バレンタインで手作りチョコは嫌!?彼氏との仲を壊さないためには?

2月14日はバレンタインですよね。

大好きな彼氏との仲を進展させる素晴らしいイベントです。

そんなバレンタインですが、プレゼントするチョコは「手作り」か「市販品」のどちらかになりますよね?

もしも、手作りチョコを渡そうと考えている方は注意が必要です。

というのも、手作りチョコには様々な問題があるからです。

そこで今回の記事では、バレンタインの手作りチョコについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

バレンタインで手作りチョコは嫌!?

バレンタインでチョコを始めとした手作りお菓子が嫌がられる理由には、様々なものがあります。

中には非常に切実なものもあるため、彼氏に渡すバレンタインのプレゼントとして、手作りお菓子を用意する前にその問題点をしっかりと把握しておきましょう。


1・バレンタインの手作りチョコは衛生面が問題
男性がバレンタインで手作りチョコを嫌がる理由として、最も多いのが衛生面の問題です。

市販されているお菓子類は、厳格な衛生管理が行われている工場などで製造されていますが、各家庭で作る手作りお菓子に同様の衛生管理を求めることは不可能です。

調理に使用する調理器具はもちろん、チョコを作る人もマスク・帽子・手袋などを身に着けることが徹底されていますしね。

場合によっては、友達や家族と一緒にお喋りをしながらチョコを作ることもあるでしょう。

そのため、手作りチョコを受ける彼氏からすれば、髪の毛や唾液、ゴミなどが混入している可能性を気にしてしまうわけですね。

また、義理チョコなど不特定多数の人へチョコを配る場合、それだけ受け止め方のパイが増えることに繋がるので注意が必要になります。


2・バレンタインの手作りチョコはアレルギーが問題
最近ではアレルギーである人が増えています。

バレンタインのプレゼントになるお菓子では、カカオアレルギーや小麦粉アレルギーなどがわかりやすいでしょうか。

スポンサーリンク

市販品のチョコなら、どういった材料が使用されているかの記載がありますが、手作りチョコなどの場合は難しいです。

アレルギーは命の危機に直結するので、非常にデリケートな問題だと言えるでしょう。

また、アレルギーが問題になってしまう場合は、彼氏へのプレゼントを花束や手袋・マフラーなどの防寒グッズといったものを選ぶと良いでしょう。


3・バレンタインの手作りチョコは不味い
ほとんどの手作りチョコと市販品のチョコの味を比較した場合、後者の方が優れています。

当然ですが、バレンタイン用のチョコレートを作るという点で、多くの人の調理技術は未熟です。

中には、バレンタインの時にしかチョコレートを調理しないという人も珍しくないでしょう。

また、手作りチョコの多くは市販品のチョコレートを加工して作ります。

チョコレートを空気に触れさせ、熱を加えて溶かすわけですから、それだけで味が落ちてしまいます。

そのため、よほどお菓子作りに慣れている人でなければ、市販品のチョコレートの方がおいしいということになるわけですね。


4・バレンタインの手作りチョコは精神的に重い
市販品のチョコと異なり、手作りチョコは作り手の気持ちがこもっています。

そのため、彼氏側も「彼女から大切な存在だと思われている」と実感することが出来ます。

しかし、相手との距離感を誤るとこれが逆効果になることがあります。

親しい相手だったとしても、精神的に重いと思われてしまうことがあるわけですね。

バレンタインのその他の情報について

バレンタインのその他の情報について、以下の記事に情報をまとめています。

バレンタインでチョコ以外のプレゼントのおすすめや予算についてくわしく紹介

義理チョコの相場は職場だとどのくらいなのかや渡し方と注意点について

バレンタインでやってはいけないNG行為はこれ!彼氏が嫌がることを紹介

まとめ

バレンタインは彼氏との仲を深めるイベントにしたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク