白菜の黒い点ポリフェノールとは?食べても大丈夫なのかも紹介 | ごろん小路。

白菜の黒い点ポリフェノールとは?食べても大丈夫なのかも紹介

白菜の黒い点を見つけることがありますが、これは「ポリフェノール」と呼ばれるものです。

しかし、「でも、ポリフェノールってなに?」と悩む方は多いかと思います。

鍋料理などでよく使う白菜だからこそ、しっかりとした情報を得ておきたいですよね。

そこで今回の記事では、

  • 白菜の黒い点ポリフェノールとは?
  • 白菜の黒い点は食べても大丈夫なのか?

これらのことについて、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク
  

白菜の黒い点ポリフェノールとは?

ポリフェノールとは、植物特有の成分であり、苦味・渋み・色素の元となるものです。

植物が光合成をする際に作り出される成分でもあります。

ポリフェノールの特徴しては「抗酸化作用」が挙げられます。

これは、活性酸素の働きを抑える働きがあり、酸化・殺菌力によって正常な細胞を傷つけ、様々な病気の原因となることを予防してくれます。

ポリフェノールは白菜以外にも赤ワイン・コーヒー・緑茶などに含まれているため、これらの飲料物にくわしい人はポリフェノールの効果を熟知しているかと思います。

また、ポリフェノールによるこの黒い点は「ゴマ症」とも呼ばれます。


ちなみに、白菜の黒い点が発生する原因は、白菜の細胞に負荷がかかるためです。

例えば、

1・肥料過多
2・気温が高すぎたり、低すぎる
3・狭い場所で過密な状態で育った

以上のようなことによって白菜の細胞に負荷がかかることで、ポリフェノールによる黒い点が発生するわけですね。

とくに、肥料である窒素の過剰吸収でよく発生することが多いようです。

スポンサーリンク

白菜の黒い点は食べても大丈夫なのか?

結論から言えば、白菜の黒い点は食べても大丈夫です。

前章でお伝えしたとおり、白菜の黒い点の正体はポリフェノールです。

ポリフェノールは白菜以外にも赤ワイン・コーヒー・緑茶などに含まれているため、白菜の黒い点をそのまま食べてしまっても何も問題ありません。

スーパーなどで白菜に黒い点が無数にあると買うことをやめてしまうことがありますが、食べても健康面に被害はないわけですね。

美味しい白菜の選び方とは?

スーパーなどで美味しい白菜を選ぶ時は「しっかり葉が巻いている詰まった白菜」を選ぶと良いでしょう。

そして、新鮮な白菜は上部を押した時に軽く弾力があることが特徴です。

逆に、断面の真ん中が盛り上がっている白菜は避けた方が無難です。

これはどういうことかと言うと、カットされてから日数が経過している白菜に現れる特徴だからですね。

また、全体や中心部から黒ずんでいるたり、茶色っぽい汁が出る白菜は傷んでいるので避けるようにしましょう。

福知山産中玉白菜

野菜に関するその他の情報

白菜の黒い点は離乳食として赤ちゃんに食べさせても大丈夫なのか?

白菜の黒い点ポリフェノールとは?食べても大丈夫なのかも紹介

白菜の黒い点の正体とは?食べても大丈夫なのかも紹介

まとめ

白菜の黒い点であるポリフェノールは、食べても身体に悪影響はありません。

カビなどとは違う存在なので安心してください。

スポンサーリンク