バーベキューの持ち物リスト一覧!あると便利な品をくわしく紹介

春から夏はバーベキューが楽しい時期になりますよね。

山や海など、バーベキューは様々な場所で楽しむことが出来ます。

しかし、バーベキューをやり慣れていない初心者だと、どんな持ち物が必要になるのかよくわからないと思います。

バーベキューをする段階になって、「しまった! あれがない!」という事態は避けたいところです。

あらかじめ、バーベキューにはどんなものが必要なのか知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • バーベキューの持ち物リスト一覧!
  • バーベキューの持ち物であると便利な品とは?

これらのことについてお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

バーベキューの持ち物リスト一覧!

まずはバーベキューに絶対に必要になる持ち物からお伝えさせていただきます。

バーベキュー初心者の方は、これらをまず用意することから始めると良いでしょう。

バーベキューコンロ一式(鉄板やグリル含む)・炭・着火剤・ライター(チャッカマン)

バーベキューをするために絶対に必要になるものですね。

ホームセンターなどで販売されているので、扱いやすそうなものを選ぶと良いでしょう。

炭・着火剤は色々と種類がありますが、炭はナラ材、着火剤は固形タイプのものが初心者の方にはおすすめです。

この種類のものであれば、事故や失敗が起きにくいですからね。

最後に火をつけるためのライターですが、これはチャッカマンの方がおすすめです。

火力調整が出来るタイプなら、さらに使い勝手が良いでしょう。

軍手・タオル・うちわ・消火用のバケツやポリタンク

軍手・タオルは、炭や火を扱う際に怪我や汚れを防ぐために便利です。

バーベキューの片付けを行う際にも活躍してくれますしね。

うちわは炭に火が付いた後に、火力を上げるためなどに使用します。

無くても問題ない場合もありますが、嵩張るものではありませんし用意しておくと良いでしょう。

最後に、消火用のバケツやポリタンクです。

火の後始末は非常に大切なので、忘れないようにしましょう。

取り分け用トング・調理用の菜箸・まな板・包丁・ピーラー・調理用ビニール手袋

取り分け用トングは、1つではなく複数用意しておくと便利です。

バーベキューに参加する人数が多いようであれば、4~5本程あると良いでしょう。

調理用の菜箸・まな板・包丁・ピーラーは、現地で食材を調理するなら必要です。

とは言え、現地での下ごしらえは大変ですので、あらかじめ下ごしらえをした食材を持っていく方が良いでしょう。

荷物を減らすことにも繋がりますしね。

クーラーボックス・保冷剤・ゴミ袋

バーベキューで使用する食材や飲み物を入れるクーラーボックスは必須と言えるでしょう。

スポンサーリンク

中に入れるのは氷でも大丈ですが、保冷剤なら再利用も可能なので便利ですね。

また、バーベキューで出たゴミを入れるためのゴミ袋も必要になります。

ゴミ袋は、燃えるゴミ・燃えないゴミなどのように、ゴミの種類別にわけて使うと手間がかかりません。

割り箸・紙コップ・取り皿・盛り皿

バーベキューで調理した料理を食べるために必要な食器類になります。

お皿に関しては、調理前と調理後の食材を盛るためのお皿を、別々に用意しておいた方が良いでしょう。

また、風などでお皿が飛ばされたりして使えなくなるなどの事態が考えられるので、数は多めに持っていくと良いでしょう。

ティッシュ・ウェットティッシュ・キッチンペーパー

これらはソースや油汚れなどを拭う時にあると便利です。

バーベキューは外での活動が基本になるでしょうから、手や衣類が汚れる機会は意外と多いものです。

衛生面などを考えると、これらをしっかりと用意しておいた方が良いでしょう。

バーベキューの持ち物であると便利な品とは?

この章では、バーベキューに必須の持ち物以外にあると便利な品をお伝えさせていただきます。

ぜひ、参考にして下さい。

テーブル・イス・レジャーシート・ダンボール

バーベキューをする上で料理を置いたり、一休みしたりする時にあると便利です。

テーブル・イスは折りたたみ式であるなど、持ち運びに便利な物を選ぶと現地での移動が楽になります。

また、レジャーシートはおおよそどんな場所でも使えるのであると非常に助かるでしょう。

ダンボールは、レジャーシートを敷いた場所が凸凹していると不快になるので、それを防ぐために使います。

凸凹している地面にダンボールを敷いて、その上にレジャーシートを敷くという形になります。

また、ガムテープを使って即席のゴミ箱にするという使い方もできます。

日焼け止め・虫除け

バーベキューを行う時期によっては、日焼け止め・虫除けが必要になることがあります。

バーベキューは屋外で行う場合が多いので、日光から身を守ることが難しくなることが多いですしね。

虫除けは、スプレータイプや蚊取り線香などの設置タイプなど様々なものがあるので、バーベキューを行う場所に適したものを選ぶと良いでしょう。

絆創膏・消毒液

バーベキューをしている時に怪我をしてしまうことは十分に考えられます。

足場が悪かったり、包丁で誤って指を切ってしまうなどですね。

こういった怪我をした時に絆創膏・消毒液があると便利です。

衛生面もそうですが、怪我をした状態のままでいるのは精神的に嫌ですしね。

まとめ

バーベキューを行う場所によって必要な持ち物は変化しますが、上記のものは最低限必要になるでしょう。

バーベキューを快適に行うために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク