車の中が猫臭い時の対処方法はこれ!

車に乗ると獣臭い・アンモニア臭いといったことがあります。

猫を飼っている人であれば、車内で猫がおしっこをしてしまうことがあります。

しかし、猫を飼っていない人も同様の臭いに悩まされることがあります。

そのため、車の中の猫臭い臭いを取り除く方法を知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、車の中が猫臭い時の対処方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

車の中が猫臭いのは何故なのか?

猫をペットにしていないご家庭でも、車の中が猫臭くなることがあります。

野良猫が車におしっこをしてしまっているわけですね。

例えば、寒い冬の季節になると、車のエンジンルームに野良猫が入り込んでいることは珍しくありません。

野良猫は、暖かい車のエンジンルームで暖を取る以外にも、猫の習性として狭くて暗い場所を好むため、車のエンジンルームは非常に快適な空間になるわけです。

また、猫は清潔な場所を好む習性も持っているため、ボンネットの上のようにゴミがまず無い部分も好ましい場所となります。

このように、猫は車が大好きなので、犬と同じように縄張りを主張するためにおしっこ(尿)でマーキングを行います。

その結果、車に備え付けられているエアコンの外気導入口などに猫のおしっこがかかることがあり、外気の時だけエアコンが臭かったらここに問題があることが多いです。


もちろん、猫をペットにしている人であれば、愛猫と一緒にドライブに出かけることもあるでしょう。

猫のしつけが完璧だったとしても、急ブレーキや急発進、コーナリングなどで起こるペットの体勢崩れとそれに伴う車酔いなどにより、猫が車内でおしっこをしてしまうことは十分に考えられます。

スポンサーリンク

そのため、「うちの猫は優秀だから大丈夫!」などと盲信せずに、キャリーバッグやケージ内に吸水性の高いペット用トイレを置いたりするなどして、おしっこへの対策をしてあげましょう。

車の中が猫臭い時の対処方法はこれ!

前章にあるように、野良猫のおしっこが車のエンジンルームやエアコンの外気導入口などにかかっている場合は、その部分を掃除すれば大丈夫です。

ただ、車の掃除をする場合は、エンジンを切ってから作業をするようにしてください。

例えば、エアコンを付けたまま水を流すと、水が余計な部分に入り込むなどの問題が発生する可能性があるからですね。

また、飼い猫が車内でおしっこをしてしまった場合は、ホームセンターのペット用品売り場やペットショップなどで市販されている「猫用の消臭剤」を使って消臭してみてください。

通常の消臭剤よりも効果が強力なので、猫のおしっこの臭いをかなり除去することができると思います。

ただ、それで猫の臭いが取れないという場合は、プロの洗車業者に車内の掃除をお願いした方が無難です。

知識や技術はもちろん、使用する道具が非常に強力なので、しつこい猫の臭いを上手に取り除いてくれるでしょう。


ちなみに、車内の猫の臭いへの対処方法でやってはいけないことが1つあります。

それは、「人間用の消臭剤を使用する」ことです。

例えば、衣服の臭いを消す消臭剤である場合、人間の皮脂や加齢臭対策のための商品になります。

これは猫のおしっこに含まれるアンモニア対策にはなりません。

無臭タイプならそこまで問題にはなりませんが、何らかの匂いで悪臭をごまかすタイプの消臭剤である場合、猫の臭いと混ぜ合わさり、ひどい悪臭になることがあるからですね。

そのため、車内の猫の臭い対策に消臭剤を使用する時は、きちんと「猫用の消臭剤」を使用するように注意してください。

まとめ

猫のおしっこの臭いはなかなか消えずに悩みますよね。

そんな事態を解決するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする