義理チョコの相場は職場だとどのくらいなのかや渡し方と注意点について

2月14日といえばバレンタインですよね。

女性にとっても男性にとっても一大イベントだと思います。

そんなバレンタインですが、職場の方へ義理チョコを配る予定の方がいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、用意するチョコレートの相場や注意点など、どういったことに気をつければ良いかわからず、悩む方も少なくないと思います。

職場の方たちとの人間関係を拗れさせたくはないですし、神経質になることもあるでしょう。

そこで今回の記事では、

  • 義理チョコの相場は職場だとどのくらい?
  • 義理チョコの職場の方への渡し方/li>
  • 義理チョコを職場の人へ渡す際の注意点

これらのことについて書いてみました。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

義理チョコの相場は職場だとどのくらい?

職場の方たちへ渡す義理チョコは、どの程度の金額が相場なのか気になりますよね。

安すぎるのも問題ですし、高すぎると悪い勘違いを招くことが心配になります。

また、上司の方と同僚へ渡すチョコレートの金額が、同一で良いのかも悩みどころだと思います。

そこでまずは、職場の方へ渡す義理チョコの相場をご紹介させていただきます。

これはズバリ、

同僚の方へ渡す場合は100円~500円
上司の方へ渡す場合は500円~1,000円

この金額がもっとも多いようです。

やはり、上司の方への贈り物は同僚の方へ渡す品よりも金額をかける傾向があります。

金額だけで考える場合、上司の方は1人ですが同僚の方は複数いらっしゃると思いますので、全体的に安くなるのだと思います。

また、同僚の方へ平等に接しているというイメージを崩さないためにも、安くても多くの人へ配るのが良いでしょう。

自分が特にお世話になっているという方がいるのならば違うでしょうが、基本的に義理チョコの相場は上司>同僚にしておくほうが角が立たないと思います。


ちなみに、あらかじめ社内の先輩に義理チョコの相場を聞いておくというのも良いです。

具体的な情報を多く仕入れることが出来ると思いますし、実は義理チョコを社内で配ることはしない、ということもあるかもしれません。

義理チョコの職場の方への渡し方

義理チョコを職場の方へ渡す方法も重要です。

というのも、義理チョコは人間関係を円滑にするために配るものです。

スポンサーリンク

おかしな勘違いをされたくはないでしょうし、トラブルを呼び込むようならば本末転倒ですからね。

できるだけ人が複数人いる場所で渡すようにしましょう。


また、仕事での感謝を伝えることも忘れてはいけません。

「いつも助けてくれてありがとう」「お疲れ様です」といった簡単な一言だけで良いので、渡す際に感謝の一言を伝えておきましょう。

逆に、長過ぎたり内容が濃すぎると受け取る側が「え? これって義理チョコじゃないの?」と考えてしまうので、意識的にあっさりとしたメッセージにしておくべきです。

義理チョコを職場の人へ渡す際の注意点

まず注意すべきことは、社則などにより社員同士の贈り物を禁止している場合です。

これは先輩をはじめとする同僚の方へ確認をするだけで解決するので、必ず確認しておきましょう。

職場によって、バレンタインなどのプレゼントを贈ることに対する認識が大きく違うことは珍しくありません。


次に、職場の方へ渡す際に用意するチョコレートは、手作りチョコでなく市販品のものを選びましょう。

仕事上の付き合いで渡すのが義理チョコなので、手作りチョコなどの手の込んだ品は悪い勘違いを招く元になります。

想いが込められた手作りチョコを渡す相手は、本命の方のみにした方が無難だと思います。


最後に、義理チョコを渡す範囲は、自分が所属している部や課、グループ全体に渡すようにすることが良いでしょう。

職場にいる全員を平等に扱っているという意思表示にもなりますし、あらかじめ渡す範囲を決めておけば予算がどの程度必要になるかなどがわかりやすくなります。

バレンタインに関するその他の情報

バレンタインに関するその他の情報は、以下の記事にまとめています。

バレンタインで手作りチョコは嫌!?彼氏との仲を壊さないためには?

バレンタインでやってはいけないNG行為はこれ!彼氏が嫌がることを紹介

職場の義理チョコはあげない方が良い?本音や男性からの意見も紹介

バレンタインでチョコ以外のプレゼントのおすすめや予算についてくわしく紹介

まとめ

バレンタインを贈った相手からのお返しが、相手の方の負担にならないように気を使っておくと相手の方からとても感謝されると思います。

職場のメンバーとの円滑なコミュニケーションのために、この機会に義理チョコを贈ってみてはいかがでしょうか?

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク