クリスマスプレゼントはサンタさんと親から両方渡すのか?いつまで渡すのかも紹介

子どもにとってクリスマスプレゼントは本当に大きなイベントです。

サンタさんから自分が欲しいプレゼントをもらうというのは、本当にワクワクしますからね。

しかし、そこで気になってくるのが「クリスマスプレゼントはサンタさんと親から両方渡すのか?」という点です。

子どもがサンタさんのことを信じているということは、ご両親とサンタさんは別の存在になってしまいます。

そのため、サンタさんとご両親双方でプレゼントを用意すべきなのか、悩んでしまいます。

そこで今回の記事では、

  • クリスマスプレゼントはサンタさんと親から両方渡すのか?
  • クリスマスプレゼントはいつまで子どもに渡すのか?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

クリスマスプレゼントはサンタさんと親から両方渡すのか?

クリスマスプレゼントはサンタさんと親から両方渡すのかは、ご両親側の「クリスマスはどういう日なのか、サンタさんは何故子どもにプレゼントをくれるのか」といったことに対する考え方で変わります。

つまり、各ご家庭でそれぞれの考え方があるわけですから、「これが正しい!」といったことはありません。

例えば、ご両親が「サンタさんを強く信じている子どもの夢を壊したくない」と考えるなら、クリスマスプレゼントを2つ用意するでしょう。

あるいは、クリスマスプレゼントを2つ用意するための費用がまったく問題ではない場合もそうですね。

また、「どうしてお父さんとお母さんはクリスマスプレゼントをくれないの?」といったように、子どもが疑問や寂しさを感じることを防ぐことにも繋がります。

ちなみに、クリスマスプレゼントの内容ですが、

1・サンタさんからは子どもの欲しがっているおもちゃなどを用意し、ご両親はノートやクレヨン、折り紙などの安価なプレゼントを用意する

2・サンタさんからはお菓子の詰め合わせなどを用意し、ご両親からは子どもの欲しがっているおもちゃなどを用意する

以上の2つが多いです。

スポンサーリンク

この方法なら、クリスマスプレゼントを2つ用意する費用があまり負担にならなくてすみますからね。


逆に、クリスマスプレゼントを1つしか子どもに渡さない場合ですが、やはりクリスマスプレゼント2つ分の出費が重いことがあるかと思います。

さらに、小さな子どもはおもちゃなどを買ってあげても、すぐに飽きる傾向がありますから悩ましいところですよね。

また、子どもが一人しかいないご家庭ならさほど感じないかもしれませんが、兄弟姉妹が3人・4人といる場合はその分プレゼントに対する金額も増えることになります。

あるいは、おじいちゃんおばあちゃんがいる場合、そちらからクリスマスプレゼントがもらえるので、ご両親からのプレゼントはケーキなどのお菓子でも問題ないことも考えられます。

どちらにせよ、子どもと一緒に楽しいクリスマスを過ごすことが重要なので、クリスマスプレゼントの数ではなく、子どものために何をしてあげられるかが大切です。

クリスマスプレゼントはいつまで子どもに渡すのか?

クリスマスプレゼントはいつまで子どもに渡すのかについては、大きく分けて2通りの考え方があるようです。

それぞれ、

1・子どもがサンタさんを信じている限りクリスマスプレゼントを渡す

2・子どもが中学生になるまでクリスマスプレゼントを渡す

以上です。

1番目の「子どもがサンタさんを信じている限りクリスマスプレゼントを渡す」は、子どものサンタさんへの夢を壊したくないという考え方ですね。

小学校低学年~中学年の子どもなら、サンタさんの存在を心から信じている子もいます。

また、子どもがサンタさんに対して、「サンタさんはいない」という結論を自分で出してくれることが一番子どもへのダメージが少ないかと思います。

2番目の「子どもが中学生になるまでクリスマスプレゼントを渡す」は、中学生になることが1つの区切りと考えているご家庭が多いようです。

子どもがこの年齢になると、自然とサンタさんのことを理解することが多いのも理由の1つかと思います。

ただ、中にはサンタさんのことを純粋に信じている子どももいるかと思いますので、ショックを受けないように注意してあげると良いでしょう。

まとめ

子どもへのクリスマスプレゼントの扱いは丁寧に対応して、サンタさんへの夢を守ってあげたいですよね。

そのために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする