windows10のアップデートの自動更新を停止する方法はこれ!

windows10のアップデートは、パソコンのセキュリティを確保する上で重要な更新です。

しかし、状況によっては「アップデートの時間を取りたくない」・「不具合の発生が懸念される」などの事情によりwindows10のアップデートを停止したいことがあります。

ただ、具体的にどうすればwindows10のアップデートの自動更新を停止できるのかよくわかりませんよね。

自分ではきちんと対処したつもりでも、実際には自動更新によりアップデートが始まったということが起こりえます。

そこで今回の記事では、windows10のアップデートの自動更新を停止する方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

なぜwindows10のアップデートの自動更新を停止する必要があるのか?

windows10のアップデートは、セキュリティなどに関わる重要な更新です。

では、なぜwindows10のアップデートの自動更新を停止する必要があるのかというと、自動更新にしているために起こる様々なデメリットを回避するためです。

様々なデメリットが生じる可能性がありますが、主に以下の要素が問題となることが多いです。

1・パソコンに不具合が発生する
2・インストールされているソフトと競合する
3・頻繁にエラーが発生する
4・パソコンがシャットダウンできなくなる

以上です。

この中でも1番目と2番目の問題は、パソコンを使う上で致命的になる可能性があるので注意する必要があります。

また、windows10のアップデートは失敗することがあり、何十分もの時間がかかったにも関わらず無駄になるなんてことも起こってしまいます。

スポンサーリンク

あるいは、「いざ仕事を始めようとした時にwindows10のアップデートが始まって、仕事ができない!」といった事態も考えられます。

そのため、windows10のアップデートの自動更新を停止して、こちらの任意のタイミングで更新できるようにしておくことが安全というわけですね。

windows10のアップデートの自動更新を停止する方法はこれ!

1・windows10のアップデートを一時的に停止する
「windows10のアップデートをすぐ後なら可能だが、今は無理!」といった時は、アップデートを一時的に停止する方法が有効です。

恒久的なものではないため、本当にアップデートをちょっと遅らせたい時に実行すると良いでしょう。

具体的な方法としては、

1・「windows」+「I」キーを押して、「Windowsの設定」ウインドウを開く
2・「更新とセキュリティ」をクリックして、左側の「Windows Update」をクリック
3・右側に表示される「更新を7日間一時停止」をクリック
4・windows10のアップデートを一時的に停止!

以上になります。


2・windows10のアップデートをアプリで停止させる
上記の方法では一定期間しかwindows10のアップデートを停止させることが出来ません。

何とかして、恒久的にwindows10のアップデートを停止させたい場合があるかと思います。

そんな時に便利なのが「Win Updates Disabler」というアプリです。

このアプリを使えば簡単にwindows10のアップデートを恒久的に停止させることが出来るようになります。

「Win Updates Disabler」の使い方は簡単で、

1・下記のリンクにある「Free Download」ボタンをクリックして、ソフトをダウンロードする
2・ダウンロードしたファイルを実行し、パソコンにインストールする
3・ソフトを起動し、「無効にする」タブの項目の中にある「windowsアップデートを無効化する」にチェックを入れる
4・「今すぐ適用」ボタンをクリックする
5・作業が完了!

以上になります。

Win Updates Disabler

まとめ

windows10のアップデートが勝手に始まると本当に困ってしまいますよね。

そんなwindows10のアップデートを停止して快適にパソコンを使うために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする