カフェインレスとは?どんな飲み物があるのかも紹介 | ごろん小路。

カフェインレスとは?どんな飲み物があるのかも紹介

コーヒーなどに含まれる「カフェイン」には覚醒作用があることから多くの労働者に好まれています。

しかし、剰摂取してしまうと、めまいや心拍数の増加、不安や不眠などを引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、カフェインを含まないような飲み物が欲しくなりますよね。

そこで今回の記事では、

  • カフェインレスとは?
  • カフェインレスの飲み物にはどんなものがある?

これらのことをお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

カフェインレスとは?

「カフェインレス」とは、食品などに含まれるカフェイン含有量が少ないことを表しています。

より正確に言えば、日本では「カフェインを90%以上取り除いたもの」をカフェインレスと表示しています。

つまり、カフェインレスはカフェインが含まれていないわけではないことに注意をしてください。

例えば、カフェインを90%以上カットしたコーヒー豆・インスタントコーヒーなどが、カフェインレスコーヒーとして販売されています。

そのため、「カフェインレスだから、カフェインの効果はない」と判断することはできないわけですね。


また、カフェインレスとは別に「ノンカフェイン」の表示がある製品が存在します。

こちらの場合は、カフェインレスとは違い、原料に全くカフェインが含まれていない製品のことを指しています。

具体的には、麦茶やハーブティーなど、カフェインをまったく含まない素材で作ったものが該当します。

もしも、何らかの理由によりカフェインを摂取したくない場合は、「ノンカフェイン」の表示がある製品を利用すると良いでしょう。

カフェインレスの飲み物にはどんなものがある?

カフェインレスの飲み物には、コーヒー・緑茶・紅茶などが挙げられます。

とくに、コーヒーと紅茶は非常に種類が多く、自分に合った製品を選びやすいと言えます。

多くの場合、コーヒーや紅茶の専門店に行けば、カフェインレスの商品を購入することができるので入手も簡単です。

また、カフェイン量を抑えた飲み物、あるいはカフェインが入っていない飲み物には以下のような製品が存在します。

1・カフェインレスコーヒー
2・麦茶
3・たんぽぽコーヒー
4・そば茶
5・コーン茶

以上です。

たんぽぽコーヒーからは、あまり聞いたことがない名前の飲み物かと思います。

スポンサーリンク

まず、たんぽぽコーヒーとは、コーヒー豆の代用としてたんぽぽの根を使った飲み物になります。

当然、カフェインは入っていません。

そば茶・コーン茶は、それぞれ原材料はそばの実、とうもろこしを乾燥させて炒った実をお茶にした製品です。

この2つもカフェインは含まれていません。

これらはすべてインターネット上で販売されているますし、お茶を専門に扱うお店であれば普通に購入することができるでしょう。

また、それ以外のお茶類や炭酸水などでも、製品によってはカフェインが含まれていないものがあります。

製品に記載されている成分表をチェックしておくと良いでしょう。

がばい農園 有機栽培 コーン茶 4g×40包 オーガニック お茶 ノンカフェイン 健康茶 ティーバッグ

日穀製粉 純そば茶 1kg

カフェインに関するその他の情報

カフェインレスの紅茶の飲み過ぎは大丈夫なのか?

カフェインレスコーヒーや紅茶は何杯まで飲んでも大丈夫なのか?

カフェインレスコーヒーでも飲み過ぎはだめなのか?

カフェインレス紅茶を妊婦さんは飲んでも大丈夫?

カフェインレスとは?どんな飲み物があるのかも紹介

カフェインの副作用の症状はこれ!対処方法も紹介

カフェインの子供の摂取量は?いつから摂取して良いのかも紹介

カフェインが妊婦さんに与える影響とは?摂取量についても紹介

カフェイン中毒ってなに?症状や予防方法も紹介

カフェインの効果とは?いつからいつまで効果が続くのかも紹介

まとめ

カフェインレスやノンカフェインの飲み物は、カフェインの影響を受けやすい人や妊婦の方でも飲みやすいものになっています。

自分の健康を守るために、この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク