眼鏡曇り止め方法でおすすめのやり方はこれ!必要な道具も紹介 | ごろん小路。

眼鏡曇り止め方法でおすすめのやり方はこれ!必要な道具も紹介

「眼鏡」が曇って前が見えなくなることがありますよね。

マスクを付けていたり、暖房が効いている部屋に入るとそれが顕著になります。

物がよく見えなくなることの危険性は説明するまでもありませんが、どうすれば眼鏡が曇らなくなるのか、その方法について知っておきたいところです。

そこで今回の記事では、眼鏡曇り止め方法でおすすめのやり方について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

眼鏡曇り止め方法でおすすめのやり方はこれ!

そもそも、なぜ眼鏡が曇るのかと言うと、眼鏡のレンズと室温などとの差によって生じる結露が原因になります。

例えば、春などの気温が高い時期では、レンズが暖かい外気温によって温められているために温度差が少ないです、
そのため、温度差による結露の発生はあまりありません。

しかし、冬のような寒い季節になると、外気温によって冷たくなったレンズが暖かい室内に入るなどをすることで、レンズに結露が発生してしまいます。

その結果、眼鏡が真っ白に曇ってしまうわけですね。

つまり、眼鏡を曇らせないようにするためには、この結露の発生を抑止すれば良いわけです。


1・曇り止め機能のあるレンズにする
眼鏡のレンズの中には、曇り止め機能のあるレンズが存在します。

こういったレンズは「防曇(ぼうどん)レンズ」と呼ばれ、特殊なコーティングを施すことで、レンズ表面についた細かな水滴同士がくっついて膜状化をさせます。

その結果、光の反射が抑えられて視界が確保できるため、一般的なレンズよりも曇りづらくなっているわけですね。

ただ、防曇レンズは一般的なレンズよりも高価であることが多く、また、毎日レンズを水洗いしたり、専用のメガネ拭きで拭いたりしてメンテナンスをする必要があります。

眼鏡にかけられるお金や、自分の生活習慣などを考えてから購入をすることが無難です。


2・レンズに曇り止めを塗る
上記の方法は眼鏡のレンズそのものが特殊な製品である必要がありますが、レンズに市販の曇り止めを塗布する場合は通常のレンズでも問題ありません。

また市販されている曇り止めにはいくつかの種類があり、ジェルタイプ・フォーム(泡)タイプ・スプレータイプなどが代表的な製品となります。

これらの基本的な性能はそれほど変わりませんので、自分が使いやすいと思ったものを選べば大丈夫でしょう。

注意点としては、レンズに曇り止めを使用する際にゴミや汚れが付着していると、均一にコーティングできずにムラが発生する可能性があることです。

また、曇り止めをレンズに塗り拡げる過程でレンズを傷つけることもあるため、曇り止めを使用する前にレンズを綺麗な状態にしておきましょう。

メガネのくもり止め 濃密ジェル 耐久タイプ


3・曇り止めドライクロス
「曇り止めドライクロス」とは、レンズを軽く拭くだけで、一時的に曇り止めの効果が得られるクロスのことです。

スポンサーリンク

価格も安いため、お手軽に曇り止めを行いたいという方におすすめですね。

外出前にひと拭きしておけば、歩行中や施設に入った時に眼鏡が曇らずにすみます。

また、レンズをクロスで拭く時は、レンズにゴミや汚れがないかチェックしておくと良いでしょう。

注意点としては、上記にある曇り止めほど効果が長続きしないことです。

工場勤務といった、忙しく動き回る時間が長い方の場合は不向きでしょう。

くり返し使えるメガネのくもり止めクロス 3枚(8個)


4・ティッシュを挟む
マスクのワイヤー部分と鼻の間に、ティッシュを折って挟むことで曇り止め効果が期待できます。

口や鼻から出た暖かい空気が眼鏡のレンズに接触しにくくなることで、曇り止めを行うわけですね。

この方法は、上記のような特殊な道具が必要ない点が利点となります。

外出先などで、咄嗟にレンズが曇ることを防止したい時に効果的でしょう。

眼鏡に関するその他の情報

眼鏡の掃除で鼻あてを綺麗にするおすすめの方法はこれ!

眼鏡の掃除を簡単に行うおすすめの方法はこれ!掃除頻度についても紹介

眼鏡曇り止め方法でおすすめのやり方はこれ!必要な道具も紹介

自分に似合う眼鏡の選び方で注意すべきポイントはこれ!

眼鏡の曇り止めでマスクを着用している時の方法とは?

眼鏡のレンズが外れた時の対処方法はこれ!

眼鏡が壊れた時の対処方法でおすすめのやり方はこれ!

眼鏡の鼻あてが痛い時の対策方法はこれ!グラグラする時の対処方法も紹介

まとめ

眼鏡が曇ってしまうと本当に危ないですよね。

そのような状態を改善するために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク