地震対策で小さな子供がいる場合のおすすめの方法はこれ!

日本は本当に地震が多い国です。

東日本大震災などの大地震はもちろん、小規模な地震は全国各地で発生しています。

そんな地震ですが、子供がいるご家庭だと防災対策をしっかりしておかないと不安ですよね。

特に、小学校低学年のように自力で災害に対処する能力が低い場合は注意が必要になります。

そこで今回の記事では、地震対策で小さな子供がいる場合のおすすめの方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

地震対策で小さな子供がいる場合のおすすめの方法はこれ!

1・家の中を整理する
小さな子供がいるご家庭の地震対策では、子供の目線に立って対策をしていくことが重要になります。

例えば、地震の揺れによって家具が転倒した場合、大人なら平気でも身体が小さい子供だと閉じ込められてしまう危険があります。

また、家具の転倒に巻き込まれ怪我をしたりする可能性もありますよね。

そのため、家具などの大型品は必ず倒れるものと考え、家具を固定したり、物を整理して重心を低くすることが重要になります。

家の中にある大型の家具の代表的なものとしては、

1・タンス
2・食器棚
3・本棚
4・冷蔵庫
5・テレビ
6・大型の照明器具

以上のようなものが挙げられます。

これらの家具地震によって倒れると本当に危険ですのですので、転倒を防止する対策を施しておきましょう。

具体的な地震対策の方法としては、以下のようなものが挙げられます。

1・重い物は家具の下側に、軽い物は上側に収納する
2・本棚などはブックエンドで固定するなどして隙間を作らない
3・家具の下部前方に板などを差し込み、壁側へもたれるようにする
4・金具を使い、天井や壁と家具を固定する


2・扉や廊下に物を置かない

地震の揺れによって家具が倒れてしまうと、それによって出入り口が塞がれて閉じ込められる危険性があります。

あるいは、日常的に物を廊下に置きっぱなしにしていると、地震の揺れでそれらが散乱して道を塞ぐ可能性もあります。

そのため、出入り口となる扉の周辺や廊下には物を置かないよう、普段から整理整頓をしておきましょう。

スポンサーリンク

また、時計のような便利な物は廊下などに置きたくなりますが、ガラスが使われているようなものが落下して破損・欠片が飛散すると大変危険です。

こういったものが廊下などにある場合は、別の場所へ移動させた方が無難でしょう。


3・地震が起きたら身を守るように教える
地震が発生すると、その揺れによって家具の転倒などの危険が発生します。

そのため、こういった危険から身を守ることを子供に教えてあげましょう。

一番有効な方法は、机などの下に身を隠すことです。

頑丈な机の下なら、家具の転倒や照明器具の破片などから身を守ることが出来るでしょう。


4・避難経路を確認する
大地震などの災害が発生した場合、安全な避難場所の位置とそこまでの避難経路を把握していることが重要になります。

子供の側に常に誰かいるとは限らないので、安全な避難場所の位置とそこまでの避難経路の把握は必須となるわけですね。

また、日常生活においては、土砂崩れなどの危険がある場所に近づかないよう子供に教えてあげると良いでしょう。

お住まいの自治体のホームページや国土交通省ハザードマップポータルサイトなどから、防災マップやハザードマップをあらかじめ入手しておけば、これらを確認しておくことが出来ます。

国土交通省ハザードマップポータルサイトは以下のリンクから移動できます。

ハザードマップポータルサイト


5・災害用伝言ダイヤルを利用する
「災害用伝言ダイヤル」とは、被災地の方などの電話番号・携帯電話等の番号をキーとして、安否等の情報を音声情報として蓄積し、録音・再生できるボイスメールです。

使い方は簡単で、「171」とダイヤルし、音声で流れる使い方の案内にしたがって自宅の電話番号や連絡をとりたい被災地の人の電話番号を押します。

その後、必要なメッセージを録音したり、すでに録音してあるメッセージを聞くことが出来ます。

あらかじめ家族の間で話し合っておき、避難所や待ち合わせ場所、現在位置の確認などに利用すると良いでしょう。

また、災害用伝言ダイヤルについての情報は、以下のサイトにくわしく記載されています。

NTT西日本:災害用伝言ダイヤル(171)ページ

まとめ

地震は被害が大きくなりやすい災害です。

そんな地震から子供を守るためにも、しっかりと対策をしておきましょう。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加