くわしく紹介

カーペットの染み落としでコーヒーの場合はこれ!具体的な方法をくわしく紹介

まとめ

カーペットにシミが残ることを防ぐためにも、素早い対処をしたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク