夏マスクの暑さ対策はこの方法で!マスクを快適に使うやり方とは? | ごろん小路。

夏マスクの暑さ対策はこの方法で!マスクを快適に使うやり方とは?

夏にマスクを着用することは辛いですよね。

高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症などのリスクが高くなることが懸念されます。

しかし、夏のマスク着用における暑さ対策にはどんなものがあるのか、よくわかりませんよね。

そこで今回の記事では、夏マスクの暑さ対策方法について、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

夏マスクの暑さ対策はこの方法で!

1・自分に合うマスクを選ぶ
マスクの大きさや形状が自分の顔に合っていないと、鼻と口がマスクに密着しすぎるなどの状態となり非常に辛いものとなってしまいます。

そのため、夏マスクの暑さ対策ではまず自分に合うマスクを選ぶことが重要になります。

マスクの形は平型・プリーツ型・立体型などの種類がありますし、マスクの素材もガーゼや不織布など様々なものがあります。

こういったマスクの中から、自分に合うものを研究しておきましょう。

例えば、プリーツ型マスクであれば、顔前部にフィットすることから圧迫感を与えず、口の動きにも柔軟に対応することができます。

呼吸を行いやすいことを求めるのであれば、マスクの素材は「通気性のいい綿素材」が適しているでしょう。


2・マスクを複数枚用意しておく
マスクを使用する環境にもよりますが、マスクが呼気の湿気や汗などでビシャビシャになることが考えられます。

そこで、代わりとなるマスクを複数枚用意しておくことで、マスクを快適な状態に維持することができます。

暑い夏の季節に屋外作業をする状態でマスクをする場合は、とくに有効かと思います。

また、マスクは湿った状態だと呼吸が難しくなってしまうため、身体への負担を軽減する効果もあります。

マスク内部の湿度上昇で発生する雑菌などによる「汗かぶれ」の予防にも繋がります。

マスクを外して、顔を綺麗な水で洗うことも良いでしょう。


3・こまめな水分補給を行う
マスク内は温湿度が高くなるため、マスクを身に着けていない時よりも喉の渇きに鈍感になってしまいます。

その結果、気温が高いにも関わらず水を飲まない状態が続くため、体調が悪くなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

酷い時には熱中症などの症状を患うことも懸念されます。

そのため、マスクをしている時は意識して水分補給を心がけましょう。

「喉が渇いたから水を飲む」のではなく、「喉が渇く前に、こまめに水を飲む」ことが重要です。


4・涼しい場所へ移動する
仕事中はなかなか難しいかと思いますが、涼しくなっている場所へ移動することで身体への負担を軽減できます。

涼しい場所で身体を休めることは、熱中症予防にも繋がります。

また、自分がいる場所が屋外で、エアコンが効いたお店などに入ることが難しい場合は、日陰や風通しの良い場所に移動することが効果的です。

日光に当たらず、空気の流れがある場所だと、屋外でもかなり涼しいですからね。


5・冷房器具を使う
マスクをしている状態だと、オフィスのような屋内でも暑く感じてしまいます。

実際、マスクを着用していると顔や首周りの体温が上昇することになりますからね。

そして、その状態が長く続くと、大量の発汗などによって非常に不快な思いをすることになります。

そのため、エアコンなどの冷房器具を上手に活用して、体温の急上昇を防ぎましょう。

清涼感のあるウェットティッシュなどを活用するという方法もあります。

洗って繰り返し使える抗菌布 ドクターマスク 3枚セット (大人用)  洗えるマスク 布製マスク 黒 抗菌マスク UVカット

マスクに関するその他の情報

夏マスクの暑さ対策はこの方法で!熱中症を予防するやり方も紹介

夏マスクの汗対策はこの方法で!必要な道具も紹介

夏マスクの暑さ対策はこの方法で!マスクを快適に使うやり方とは?

夏マスクは感染予防効果があるのか?おすすめの製品も紹介

乾燥肌をマスクが引き起こす!?対策方法も紹介

まとめ

夏の暑い季節にマスクを着用するのであれば、快適に使えることが重要になります。

そのために、この記事が立てれば異幸いです。

スポンサーリンク