恵方巻きのおかずに合う品の選び方や具体的な料理を紹介

近年、節分になると恵方巻きを食べるご家庭が増えてきているようです。

その年の自分自身やご家族の無病息災や商売繁盛を願う行事ですが、「恵方巻きのみ食べるのでは、ちょっとボリュームが少ない」「もう一品くらいおかずが欲しい」という悩みを抱える方が多いと思います。

しかし、恵方巻きに合うおかずとはどんなものが良いのか、よくわかりませんよね。

せっかくのおめでたい行事なのですから、そういった悩みを解決してご家族の方と一緒に楽しく過ごしたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 恵方巻きのおかずに適している品は?
  • 恵方巻きに合うおかずを紹介

これらのことについて書いてみました。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
  

恵方巻きのおかずに適している品は?

恵方巻きに適しているおかずを考えるのは、実のところ結構難しいですよね。

恵方巻きを丸々1本食べるという行事ですが、それだけだと少し食べ足りないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

あるいは、「まったく足りないからおかずもしっかりした品を食べたい」という人もいらっしゃるかもしれません。

筆者は少食な部類に入る人間なので、恵方巻きを1本食べたら後は少ししか食べられません。

恵方巻きのおかずを考える際は、一緒に食べるご家族の方がどの程度食べるのかを確認しておくことが大切だと思います。

ご家族の方がどの程度食べられるのかを間違えなければ、おかずを用意するのは簡単になります。


また、基本的に食事は主食のご飯・汁物・主菜・副菜となるものです。

恵方巻きには主食となるご飯と主菜が一緒になっているため、後は汁物があれば良いでしょう。

汁物は、加熱すれば余っても次の日以降に食べることも出来ますし、調整がやりやすいと思います。

ちなみに、もっと食べたいという方はこれに一品追加する程度で大丈夫でしょう。


ちなみに、恵方巻きの具材に合わせるとより適したおかずを用意できます。

例えば、市販されている恵方巻きの中には揚げ物や複数種類の肉類など、ボリュームがある材料が使われていることがあります。

そういった場合、恵方巻きに合わせるおかずはさっぱりとした品が良いかと思います。

逆に、恵方巻きにあまりボリュームがなさそうだなと感じた場合は、おかずにボリュームのある品を出すことで解決することも出来ます。

スポンサーリンク

恵方巻きに合うおかずを紹介

ここでは、恵方巻きに合うおかずにはどんな品があるのかを具体的にご紹介させていただきます。

是非、献立の参考にしてください。

お味噌汁・すまし汁など

恵方巻きに合わせるおかずとしては、定番中の定番だと思います。

恵方巻きを食べると喉が渇くので汁物はとても良く合いますよね。

他には、けんちん汁や豚汁、イワシを使ったつみれ汁などの品が挙げられます。

イワシ

節分といえばイワシを食べることが有名ですよね。

上記のけんちん汁に使ったり、塩焼きにしても良いでしょう。

茶碗蒸し

ふんわりとしてなめらかな茶碗蒸しも恵方巻きによく合います。

恵方巻きの具材に合わせて、野菜とお肉の両方を材料として使用できることも茶碗蒸しの良い点だといえるでしょう。

てんぷら

恵方巻きの具材にボリュームが少ない場合は、てんぷらもおかずの候補に挙げられます。

これもお味噌汁・すまし汁などと同じように有名ですよね。

また、節分そばと組み合わせて天ぷらそばにして食べるもの良いでしょう。

鍋物

恵方巻きの具材はおおよそ野菜が少なくなる傾向にあります。

そのため、鍋物で不足する野菜を補うと良いでしょう。

また、汁物の代わりにもなるため、汁物だけだと物足りないという方にもおすすめです。

おひたしや漬物

恵方巻きに足りていない野菜を補う品に、おひたしや漬物はとても向いていると思います。

あらかじめ作っておくことも出来ますし、作り方も簡単なので調理の手間がかからないのも素晴らしいです。

まとめ

節分に食べる恵方巻きは、無病息災や商売繁盛を祈願するためのものです。

ご家族の方と一緒に楽しむことが出来れば、とても素晴らしいものですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする